>   >  10万円以下でモーションキャプチャを実現!「Desktop MOCAP iPi」シリーズ
10万円以下でモーションキャプチャを実現!「Desktop MOCAP iPi」シリーズ

10万円以下でモーションキャプチャを実現!「Desktop MOCAP iPi」シリーズ

[PR]

国内では、ゼロシーセブン株式会社 から販売されている、「Desktop MOCAP iPi」(iPi Soft)シリーズ。USB接続のWebカメラを併用することで、なんと 10 万円以下でモーションキャプチャが実現できるということで注目を集めるが、はたしてそんな安価なソフトで実際にモーションキャプチャが行えるのか、と疑問視する読者も多いことだろう。ここでは中位グレードの「iPi Soft ベーシック版」を用いて、撮影に必要な機材と実際のオペレート、そして撮影したキャプチャデータから、その実力を検証していく。

iPiモーションキャプチャの簡単な流れ

今回レビューする「Desktop MOCAP iPi」( iPi=アイパイ)シリーズは、非常に安価な環境で手軽にモーションキャプチャ(以下、MOCAP)が行えるソフトである。MOCAP 収録を経験したことがある人であれば「本当に10万円以下なのか!?」と、まず驚くことだろう。現在、「スタンダード」と「ベーシック」、そして「エクスプレス」という3グレードがラインナップ されているのだが、今回は中位グレードの「iPi Soft ベーシック版」(78,750円(ゼロシーセブンストア価格))をレビューする。

撮影にあたって、カメラ(最低3台)、USB ケーブル、三脚、フラッシュライトを別途用意する必要があるが、推奨カメラの PlayStation Eyeは1台2,980円(税込)と廉価なので、その他備品を一式も揃えても 10 万円以下で MOCAP 環境が構築できてしまう。もちろん、主流となる光学式などの MOCAP システムと大きく様相が異なり、撮影にあたっても相応のテクニックと慣れが必要となるが、このコストパフォーマンスは実に魅力的だ。それでは実際の撮影を行い、その実力を検証していくが、まず始めに iPi による MOCAP の簡単な流れを下記する。

STEP 1:必要機材を用意
※iPi Recorder と iPi Stuido、USBカメラ(最低3台/PlayStation Eye推奨)、USB延長ケーブル、三脚、PC、フラッシュライトを準備

STEP 2:適切な撮影スペースの確保
※最小3×3メートル、明るい色の壁のある屋内を推奨

STEP 3:USB カメラのセッティング
※USBカメラのドライバをPCにインストールし、カメラを配置

STEP 4:iPi Recorder/iPi Studioのセッティング
iPi Recorder でのキャリブレーションと iPi Stuido での同データのプロセッシング

STEP 5:MOCAP 収録
※iPi Recorderで制御

STEP 6:MOCAPデータのトラッキング/プロセッシング
※iPi Stuidoによる作業
 

撮影には iPi Recorder(フリーウェア)とiPi Stuido(全グレードに同梱。iPi公式サイトから30日限定の体験版もダウンロード可能)という、2つのソフトが必要となる。簡単に言えば、前者が撮影用のソフト、後者が撮影したデータのプロセッシングやトラッキンングなどの処理を行うものだ。

必要機材とセッティング

MOCAP 収録時に必要となる機材は以下の通り;

・コンピュータ(ソフトウェアの制御用)

・USB2.0に対応したWebカメラ

・カメラ用三脚

・USB2.0ケーブル(PCとカメラの接続用)

・マグライト(キャップが取れる電球タイプのもの)

カメラは全て同一製品である必要があり、そうした意味でもコストパフォーマンスの高い PlayStation Eye が推奨されている。USB2.0 延長ケーブルはアンプを内臓したタイプにして、電力を別途供給させた方がより安定した動作が望めるだろう。また、PC 側の USB 端子は前後に多数のポートが用意されている物でも、実際には1枚のカード(USB コントローラ)で接続されており、それに依存すると回線速度が限界を超えてしまうので、別途追加でUSB接続用のカードを用意し、分散させた方が良いとのこと。PC は1台でも収録は可能だが、撮影用とトラッキング用で2台あった方がより効率的に作業が行えるだろう。カメラの設置は必ずしも360度全方位に配置する必要はないが、可能な限り撮影エリアを満遍なくカバーできるように配置した方が良い。また、うち1台は2メートル以上の高さから俯瞰で配置させると、横の移動をより正確にキャプチャできる。カメラの仮配置が終わったら、iPi Recorder 上で収録データを確認しながら、アクターの演技や、カメラ位置/アングルを調整しながら撮影エリアを確定させていく。その際、アクターが常時3台以上のカメラに映っているよう気をつけるのがポイントだ。

使用する機材

今回のレビューに用いたカメラ、三脚、USBケーブル。これらに加えて天上に吊したPlayStation Eye1台を併用
 

カメラの配置

カメラは全て同一製品である必要があり、開発元である露 iPi Soft 社は PlayStation Eye を推奨している。PlayStation Eye4台を使用したのだが、うち1台は2メートル以上の高さに配置する必要があるということで、今回はスタジオの天井に吊して対応。残りの3台は、1?1.5メートルの高さに据えて、撮影エリアを半球状に取り囲むように配置した(写真)

キャリブレーション

カメラを配置後、実際にMOCAP 収録の前に行うのがキャリブレーションだ。キャリブレーションはペンライトを使用して行う。キャップを外した状態のライトを用意し、収録を開始してからキャプチャエリアに入る。ライトを点けた状態で、撮影可能エリア内をゆっくりと満遍なく移動させるのだが、その際は必ず地面の3箇所以上に接地させて、ソフトウェア上で地面を把握させること。また、ライトの先端が自分の体で隠さないように気を付ける。そして iPi Recorder は、必ずキャリブレーションモードにしておくこと。さもないと適切な露出でキャリブレートできないため、注意が必要だ。
 
 

 
ペンライトを使ったキャリブレーション例。ライトを点けた状態でキャプチャエリア内をゆっくりと移動させる。その際、3箇所以上で地面に接地させるのだが、エリア内を満遍なく接地させれば、より精度が上がる。キャリブレーションを行う際の注意点は、(1)収録開始から最初の数秒間は発光マーカーが映っていないこと、(2)急な動きなどによる発光マーカーの残像が発生していないこと、(3)最低でも3台のカメラが常時、発光マーカーを移していることの3つだ
 
 

 
キャリブレーションビデオのプロセッシング。iPi Studio での作業となるが、非常に簡単にプロセッシングが行われる。まず[Calibratin]のタグ内の[Calibration]ボタンをクリックする。ライトの機能を追うようにデータが処理される。続いて、[Calibratin]のタグ内の[Auto detect initial camera positions]にチェックを入れ、[Calibration]ボタンをクリック。すると今度はプロセッシングされたライトの軌道から正確にカメラのポジションの検出される

特集