>   >  茨城県が生み出した注目の地域密着型バーチャルキャラクター:茨城県公認Vtuber「茨ひより」
茨城県が生み出した注目の地域密着型バーチャルキャラクター:茨城県公認Vtuber「茨ひより」

茨城県が生み出した注目の地域密着型バーチャルキャラクター:茨城県公認Vtuber「茨ひより」

2018年8月3日(金)、地方公共団体初公認となるバーチャルキャラクター・茨ひより(愛称:ひよりん)さんが、茨城県が運営するインターネット動画サイト「いばキラTV」のアナウンサーとして着任した。今回は、キャラクターの誕生から収録、動画制作など、彼女の魅力と秘密に迫る。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 251(2019年7月号)からの転載となります。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

より広い視聴者層の獲得を目指して
Vtuber「茨ひより」の誕生

近年爆発的な盛り上がりを見せている「バーチャルYouTuber(VTuber)」。アニメのキャラクター的な容姿と視聴者と距離の近いトークがネットの人々の心をつかみ、今や一大カテゴリを築いている。それに伴い、VTuber人口は数千人規模にまで拡大。まさにVTuber戦国時代とも言える様相だ。そんな中、業界に新風を吹き込む存在が誕生した。それが、初の自治体公認Vtuber 茨ひよりさんだ。茨城県庁に勤める彼女は、昨年8月3日付でバーチャル広報課Vtuberチームに配属され、いばキラTVの公式アナウンサーとして活動を開始した。VTuberとしては異端の存在であるが、その人気や知名度は右肩上がり。そこで今回は、話題のひよりさんの魅力を徹底解剖するため、彼女を支えるスタッフの皆さんに話を聞いた。

左から、営業兼プロデューサー・大塚 剛氏(オプト)、映像ディレクター・小林立典氏(オプト)、映像クリエイター・呂 翼東氏(スタジオオプト)、プロモーション戦略チーム・坂本好英氏(茨城県)、茨城県公認Vtuber・茨ひより氏、ディレクター・大田智久氏(スパイス)、プロモーション戦略チーム・石田ひとみ氏(茨城県)、ディレクター・山田 翔氏(スパイス)、プロデューサー・松本健一郎氏(スパイス)、プロモーション戦略チーム・塚原亮太氏(茨城県)
www.pref.ibaraki.jp
www.opt.ne.jp
spice-group.jp

そもそも「自治体」と「VTuber」という2つの言葉はあまり結びつかないが、どのような経緯で「自治体公認VTuber」が誕生したのだろうか。「いばキラTVでは、これまでも茨城県の情報を発信し続けてきました。もともと、10代~30代の視聴者の割合は6割ほどと多かったのですが、より若年層の方々に観てもらうための企画を考えていました」と茨城県庁。そこで、約2年間にわたり「いばキラTV」の制作パートナーを務めているオプトへと相談がもちかけられた。当初は既存のメジャーなVTuberの起用も検討したそうだが、予算やスケジュールの関係で断念。それならばと、イチから生み出すことにしたそうだ。昨年3月末にVTuber企画が起ち上がり、5月上旬にはCG制作プロダクションのスパイスへ協力を依頼。3ヶ月後の8月上旬には放送をスタートさせた。企画立案から放送開始まで半年未満というスピード感は驚きだが、いばキラTVでの映像制作の中で積み上げたオプトとの信頼やネットコンテンツに対する茨城県庁側の理解、また大井川和彦知事の掲げる「新しいことにチャレンジしていく」という方針が上手く混ざり合い、ひよりさんが誕生したのだ。

Topic 1 デザイン画の印象を忠実に再現したキャラクターモデル

監修一発OKとなったかわいい3Dモデル

自治体の看板を背負う、ひよりさんのデザインコンセプトは「老若男女を問わずかわいいと思ってもらえる」キャラクター。茨城県出身のデザイナー・ハルタスク氏による、たくさんのこだわりが詰まったデザイン画を基に、どれだけ忠実に立体化できるかがポイントとなった。ここでは、ひよりさんの3Dモデルがいかに出来上がっていったのか、その裏に隠された工夫をみていこう。

ひよりさんの3Dモデルは、完全に新規でキューブから、リアルスケールの頭身で作成された。使用ツールはMayaだ。顔はキャラクターの印象を左右する重要な箇所であるため、ひとりのスタッフが専任し、時間をかけて丁寧につくり上げている。一方で、身体については別のスタッフが担当し、顔と同時進行でモデリングが進められた。細部にまで手を抜かない徹底ぶりは、アイテムのネックストラップひとつにまでいたり、最終的な形状に落ち着くまでかなりの修正を要したという。VTuberだからつくり方や難度が変わるということはなく、地道に破綻のない形を追い求めることが大切とのこと。

質感についても、デザイン画のイメージを壊さないよう意識したという。「デザイン画は手描き風で描かれていたのですが、それをそのままCGで再現したのでは、筆の質感が強すぎる見た目になってしまいます。イラストの印象を踏襲した質感を求めて、トライ&エラーをくり返しました」と大田智久氏(スパイス)は話す。手描き的な柔らかい表現をCGに落とし込むのは至難の業だが、完成した3Dモデルを見たプロデューサーの大塚 剛氏(オプト)は「3Dモデルはスパイスさんにつくってもらいました。監修はほぼ一発OKとなって衝撃だったことを覚えています。技術的な判断はプロにお任せし、私たちは多くの方から愛されるキャラクターづくりの判断基準として"見た目で推せるかどうか"を重視していました。オプトの茨ひよりチームはVTuber好きで固めているのですが、その全員がひと目で"かわいい"と感じたので大丈夫だなと確信しましたね。他の人気VTuberと同等か、それ以上にかわいく仕上がっていると思います」と語り、太鼓判を押す。これまで様々なVTuberに携わってきた熟達のプロ集団スパイスの技が光る3Dモデルとなったようだ。

茨城県をイメージした老若男女に愛されるキャラクターデザイン

誰からも愛されるキャラクターを目指したひよりさん。配色は茨城県の特産に関連する色が選ばれている。自治体のキャラクターであるため、基本的に衣装の露出度や派手さは抑え「孫のようなかわいさ」も意識された。その一方で、若者の心をつかむため、茨城県庁の若手職員を打ち合わせに招き、意見交換も重ねている。そこで採用された設定のひとつが「スカート丈の長さ」だ。初期のラフ案よりも短くし、若者らしい溌剌さを表現。女性の意見も反映され、女性が憧れる美しい脚をイメージして造形している。小林立典氏(オプト)は「3Dモデルを二次創作等で展開していく構想もあったので、あまり見えないような細部や裏側にまでこだわってデザインしています」と話す

ラフ案への修正要望



  • 三面図



  • イメージイラスト

デザイン画を立体化したかわいい3Dモデル

3DモデルはFBXで出力し、映像としてのアウトプットはUnityを使用している。Unityで制御している揺れものや最終的な質感などの細かい調整のため、MayaとUnityを何度も行き来し、テストと修正をくり返したそうだ。山田 翔氏(スパイス)は「自社のスタジオがあるので、実際に自分で動いて3Dモデルを確認できます。確認から修正へノータイムで移ることができるのは、アドバンテージだと感じますね」と話す。妥協を許さない姿勢と、それを叶える環境が、高いクオリティを支えているようだ

モデリング作業画面。デザイン画と合わせつつ、忠実に立体化していく

完成モデル。最終的に約10万ポリゴンにおよぶ3Dモデルとなった

セットアップ。Mayaでのスケルトン表示

デザイン画のイメージを損なわないように細心の注意が払われた質感

ラインや影は、テクスチャに描き込むか、シェーダ(ユニティちゃんトゥーンシェーダー)で出すのか、箇所によって使い分けている。例えば、ベルトの縁等の影溜まりや反射光はテクスチャへ描き込み、場合によってはZBrushで直接ペイントすることも

テクスチャ。左から、顔、トップス、アンコウ

【左】アウトラインマスクを適用した状態と【右】アウトラインが入った状態。目や毛先などは、違和感を生まないためにアウトラインを消している

【左】シェーディングしたもの。常に立体物として整合性がとれ、かつデザイン画と印象が変わらないラインが出るように調整している。純粋なテクスチャ表示【右】と比べると、ちがいがわかりやすい

次ページ:
Topic 2 「いばキラTV」の動画ができるまで

特集