>   >  コロナ禍にゲーム規制に台風まで! 様々な逆風を乗り越え、地域の力が結集して開催された香川県「最強ゲームジャム」レポート
コロナ禍にゲーム規制に台風まで! 様々な逆風を乗り越え、地域の力が結集して開催された香川県「最強ゲームジャム」レポート

コロナ禍にゲーム規制に台風まで! 様々な逆風を乗り越え、地域の力が結集して開催された香川県「最強ゲームジャム」レポート

コロナ禍の自粛ムードを経て、少しずつ経済活動が戻りつつある。こうした動きを象徴するように、香川県高松市で自分たちで理想のゲームをつくる「最強ゲームジャム」が開催された。小学生から地域のゲーム開発者まで30名弱が参加し、9月5日(土)・6日(日)の2日間で4タイトルを開発。地元のテレビ局も取材に訪れるなど、地域の注目を集めたイベントとなった。ゲーム規制条例に加えて台風も接近するなど、様々な逆風を乗り越えて開催された本ゲームジャムの概要をレポートする。

TEXT&PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

ゲーム開発コミュニティと県施設がタッグを組んで開催

「次世代の地域インフラはxR技術をはじめ、現実を拡張したものになる。そのときに求められるのがエンジニアの価値観。都会的な価値観をもったエンジニアだけが地域社会のベースとなるインフラを拡張していく未来が、本当に良いのだろうか。香川で育った子どもたちが、一度県外に出て行き、再び地元に帰ってきて、地域インフラを拡張していく。そうした未来づくりの一助になれると嬉しい」。

本ゲームジャムの開催意図について、主催者の1人である渡辺 大氏はこのように語った。高松市で活動するゲーム勉強会コミュニティ「讃岐GameN」の代表で、医療従事者という本業のかたわら、Unityの自主制作会「ゆるもく会」を定期開催している。自身もまた県外で進学した後、地元にUターンして就職した経歴のもち主だ。Unityに出会ったのも学生時代で、大きな可能性を感じたという。

同じく本イベントを共同開催したのが、香川県の情報通信交流館「e-とぴあ・かがわ」だ。コロナ禍で4月11日~5月11日は臨時休館したが、ゴールデンウィーク明けから活動を再開。感染症対策に注意を払いながら、様々な自主企画を進めている。小中学生向けに定期開催中のScratch教室「プログラミング・ラボ」はそのひとつだ。他にロボット・ラボや、シニア向けスマホ教室など、多彩なイベントが開催されている。

もっとも、館側にも問題意識があった。プログラミング・ラボを「卒業」した子どもたちの受け皿づくりだ。そこで希望者を本ゲームジャムに誘導し、本格的なゲーム開発を体験してもらって、Unityにいたる導線がつくれれば......と考えたという。幸い「ゆるもく会」も交流館で実施されていたため、互いに面識があった。こうして2つのコミュニティが核となって、2019年秋から準備が進んだ。

施設の運営にかかわる指定管理者のかがわ県民情報サービスの馬場道浩氏は「武道やスポーツでは大人が指導し子どもが体験といった具合に、役割が分かれることが多い。これに対してゲームづくりでは、大人と子どもが同じ目線で作品づくりにかかわれる。これにより大人も子どもも能力が伸ばせる」と語る。当初は4月に開催される予定だったが、コロナ禍で延期され、9月に晴れて開催される運びとなった。

▲讃岐GameN代表の渡辺 大氏(左)と、かがわ県民情報サービスの馬場道浩氏(右)

もっとも、一般的なUnity教室などと異なり、ゲームジャムとなると手練れのプログラマが必要だ。小中学生が参加するため、開発時間も短くせざるを得ない。本ゲームジャムでも午前10時に開始し、午後5時に全プログラムが終了。その中でツールの勉強会や特別講演会が挟まるなど、めまぐるしいスケジュールが組まれている。開発に専念できる時間は、実質9時間程度という短さだ。

そこで重要なピースを担ったのが、大阪に本社を構えるゲーム開発会社のxeenだ。同社では2012年より高松市内に香川スタジオを構え、現在6名が勤務中。旗振り役である滝下直樹氏をはじめ、社員の大半も地元出身者だ。大手ゲーム会社の受託開発などを行うかたわら、香川スタジオのメンバーを中心に自社アプリ『みつめて - 宇宙女子と写真をシェア』もリリースしている。

▲xeen滝下直樹氏(中央奥)

▲『みつめて - 宇宙女子と写真をシェア』

「地元でゲーム業界を目指す若者を応援したい」という滝下氏。本ゲームジャムにも企画段階から加わり、実務家ならではのアイデアやノウハウを提供した。当日も滝下氏をはじめ3名がUnityエンジニアとして参加し、それぞれがチームのリーダーとして獅子奮迅の働きをみせた。

これに加えて、大きな存在感を示したのがメンター陣だ。「子どもたちが途中で退屈しないように」という配慮からチームごとに2名程度が加わり、サポートにあたった。参加者は地元の大学生や、アナログゲームのクリエイター、BOOKOFF 高松新屋島店の店長にして、香川県eスポーツ協会の会長(同店舗の2Fにはeスポーツとアナログゲームが楽しめるスペースもある)、さらにはゲーム好きの看護師まで多種多様で、共通点は「子ども好きであること」だけだ。プログラムに忙しいxeenのメンバーと子どもたちのクッション役となったり、子どもたち同士のつながりを取りもつなどして、大いに活躍した。

このように本ゲームジャムは、小中学生から高専生・専門学校生・社会人が一堂に会する、他では見られないユニークな内容となった。また、単にゲームをつくるだけでなく、小中学生向けにBlender教室が開催されたり、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンからエバンジェリストを招き、特別講演会を実施したりと、もりだくさんの2日間となった。

全体スケジュール

9月5日(土)

  • 9:45
  • 受付開始
  • 10:00
  • 開会挨拶・参加者紹介・テーマ発表
  • 10:30
  • 名札作成
  • 10:45
  • チーム分け・企画会議
  • 12:00
  • 休憩
  • 13:00
  • 作品制作とBlender研修
  • 14:30
  • 中間発表
  • 15:00
  • 作品制作
  • 16:00
  • 特別講演会「遊びの技術が暮らしを変える 広がるゲームの世界」
  • 17:00
  • 質疑応答
  • 17:30
  • 終了

9月6日(日)

  • 10:00
  • 開会挨拶
  • 10:05
  • 作品制作
  • 12:00
  • 休憩
  • 13:00
  • 作品制作
  • 14:30
  • 他チームの作品体験(開発と同時並行)
  • 15:30
  • 成果発表
  • 16:15
  • 表彰・講評
  • 17:00
  • 終了

次ページ:
「スタートとゴール」をテーマに4作品が完成

特集