>   >  TVアニメ『あんさんぶるスターズ!』ライブシーンの舞台裏〜後篇〜
TVアニメ『あんさんぶるスターズ!』ライブシーンの舞台裏〜後篇〜

TVアニメ『あんさんぶるスターズ!』ライブシーンの舞台裏〜後篇〜

前回に続いて、TVアニメで活躍する男性アイドルに注目した『あんさんぶるスターズ!』の事例を紹介する。後篇では、ステージや観客表現、そして実際のライブシーンについて、制作スタッフにこだわりや工夫を聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 256(2019年12月号)からの転載となります。

TEXT_平 将人
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
©Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会

TVアニメ『あんさんぶるスターズ!』
毎週日曜日夜10時30分よりTOKYO MXほかで放送中
原作:Happy Elements(カカリアスタジオ)
監督:菱田正和
アニメーション制作:david production
©Happy Elements K.K/あんスタ!アニメ製作委員会
ensemblestars-anime.com

『あんさんぶるスターズ!』Blu-ray&DVD 特装限定版06
2020年2月27日(木)発売
Blu-ray:7,800円(税抜)
DVD:7,300円(税抜)
発売元:バンダイナムコアーツ

<1>CGで描くステージ&観客

作成されたBGモデルは12種類。モデリングサイズはリアルスケールで、ライブ会場は講堂がメインだが、野外ステージなども存在する。本作のライブシーンでは、通常のアニメ制作で描かれる美術ボードがなく、絵コンテをベースに3Dモデルからイメージボードが作成され、そのイメージボードがOKとなったらテクスチャ制作というながれで進められた。背景の点数が多く、AE上で調整しやすいようにマスクを仕込んでカラー素材だけ出すように設定したそうだが、ライブ会場ゆえに講堂は72灯ものライトを配置しており、制御は苦労したという。「スポットライトを1本1本仕込み、AEで光らせたり消したりしています」(渥美氏)。

左から、CGアーティスト・小寺鋼志氏、CGスーパーバイザー・石井規仁氏、CGプロデューサー・入部 章氏、プロダクションマネージャー・阿部奨子氏、エフェクトアーティスト・大橋 遼氏、プロダクションマネージャー・森 悠哉氏、CGアーティスト・青木香菜絵氏、CGディレクター・日下大輔氏、CGアーティスト・プウワラーヌコア タービーポン氏、CGアーティスト・関乃梨佳氏、CGアーティスト・渥美直紀氏、CGアーティスト・松田寛弘氏、CGアーティスト・久手堅司氏、チーフプロダクションマネージャー・白鳥貴子氏。以上、david production
davidproduction.jp

リッチな画づくりをしたいというクライアントからのオーダーに対しては、観客を1体1体3Dモデルで置くことで対応した。普通の観客や学生服などバリエーションは増えていき、最終的には10種類以上の観客モデルが作成されている。テストシーンをつくってみたところ演出からの評判も良く、頻繁に使われるようになったという。観客モデルはMayaでモデリングし、MotionBuilderで動きを作成し、群集ソフトのAnimaで配列している。「Animaは群集ソフトとしては導入しやすいですが、融通が利かないところも多いですね。基本的に1発で出力して、多い場合はレイヤー分けで対応しました」(日下氏)。広大な野外ライブなどでは、観客モデルの動きをレンダリングして板ポリゴンに貼り込んで配置する方法も採られ、何千体もの観客モデルがライブを盛り上げ、演出に貢献した。

CGで作成されたステージ&観客

ライブシーンは講堂を中心に3DBGが用いられた



  • 講堂のレイアウトモデル



  • 本番モデル

第十二話『HEART→BEATER‼‼』のライブ用のイメージボード。美術ボードは用意されなかったため、3Dモデルからイメージボードを作成し、シーンのイメージを固めた



  • スポットライト、レーザーライト、アニメーションを仕込んだBGモデル。ステージ上にあるライトには全てスポットライトが配置されている



  • スポットライト、レーザーライトを仕込んだBGモデル(遠景)



  • スポットライトとレーザーライトの素材。スポットライトはAE上で光らせるため、ライティングのマスクとして出力された



  • 完成背景

数千人規模にも対応した観客モデル

シーンをリッチにする演出として、観客は3Dモデルを配置して表現された

観客モデルのバリエーションの一部

観客モデルのアニメーションの一部。動きはMotionBuilderで作成し、複数のパターンが用意された。楽曲1曲に対して1~3種類の動きを割り当てている

観客モデルの配置に使用したAnima 3.5の作業画面。大人数の観客モデルを出力する際は、レイヤー分けによって対応している

野外ステージなど、大規模会場では観客モデルを板ポリゴンに貼り込み、3ds MaxのParticle Flowで配置している。このような従来通りの手法も適宜使用された

次ページ:
<2>演出で魅せるライブシーン

特集