>   >  VFXへのあくなき追求 ~松永孝治(NHK)~|今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(2)
VFXへのあくなき追求 ~松永孝治(NHK)~|今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(2)

VFXへのあくなき追求 ~松永孝治(NHK)~|今年活躍したデジタル・コンテンツ制作者に聞く(2)

『坂の上の雲』や『平清盛』、『八重の桜』などをはじめ、NHKドラマにおけるVFX制作をリードし続け、今年放送されたNHKスペシャル『生命大躍進』シリーズでは、科学ドキュメンタリー番組おけるVFXを駆使した新たな映像表現を実践したVFXスーパーバイザーの松永孝治氏。この度、「CGWORLD大賞 2015」にノミネートされた松永氏に、今年のふりかえりと来年の展望をたずねた。

<1>映画やTVドラマという枠を越えて、VFXクオリティを向上させる

――松永さんにはNHKスペシャル『生命大躍進』のVFXをとおして、テレビにおけるVFX表現の新たな可能性を実践されたということで、今回、勝手ながら「CGWORLD大賞 2015」にノミネートさせていただきました。まずは率直な感想をお聞かせください。

松永孝治氏(以下、松永):今まで様々な番組で賞をいただいてきましたが、制作チーム全体としていただくということが多いので今回のように個人で選んでいただけたのはとても嬉しく思います。ただ『生命大躍進』に限らず。これまで多くの作品で有意義なVFX制作を実践できたのは、一緒にやっているスタッフや外部パートナーの方々のおかげなので、みんなでいただいたということだと思っています。

  • 「CGWORLD大賞 2015」記念インタビュー(2)松永孝治(NHK)
  • 松永孝治/Koji Matsunaga
    1990年にNHK入局。近年は、スペシャルドラマ『坂の上の雲』(2009/2010/2011)や大河ドラマ『八重の桜』(2013)などのCG・VFXを担当。NHKスペシャル『生命大躍進』(2015)では、VFXスーパーバイザーとして4Kフォーマットの3DCGならびにVFXを用いた大型科学ドキュメンタリー番組を制作。VES/Visual Effects Society(アメリカ視覚効果協会)会員。

    松永孝治氏インタビュー(NHKアーカイブス)


――本誌でも特集を組ませていただいた、NHKスペシャル『生命大躍進』についてお伺いいたします。本作のVFX制作で心がけたことについて改めてお聞かせください。

松永:『生命大躍進』は、2013年の冬からプロジェクトがスタートしました(後述)。自分にとって初めての4Kによる大規模なVFX制作だったので、どうにかして仕上げないといけないということで必死でした。でも、日頃からセミナーやイベントを通して交流している有能なアーティストの人たちや、外部パートナーのおかげで良い作品になったと思います。作品をつくるのは、結局は「人」です。例えば、同じ制作予算であったとしても、どれだけ技術的にも人格的にも良い人材を集められるかで作品の仕上がりがかなり変わってしまうと僕は思っています。

  • 「CGWORLD大賞 2015」記念インタビュー(2)松永孝治(NHK)
  • CGWORLD vol.202(2015年6月号)

    2015年5月9日(土)に発売された、月刊「CGWORLD + digital video」202号から3号連続で、NHKスペシャル『生命大躍進』のメイキング特集が掲載された


――どれだけ気心が知れているのかはもちろんのこと、各アーティストによってスキルはもちろん、適性が異なるわけなので、スタッフィングは重要ですよね。

松永:ですので、優秀なアーティストや外部パートナーの積極的な活用を心がけました。これまで様々なセミナーなどで自分が関わった作品の情報を積極的に発信しているのは、プロジェクトにどんどん良い人を集めたいという思いからでもあるんです。

――放送後の反響はいかがでしたか?

松永:おかげさまで一般の視聴者からの評判も良いようです。同業の方からもポジティブな感想をいただけることが多くて嬉しいですね。ですが、自分たちVFXチームとしての存在アピールはまだ弱いなと、正直思っています。これから業界を目指す若い人たちに話を聞くと、映画やゲームなどの分野では志望するプロダクション名がいろいろと上がってくるのですが、僕たちのチームもそのようなブランド力というか、若い人たちに憧れとされるチームにしていきたいですね。

「CGWORLD大賞 2015」記念インタビュー(2)松永孝治(NHK)

© NHK
NHKスペシャル『生命大躍進』 第1集「そして"目"が生まれた」より


――なるほど。

松永:NHKというTV局としてのブランド力とは別に、VFX制作チームとしてのブランド力を上げたい。そのためには自分たちがやっていることを発信し続けないといけないと思っています。セミナーなどの講演だけではなく、各種の映像コンペへの出品も積極的に行なっています。今回の『生命大躍進』では、「SIGGRAPH Asia 2015」のComputer Animation FestivalのAnimation Theaterに選出されました。

「CGWORLD大賞 2015」記念インタビュー(2)松永孝治(NHK)

© NHK
NHKスペシャル『生命大躍進』 第2集「こうして"母の愛"が生まれた」より


――本作はVFXを使って科学ドキュメンタリー番組の演出手法に新たな可能性を提示した作品だと思います。松永さんが日頃からVFX制作を手がける中で実践していることを教えてください。

松永:VFXの仕事をしていると、よく映画のVFXとテレビで放送されるVFXとで比較されることがあります。褒めていただいているというのは十分理解しているのですが、実は「このドラマの映像(VFX)は、映画クオリティだ」などと言われてしまうのがすごく嫌い、というか不本意で(苦笑)。

――おっしゃりたいこと、わかる気がします。

松永:映画とテレビとでは、確かに予算やスケジュールといった制作条件は異なるのですが、今では映画もTVドラマのVFXもほとんど同じようなツールや環境で制作されています。映画だから良い、TVドラマだからダメというのではなく、映画やTVドラマという枠を越えて、VFXのクオリティをいかに向上させていくのかを日々心がけているんです。今回の『生命大躍進』も科学番組という枠組で捉えられてしまうかもしれないのですが、最高の映像をつくりたいと思って取り組んできました。

「CGWORLD大賞 2015」記念インタビュー(2)松永孝治(NHK)

© NHK
NHKスペシャル『生命大躍進』 第3集「ついに"知性"が生まれた」より


――話は変わりますが、松永さんの中で今年の業界のトピックとして印象深かったことはありますか?

松永:まず挙げられるのが、4K解像度での映像制作が着実に増えたことでしょうか。『生命大躍進』は4K解像度で制作されていますが、制作当初(2013年の12月からプリプロがスタートしたという)は、4KフォーマットのCG・VFX制作に取り組んでいるプロジェクトは国内ではほとんどなかったはずなので感慨深いです。

――ことCG・VFXに関しては、4Kの国内事例は今でも少ない気がします。

松永:そして印象深かった作品ですが、洋画では『ジュラシック・ワールド』、日本映画だと『寄生獣』2部作ですね。『ジュラシック・ワールド』は『生命大躍進』の制作中にトレイラーが公開されていたのでとても刺激を受けました。『寄生獣』は、現在の日本におけるVFXの最先端を感じました。やはり白組の調布スタジオは素晴らしいなと。パカッと顔が割れるといった、寄生獣というクリーチャーをVFXで表現する上では、非常に細密なオブジェクトトラッキングなしには不可能だと思うので。

▶次ページ:<2>VFXの責任者だからこそ、あえて"ワガママ"も言う

Profileプロフィール

松永孝治/Koji Matsunaga

松永孝治/Koji Matsunaga

1990年にNHK入局。近年は、スペシャルドラマ『坂の上の雲』(2009/2010/2011)や大河ドラマ『八重の桜』(2013)などのCG・VFXを担当。NHKスペシャル『生命大躍進』(2015)では、VFXスーパーバイザーとして4Kフォーマットの3DCGならびにVFXを用いた大型科学ドキュメンタリー番組を制作。VES/Visual Effects Society(アメリカ視覚効果協会)会員。

松永孝治氏インタビュー(NHKアーカイブス)

スペシャルインタビュー