>   >  さらに深みが増したゾンビアイドルたちの歌唱表現!『ゾンビランドサガ リベンジ』
さらに深みが増したゾンビアイドルたちの歌唱表現!『ゾンビランドサガ リベンジ』

さらに深みが増したゾンビアイドルたちの歌唱表現!『ゾンビランドサガ リベンジ』

その斬新な設定とユーモアと情熱あふれるアニメーションが多くの人を魅了した『ゾンビランドサガ』。2期となる本作では、3DCGベースで描かれるライブシーンがさらにハイクオリティに仕上がっている。中核スタッフたちに創意工夫を聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 275(2021年7月号)からの転載となります。

TEXT_最上真杜
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda

『ゾンビランドサガ リベンジ』好評放送&配信中!
原作:広報広聴課ゾンビ係
監督:境 宗久、シリーズ構成:村越 繁、キャラクターデザイン:深川可純、総作画監督:崔 ふみひで、桑原幹根、美術監督:大西達朗、色彩設計:佐々木 梓、3DCGディレクター:黒岩あい、撮影監督: 三舟桃子、八木まどか、編集:後藤正浩
制作:MAPPA、製作:ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会
zombielandsaga.com
©ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会

1期の教訓をベースに"歌う"という表現をさらに追求

『ゾンビランドサガ リベンジ』(以下、2期)のCGキャラクター表現については、制作プロダクションであるMAPPA社内を中心に、外部パートナー数社が制作に参加。本作のCG表現は、フランシュシュメンバーのライブパフォーマンスが中心だ。彼女たちの素体モデル(顔、髪、ボディ)は、1期で作成したものをひき続き使用しているが、新たに登場する衣裳や新キャラについてはその都度、新規にモデリングされている。ライブシーンは、3Dで仕上げるものと、3Dレイアウトをベースに作画で仕上げるものの2パターンがあるが、どちらもモーションキャプチャをベースに作業が行われている。

【上段左から】CGIプロデューサー 淡輪雄介氏(MAPPA)、3DCGディレクター 黒岩あい氏(MAPPA)、3DCGサブディレクター 平田千佳氏(MAPPA)、【中段左から】撮影監督 三舟桃子氏(MAPPA)、撮影監督 八木まどか氏(MAPPA)、2Dワークス 小出 南氏(MAPPA)、【下段左から】MOCAPプロデューサー 池口裕児氏(exsa)、左から、MOCAPマネージャー 佐藤純恵氏 MOCAPディレクター 新家勇太氏(exsa)、3DCGモデル・セットアップ 平岡正浩氏(

「舞台となるライブ会場が広くなったことに伴い、ダイナミックなカメラワークや観客モブを見せるカットが増えたりと、3Dの総量が1期と比べて大分増えましたが、良いスタッフに恵まれて助けられています。1期では課題が残った"歌う"という演技をどれだけ追求できるのかをテーマに、目線や眉などのモーフターゲットを増やして、生き生きとしたフェイシャルに仕上げることにこだわっています」と、3DCGディレクターを務める黒岩あい氏。

2期では楽器演奏シーンも新たに登場するため、モーションキャプチャの収録方法やその後のモーションクリーンアップにひと工夫が加えられた。さらに、イメージ共有を円滑にする施策として、CG打ちではバーチャルカメラを導入するといった新たなチャレンジも行われている。「ストーリーを伝える上で必要な感情表現、演技、アニメ的な整合性を保つことを目標に、 不自然なコマや破綻した画を見せないことを意識しています。最終回に向けて、これまでに蓄積してきたことをできるだけ多くのカットに反映できるよう、スタッフ一同で取り組んでいきます」と、CGIプロデューサーの淡輪雄介氏。ファンだけでなく、制作側にも愛されている作品であることが実感できた。

<1>多彩な衣装を適確につくり込む ~キャラクターモデル~

同じ素体を使っていかにして表現を高めるか

ここからは、各工程ごとに具体的な画づくりを紹介する。まずは、キャラクターモデルだ。2期のモデルは基本的に1期のものを継承しているが、新規衣装や、新キャラなど新たに作成するものも多々あった。メインのDCCツールは、1期と同じく3ds MaxPencil+ 4を使用。新規衣装の作成では、まず衣装の設定が上がって来たらラフモデルの作成を開始。通常は、フランシュシュメンバーの中で最も標準的なプロポーションである主人公の源 さくら(CV:本渡 楓)の体型に合わせてモデリングが行われる。その後、出来上がったモデルを他のメンバーの体型に合わせて作り変えていくというながれだ。ただし、星川リリィ(CV:田中美海)はプロポーションが極端に異なるため、より多くの調整が求められるそうだ。フェイシャル用のモーフターゲットは、1期から引き継ぎつつ、各話で必要となる新たな表情のターゲットを適宜追加している。先述の通り、2期では"歌う"演技をどれだけ生き生きと描けるのかを追求しているため、アニメーターがカットバイでターゲットを作ることもあるそうだ。

7話『マイマイレボリューション SAGA』に登場する楪(ゆずりは)舞々(CV:花澤香菜)は完全新作のモデルだが、こちらの制作はアセットからアニメーションまで幅広く携わっている萌が担当した。「ポリゴンの割りなどは、フランシュシュメンバーに合わせるようにしたのですが、胸がかなり大きなデザインだったので立体として成立させることに苦労しました。ですが、キャラクターデザインの深川(可純)さんに完成したモデルをお見せしたところ、『可愛い』とおっしゃってもらえたので良かったです」と、萌の平岡正浩氏はふり返った。

毎話、新しい衣装が登場

フランシュシュのゾンビ1号こと、源 さくら(CV:本渡 楓)のアイドル衣装D(4話に登場)完成モデル



  • ▲セルシェーディング



  • ▲ワイヤーフレーム。本文で述べた通り、1期で作成されたモデルに対して、新たな衣装が登場する度に衣装部分を作り替えている

▲さくら(アイドル衣装D)の設定

▲2期で運用されているPencil+ 4のライン設定

7話限定で登場「楪 舞々」

楪 舞々のアイドル衣装E完成モデル。萌が新規にモデルを作成した



  • ▲セルシェーディング



  • ▲ワイヤーフレーム

▲ラメ素材部分のマスク素材

▲ラメ素材の部分は、CGでも質感を付けた上で撮影で発光エフェクトが加えられた。なお、マスク素材はアトリビュートで切り替えてレンダリングを行なっている

▲舞々(アイドル衣装E)の設定

次ページ:
<2>『佐賀事変』MVの経験を活かす~キャラクターリグ&モーションキャプチャ~

特集