>   >  月産30カット超え! 圧倒的な手数を誇るスーパーCGアニメーター "撃墜王" 坂本隆輔(YAMATOWORKS)
月産30カット超え! 圧倒的な手数を誇るスーパーCGアニメーター 

月産30カット超え! 圧倒的な手数を誇るスーパーCGアニメーター "撃墜王" 坂本隆輔(YAMATOWORKS)

自身がCGI監督を務めた短編『九十九』がアカデミー賞ノミネートを果たすなど、森田修平監督率いるYAMATOWORKSの中で随一の実力者と言えるのが坂本隆輔氏だ。近作『ニンジャバットマン』を例に、その人物像とアニメーション技術に迫る。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 250(2019年6月号)からの転載となります。

TEXT_峯沢琢也
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

千本ノックで鍛えられたアニメーターとしての挟持

坂本氏の歩んできた足跡をまずは辿ろう。坂本氏がアニメ業界を志したきっかけは、専門学校のCGアニメーション専攻で作画や手描きのアニメーションの授業があり、そこで深く興味を抱いたことだという。卒業後にはそのままアシスタントとして学校で働きながら、年間8本というハイペースで自主制作作品を制作していた。同じ頃、『FREEDOM』のプロジェクトが起ち上がり新人スタッフを募集していたところ見事、森田修平監督(YAMATOWORKS代表)の目に留まり、そのまま2年半を『FREEDOM』の制作に捧げることになる。森田氏の意向もあって何にも染まっていない新人をゼネラリストとして育てていくという方針であり、坂本氏は「僕はまさに真っ白なキャンバス、乾いたスポンジ状態だったので、うってつけだったと思います」と当時をふり返った。

このプロジェクトでの修行とも言える厳しい経験が坂本氏のベースになっており、森田氏からは手取り足取りアニメーションのいろはを教わりながら「とにかく自分で動け、演技しろ」という指導を忠実に実行していくことで、森田氏からも「『FREEDOM』で最も化けた新人」として信頼の厚いアニメーターへと成長。坂本氏が動かした表情は"坂本顔"として評価されるほど、カタいと言われがちなCGアニメーションの世界で自身の個性やエモーションを表現することに成功していく。また、当時は誰がカットをいくつこなしたかという一覧表が社内に貼り出されており、優秀なアニメーターを指す指標として見られていた。膨大なカット数をこなしていく作業は「千本ノック」と揶揄されるほどのハードワークで、ここで坂本氏はひと月に30カット以上を叩き出していた。「誰よりもカット数をこなしてきたという自負があるので、その対応力=スピードが持ち味として磨かれていったと思います(笑)」と、坂本氏は自身の強みを語ってくれた。

その後、数々の作品に関わることになる坂本氏は、監督や作品ごとの方向性をきちんと理解することに努め、求められることの重要度を「優先順位のピラミッド」として整理しているという。「言われたことを忠実にこなすだけでなく、何を気にしているのか、どういうリアクションが必要なのかなど、作品として監督さん・演出さんが求めているポイントを理解した上できっちり表現することが最優先。その上で自分なりの芝居を上乗せしていくことが重要です」と自身のポリシーについて語ってくれた。

Q&A ●経験年数:約14年
●使用ソフト:LightWave 3D
●アニメーターという職種を選んだ理由:止まってる絵よりも動いている絵の方が好きだったから。アニメは総合芸術。つくっている側も観ている側も感動が大きい
●得意な分野、自分の武器、持ち味、強み:アクションカット。手が早いこと
●アニメーターとしてのポリシー:監督、演出さんのイメージをしっかりと理解する。その上でアニメーターとしてのエッセンスを加えるためのバランス感覚をしっかりもつ
●尊敬するアニメーター、もしくはライバル:上手なアニメーター全般。一線で活躍されている方は山ほどいるので、どの人と限定して言えない
●好きな作品:『ふしぎの海のナディア』。僕のやりたいことが全て詰まっている。画も好きだし、各キャラのセリフや芝居が役として自立している
●最も過酷だった現場:トラブル対応で48時間寝ずにほとんど中腰状態で作業を続けていたら、最後パタパタと人が床に倒れていった。完全燃焼ってこのことかと(笑)
●失敗談とそこから得た教訓:無茶は良くない(笑)。日本のCGアニメ業界は発展途中なので、長い目で見て心と体の声をちゃんと聞いてあげることが大事。自分も組織も

『ニンジャバットマン』アニメーションメイキング<1>

バットマンが日本の戦国時代にタイムスリップし、ジョーカー率いるスーパーヴィランと戦うオリジナル劇場作品。パート監督にYAMATOWORKS代表の森田氏が立ち、坂本氏はアニメーションディレクターとしての統括と、フリープランの高難度カットを担当した。

2018年公開/Blu-ray&DVD好評発売中、Netflixほかにて配信中
【スタッフ】監督:水﨑淳平、脚本:中島かずき、キャラクターデザイン:岡崎能士、音楽:菅野祐悟、アニメーション制作:神風動画/YAMATOWORKS
Batman and all related elements
TM & © DC COMICS.© Warner Bros. Japan LLC

アニメーター発信の演技プラン

バットマンとジョーカーが天守閣の上でバトルをするクライマックスシーン。ここでは基のコンテから、リファレンスとなる殺陣の実写での参考演技を経て、アニメーターから各所の動きを細やかに提案した「第2のコンテ」となるものを坂本氏が作成している。もちろん、絵コンテを改めて切る時間は設けられておらず、空き時間などでプランを煮詰め、演出で参加している森田修平氏(YAMATOWORKS代表)に提案し、さらに実際に動かしながら変化させていったとのことだ。この時点で細かいアクションの仕草や、アクションの合間に入ってくる会話の掛け合い芝居の詳細を詰めていったのである。ちなみに参考にした作品のひとつとして、坂本氏はアニメーター出身の安藤真裕監督作品でアクションとケレン味に定評のある『ストレンヂア -無皇刃譚-』(2007)を挙げており、実際の殺陣と日本のアニメの様式が融合したアニメーターならではの演出プランになっていると言えよう。

キャラもカメラも動きの多いヒーローショット

一連の天守閣上でのダイナミックなアクションシーン。このシーンではキャラクターの動きや細かな芝居もさることながら、カメラワークも殺陣に応じてダイナミックに縦横無尽に動き回っている。ここで坂本氏としては従来のアニメーションの手法も取り入れて、カメラを動かすのではなくキャラクターをカメラに収めつつ大判の背景をスライドさせることで、効果的に回り込むカットを事前に細かくプランニングしている。自由にカメラを動かせる3DCGのソフトを使いながらも、正に逆転の発想とも言うべきアニメーションの演出手法を取り入れることで、違和感なくキャラクターのアクションに視聴者を釘付けにしているのが興味深い。このような制作手法に関しても、従来のセルアニメ(日本のリミテッドアニメーション)の撮影技術や演出手法を駆使しながらセル調のCGアニメーションを成立させられるのが坂本氏の特徴と言えよう。

観客を飽きさせないシークエンス演出

芝居を細かくプランニングする一方で、坂本氏は全体を通しての「勢い」も大事にしている。前後カットとの兼ね合いでテンションが下がらないように、ピークになる盛り上がりのカットから逆算して連続した演技のつながりをプランニングしており、とにかく「お客さんが冷めないように」注意していたとのことだ。また、アクションとアクションの合間に観客も息をつく間として静的な芝居を挟み、またアクションに入っていくといったような、緩急を付けたシーンのプランも構築している。

次ページ:
『ニンジャバットマン』アニメーションメイキング<2>

特集