>   >  CG制作はHDR×WCG(広色域)前提の時代へ。西川善司がASUS ProArt PA32UC/PA32UCXの実力を徹底検証
CG制作はHDR×WCG(広色域)前提の時代へ。西川善司がASUS ProArt PA32UC/PA32UCXの実力を徹底検証

CG制作はHDR×WCG(広色域)前提の時代へ。西川善司がASUS ProArt PA32UC/PA32UCXの実力を徹底検証

[PR]

デジタルアーティストのためのトータルソリューションを展開してきたASUS。今ではスマートフォンから大型コンピュータ製品までを手がける総合ハードウェアメーカーになりつつある。特に近年力を入れているのがプロフェッショナル用途を想定したディスプレイ「ProArt」シリーズ。テクニカルジャーナリストの西川善司氏に、4K HDR対応のPA32UC/PA32UCXを検証してもらった。

TEXT_西川善司 / Zenji Nishikawa
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

ASUSが近年注力するプロユース向けディスプレイ

以前はPCパーツーメーカーの印象が強かったASUSは、今ではスマートフォンから大型コンピュータ製品までを手がける総合ハードウェアメーカーになりつつある。特に近年力を入れているのがプロフェッショナル用途を想定したディスプレイ機器製品だ。そのブランドはそのものずばり「ProArt」シリーズという。

このシリーズと出会ったのは2017年、COMPUTEX 2017のASUSブースでのことだった。展示されていたのはプロトタイプの「PA32UC」。話を聞くと「プロの映像制作現場に訴求したい製品だ」という。筆者は普段からデジタル色度計を持ち歩いているので「発色の特性を見ても良いか」と、ブースの担当者にダメ元で聞いてみたところ「どうぞ」という。メーカーは普通、こういう展示会に展示されている製品に対しての性能計測じみたことは嫌がるのが普通なので、このときの対応には逆に筆者が驚いてしまった。

そのときの計測結果に、筆者も「なるほど、プロ向け製品と言うだけはある」とすぐに納得し、その場で日本の担当者とコンタクトを取って、日本のゲーム開発者会議であるCEDECにてブース出展することを進言した次第だ。

その翌年の2018年には「PA32UC」の製品版が発売され、同年のCOMPUTEX 2018にはさらに画質を極めた後継機の「PA32UCX」(当時はPA32UXという型番だった)のプロトタイプが展示された。かなり早いサイクルでこうした上級機を投入してくるということは、ASUSのこのProArtシリーズへの意気込みは相当に強いのだろう。

両モデルのデザインはほぼ共通。ただしPA32UCXは厚みと重さが増

前述したように、このASUSのPA32シリーズの新旧モデルとはCOMPUTEXで出会っているわけだが、ちゃんと評価をするのは初めてのことである。

いちおう上位モデルが2019年発売のPA32UCXで、下位モデルが2018年発売のPA32UCの方になるのだが、両方共にしばらくは併売されるようだ。これは、それぞれの価格帯が異なり、表示性能にも差異があるからのようだ。このあたりについての詳細は後述する。

こうして2台並べてみるとPA32UC、PA32UCXともに狭額縁デザインとなっていて目に映る「いでたち」は同じ。実際、ディスプレイ部のサイズは727mm×426mmで同一だ。全体的なデザインもよく似ているが、細部を見ていくと異なっている部分もある。

ProArt PA32UC
4K HDR表示に対応する、プロフェッショナル向けモニタ。最大1,000nitの輝度を有し、Rec.2020の85%、Adobe RGB の99.5%、DCI-P3 の95%、sRGB の100%の色域をカバー。工場出荷時にキャリブレーションされており、ProArtキャリブレーションテクノロジーを備えているため、⊿E値2未満の色精度を保証している

ProArt PA32UCX
4K HDR表示対応のプロフェッショナル向けモニタ。世界初の直下型ミニLEDバックライトを搭載。本物の10-bitとQuantum Dot技術に対応し、Rec.2020の89%、Adobe RGBの99.5%、DCI-P3の99%、sRGBの100%の広い色域をカバー。高輝度エリアから最暗部エリアまで、1,152もの独立したローカルディミングゾーンを実現し、最高のコントラストで高精度なHDRコンテンツを再現可能。さらに⊿E値1未満の色精度を保証できるよう、出荷前にプレキャリブレーションされている。複数のHDRフォーマット(Dolby Vision、HDR-10、HLG)に対応し、よりリアルな映像体験と柔軟性を実現

ディスプレイ部の厚みはPA32UCXの方が厚く約93mmとなっているのに対し、PA32UCは約69mmと約2cmほど薄い。これはそれぞれが採用しているバックライトシステムに起因しているようだ。PA32UC、PA32UCXともに直下型LEDバックライトシステムを採用していることもあり、一般的な液晶ディスプレイよりはだいぶ厚めなのだが、PA32UCXの方がさらに厚いのは光源となっているLED個数が圧倒的に多いため。発熱量も多いためか、最近の液晶ディスプレイとしては珍しく、稼動中はアクティブ電動ファンが回転しての強制冷却が行われる。

重さも同様で、ディスプレイ単体でPA32UCが7.8kgなのに対しPA32UCXは9.7kgある。ちなみにスタンド込みだとそれぞれ11.4kg14.6kgとなっている。PA32UCXはスタンドと合体させた状態でテーブルに置くと、その後の移動には結構な力が必要だ。ただし、大人1人で持てないわけではない。

スタンド部は、微妙な意匠違いがあるもののほぼ同じデザイン。上下チルト-5°?+23°、左右スイーベル±60°の角度調整に対応する。上下の高さの調整も可能で、調整範囲は約13cm。最上辺が47cm?60cmに来る範囲で調整ができる。また±90°のピボット(回転)にも対応しているので縦画面での活用にも対応する。

充実の接続端子、4系統入力同時表示可能なマルチ画面機能

PA32UC、PA32UCXは接続性が優秀である。まずPA32UCはHDMI2.0×4基、これに加えてDisplayPort 1.2×1基、Thunderbolt 3×2基を搭載。2基あるThunderbolt 3のうち1基はデイジーチェーン接続用で、映像は最初に接続したものがDisplayPort Alternateモードとして機能できる。つまり、映像入力系統としてはHDMI×4、DisplayPort×1、Thunderbolt 3×1の総計6系統ということになる。

特筆すべきは、これらのうち任意の入力系統を選択して最大4画面のマルチ画面表示が行えるところ。2画面モード時は左右2画面、3画面モードは2画面モードの片側を上下2分割して表示、4画面モードは左右をそれぞれ2分割にして表示を行う。つまり、4系統あるHDMI全てを使っての4画面表示もOKなのだ。圧縮表示となるが各入力4K/60pの入力が可能なところにも恐れ入った。最大4台の映像機器を一度に映すも良し、1台のPCから最大4画面出力するのも良し、アイデア次第でいろいろと便利に使えそうである。

最大4系統入力を同時表示可能な充実のマルチ画面モード。PA32UC、PA32UCXの両方に搭載

PA32UCXもこちらに準じた接続端子ラインナップになるが、残念なことにHDMI入力が4系統に減らされてしまっている。DisplayPortやThunderbolt 3の系統数は変わらない。マルチ画面機能も、HDMIの系統数が減っているところ以外に変化はなし。PA32UCと同等に任意の入力系統を選択しての最大4画面マルチ表示に対応している。

実際に使って少し混乱してしまったのは、「ダイナミック調光」(いわゆるエリア駆動:ローカルディミングのこと)、「Adaptive-Sync」、「HDR」のいずれか1つでも「オン」設定になっているとこのマルチ画面機能が使えない。これは仕様のようである。デフォルトでは「オン」になっているので、この機能を使う際には要チェックである。

この他、PA32UC、PA32UCXにはUSB 3.0ハブ機能があり、2系統のUSB TypeA、1系統のUSB Type-C機器が接続できる。

サウンド関連機能としてはφ3.5mmのアナログステレオミニジャックがある。ここはホストPCからHDMIやDisplayPort等を通じて伝送されてきたサウンド信号をアナログ出力するための端子となるが、事実上のヘッドフォン端子としても利用できる。

本機は3W+3Wのステレオスピーカーを実装しているが、こちらの音質は一般的なノートパソコンの内蔵スピーカー+α程度で音質性能はそれほど高くない。とはいえ、別途オーディオ機器を繋がなくとも、一般的なPCサウンドの再生や、カジュアルにゲームや動画を楽しむ向きには使えるのでありがたい機能ではある。

さて、PA32UC、PA32UCXは共にゲーミングディスプレイではないが、可変フレームレートを美しくスムーズに表示させるメカニズム「Adaptive-Sync」に対応している。これは事実上、AMDの「FreeSync」に準ずる技術である。PA32UC、PA32UCXでは最大リフレッシュレートが60Hzなので、本格的なゲームプレイ用途に使われなくても、ゲーム制作現場で開発中のゲームを動かすことはあるかも知れない。ということで、システム遅延の計測を行なってみた。

計測は公称遅延値約3ms、1080p/60Hz(60fps)時0.2フレーム遅延の東芝REGZA「26ZP2」(「ゲームダイレクト」モード設定)との相対比較とし、計測解像度は、フルHD(1,920×1,080ドット)/60fps。PA32UC、PA32UCX側の画調モードはともに「標準」設定とした。計測結果はともにシステム遅延はゼロ。ゲームプレイにも何ら支障がないことがわかった。

左が26ZP2、右がPA32UC。表示タイマーに違いがないことがわかる

左がPA32UCX、右が26ZP2。こちらも表示タイマーに違いなし

次ページ:
安定の色再現性とHDR表示能力。エリア駆動品質はPA32UCXに軍配

特集