>   >  2030年のカーライフが体験できる! UE4によるリアルタイムCGを活用したジェイテクトのドライビングシミュレーター開発舞台裏
2030年のカーライフが体験できる! UE4によるリアルタイムCGを活用したジェイテクトのドライビングシミュレーター開発舞台裏

2030年のカーライフが体験できる! UE4によるリアルタイムCGを活用したジェイテクトのドライビングシミュレーター開発舞台裏

昨年10月24日から11月4日にわたり東京ビッグサイトで開催された「第46回 東京モーターショー 2019」ジェイテクトのブースでは『Future Concept Vehicle 2』と名付けられた、ドライビングシミュレーターが注目をあつめていた。カロッツェリアのモディーと共に開発を手がけたデジタル・ガーデンの取り組みを紹介する。

TEXT_神山大輝 / Daiki Kamiyama(NINE GATES STUDIO
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

<1>映像で培ったビジュアライズのノウハウを武器に、UE4によるリアルタイムCG案件も精力的に手がける

「第46回 東京モーターショー」におけるジェイテクトのブースに展示された『Future Concept Vehicle 2』は、自動運転と手動運転が選択できる未来の自動車社会における「自動運転による快適さ」と「運転する楽しさ」が体感できるドライブシミュレーターである。

Future Concept Vehicle(以下、FCV)とは、ステアリング、駆動系部品を中心とした自動車部品メーカーとして知られるジェイテクトが開発を進めている、「Steer-by-Wire, In-Wheel-Motor」の協調技術や自動運転化を見越したハンドル格納機能「Retractable Column Module」を搭載した未来コンセプトカーであり、2017年に開催された「第44回 東京モーターショー」で初披露されたもの。その第2世代としてドライビングシミュレーターに進化させたものが、「FCV2」というわけだ。

ユーザーは実際にコンセプトカーに乗車し、自分で運転をしながら未来の街並みの中を進んでいく。同作は3構成に分かれており、最初は公道を走るシーン、次に選択可能な3つのコースのうち1つを走るシーン、最後は「ドローンのイタズラによって街の灯りが消えた夜の街」を走りながら問題解決を図るシーンとなっている。公道は華やかな印象のある表参道の街並みがモティーフとなっており、2030年の未来ということもあって荷物運搬用のドローンや動画広告などが背景に表示されている。ある程度進んだ後、「日本庭園」、「ヨーロッパ風の街並み」、「海」の3種類にコースが分岐。一定区間走り終えたのち、街の光を奪ったドローンを追いかけながら光を取り戻していくゲーム風のハイウェイコースへと移行する。自動運転モードから手動運転モードに切り替わるのに応じて、コンセプトカーが実際に変形するなど、シミュレーターの映像とハードウェアがシンクロしている点も特長である。

JTEKT/Driving Tour

シミュレーターの開発を映像コンテンツから、周辺機器との連動プログラムの開発までを一手に引き受けたのが、AOI Pro.グループのポストプロダクションとして知られるデジタル・ガーデン(以下、DGI)のインタラクティブコンテンツチームである。コンスタントにタッグを組んでいるカロッツェリアのモディーからの協力依頼を受けて、企画がスタートしたのは2018年12月だったという。

右から、藤木秀作ディレクター、金高 遥プログラマー、林 和哉プログラマー、益子 篤プロデューサー、塩田佐良プログラマー。以上、デジタル・ガーデン インタラクティブコンテンツチーム

当初は、ステアリングをはじめとするジェイテクトの優れた技術をいかにして効果的に見せるのかを第一に企画を進めていたそうだが、近年のモーターショーは女性や子供を連れたファミリーでの参加者が多いことを考慮して、幅広い層に楽しんでもらえるシミュレーターを開発することへと軌道修正することになった。

最終的に、「舞台は2030年」「エンターテインメント性と同時に、ジェイテクトの技術も訴求」「成人男性だけでなく、女性や子供も楽しめるもの」という3つのポイントをふまえて、シミュレーターのストーリーや映像演出が詰められていった。DGIチームのディレクターを務めた、藤木秀作氏はまず企画コンテを作成し、クライアントへ提案。GOサインが出ると、場面展開を書き記した演出コンテを作成した。演出コンテは絵コンテにイベント内容とナレーション、SE(効果音:車の走行音など)という3種類の情報を付随したもので、コースのどの段階でイベントが発生するかが確認できる内容になっている。コンテにはプリビズ制作のためにストレートに走行した場合の秒数も書かれており、ナレーションやSEはこの段階で大枠を決めている。こうしたワークフローを実践できるのは、デジタル・ガーデンがMAも対応できるポスプロであることにほかならない。

演出コンテ

企画コンテ作成後、さらに詳しく場面展開を書き記した演出コンテを制作。ナレーションやSEもこの段階で大枠が決定された。リアルタイムのため、正確な尺を決めることはできないが、プリビズ制作時のために、ストレートに走行した場合の秒数が書かれている

プリビズは3ds Maxで作成。テクスチャなどを設定してないプリミティブな形状でコースを配置し、実際に何分で走っていけるかを試算した。当初は2〜3分間のコンテンツを求められていたが、このプリビズを資料として「2分ではドライブシミュレーターとして満足度が高められない」と説明し、ジェイテクト側に企画の承認を得ていったそうだ。また、登場するアクターや風景のイメージを固めるため、併せてコンセプトアートをPhotoshop CCで作成。プリビズによるコースの全体像とコンセプトアートによる大まかなデザインを基に、UE4での実制作に取りかかっていく。

プリビズ

プリビズは3ds Maxで制作された。最もスムーズに走行した場合の尺で制作し、コンテンツの大枠の体験時間を決定。プリビズでは、3分で体験終了なので、途中でブレーキをかけたり、壁に衝突することを考え、およそ3分半ほどの体験時間になるだろうと予測された。コースのイベント発生位置や、道路幅などもこの段階で決めている

コンセプトアート

登場するアクターや風景のイメージを固めるため、デザインから3DCGワークまで自身で手がけることができるディレクター・藤木氏により、コンセプトデザインが描かれた。ツールはPhotoshopを使用している。

ドローンのコンセプトデザイン。街をスタートしたときは、荷物を配達する善良な存在だが、中盤に街を停電させてしまう悪い存在に姿を変えるため、マテリアルの変更だけで善悪の表情を切り替えられるようにデザインされている



  • 街のデザインは、企画の段階から決まっていた2030年の未来がコンセプトになっている。そのため、SFよりも現実に近い未来感を目指してデザインされている。ドローンを登場させたのも「近い将来、街を飛んでいたら面白いな」と思ったことがきっかけとのこと。また、ターゲットが女性や若い世代ということで、ショッピングウィンドウが多く並ぶ表参道から多く資料を集め、ファッショナブルで華やかなイメージが目指された


  • 夜のハイウェイでは、暗い街から徐々に光が回復していくというゲーム性が加わるため、搭乗者の気分を盛り上げるような派手な世界観がイメージされた

次ページ:
<2>本制作メイキング

特集