>   >  これぞ、究極のビジュアライゼーション! 巨匠テレンス・マリック最新作『ボヤージュ・オブ・タイム』が挑んだ、科学的見地に基づく実験データとアートの融合。
これぞ、究極のビジュアライゼーション! 巨匠テレンス・マリック最新作『ボヤージュ・オブ・タイム』が挑んだ、科学的見地に基づく実験データとアートの融合。

これぞ、究極のビジュアライゼーション! 巨匠テレンス・マリック最新作『ボヤージュ・オブ・タイム』が挑んだ、科学的見地に基づく実験データとアートの融合。

2017年3月10日(金)から、映画『ボヤージュ・オブ・タイム』が全国ロードショーとなる。寡作にして、発表する作品は常に世界的に高い評価を受け続けている巨匠テレンス・マリックの最新作であり、40年にもおよぶライフワークを集大成したものだという。宇宙の誕生から、様々なの生命の誕生について、スペクタクルあふれる映像美によって描いた渾身作だが、本作の公開を記念してVFXスーパーバイザーを務めたダン・グラス/Dan Glass氏とのインタビューをお届けする。

TEXT_奥居晃二 / Kouji Okui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
Special thanks to GAGA



映画『ボヤージュ・オブ・タイム』ダン・グラス氏(VFXスーパーバイザー 兼 協力プロデューサー)によるVFXワークについての解説ムービー

<1>40年以上にわたるリサーチ、10年にもおよんだVFXワーク

テレンス・マリック監督にとって映画『ボヤージュ・オブ・タイム』は、監督人生の集大成といってよいだろう。映画監督としての最初の成功作である『天国の日々』(1978)の制作途中から、マリック監督は「生命」と「時」をテーマにしたこの壮大な映像作品をいつか具現化することを夢描いて探求を続けてきたという。実に40年以上もの長い年月の末、ついに映画として結実することになった大きなきっかけは、同じく「生命」をテーマのひとつとして取り上げた2011年公開の映画『ツリー・オブ・ライフ』の成功と無関係ではない。

本作のプロデューサー(Associate Producer)のひとりであり、IMAX版のナレーターを務めたブラッド・ピットは『ツリー・オブ・ライフ』の主演俳優である(通常劇場版では、ケイト・ブランシェットがナレーターを担当)。また同じく『ツリー・オブ・ライフ』のVFXスーパーバイザーを務めたダン・グラス氏は本作でもVFXスーパーバイザーを任されており、テレンス・マリック監督との旅は、実に10年にわたる大変長いものとなったそうだ。

映画『ボヤージュ・オブ・タイム』ダン・グラスVFXスーパーバイザー兼協力プロデューサー

© 2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.

前述のとおり、マリック監督は約40年前から本作につながるリサーチを続けてきたそうだが、10年前に『ボヤージュ・オブ・タイム』の実制作に着手。グラス氏もほぼ同時期に制作チームに加わったという。
「10年前にこの映画のプロデューサーのひとり、グラント・ヒル/Grant Hill氏からマリック監督を紹介されたときから私の長い旅が始まりました。テリー(テレンス・マリック監督の愛称)は大変素晴らしい、洞察力に富む類まれな人物です。最初にこの作品の話を聞いたときから、目指すべきところは明確で、最初はたじろいだりもしましたが、同時に意欲もかき立てられました。『時の流れ』という大変難しい素材を扱うことのできる、才能のある映画制作者と仕事をする機会や、実際にここまですさまじい量の研究と勉強が要求されるプロジェクトとの出会いは滅多にありませんからね」。

映画『ボヤージュ・オブ・タイム』ダン・グラスVFXスーパーバイザー兼協力プロデューサー

ダン・グラス/Dan Glass
映画『ボヤージュ・オブ・タイム』VFXスーパーバイザー 兼 協力プロデューサー。
VFX分野で20年以上のキャリアをもち、クリストファー・ノーラン監督作『バットマンビギンズ』(2005)、ポール・トーマス・アンダーソン監督作『ザ・マスター』(2012)、クエンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』(2015)など名高い監督の作品で視覚効果を担当。テレンス・マリック監督とは『ツリー・オブ・ライフ』(2011)に続いて、本作が2度目のタッグとなる。


本作品では宇宙、地球の歴史、生物の進化が様々な切り口で描かれている。その中には最先端の研究を含む、科学的な研究理論やデータを裏づけにしなければ映像化することが難しいシーケンスも多い。映画制作者と科学者が協力しあって進められるプロダクション・ワークとはどのようなものだったのだろうか。

グラス氏は次のように語る。
「私たちは幅広い国際的な研究機関や、各分野のリーダーたちと協力し合うことができました。われわれのチーフ科学アドバイザーであるアンドリュー・ノール博士のような方たちは、より豊かな助言をもらえそうだということで制作チームに招かれた方ですし、何人かの科学者たちはシミュレーションやビジュアリゼーションといった形で研究成果を提供してくれています。科学者チームは常に素晴らしいサポートをしてくれて、制作工程は本当に協力的に進められました」。

映画『ボヤージュ・オブ・タイム』ダン・グラスVFXスーパーバイザー兼協力プロデューサー

© 2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.

実際にシミュレーションや実験データは、どのように使われているのだろうか。
「本映画の重要ないくつかのショットは、宇宙で最初に誕生したと言われている種族IIIの星のシミュレーション・データがなければ実現できませんでした。これらのショットでは宇宙への暗黒物質の拡散や銀河とブラック・ホールの衝突が描かれています。ほとんどのショットでクラウドタンクを使った撮影などの従来の手法による素材と合成されて、さらに有機的な見え方に仕上げています」。

科学的なシミュレーションによるデータ量は通常膨大なので、そのままの形では映像制作用のツールで扱うのは難しい。グラス氏はこの問題を科学者たちと直接作業をしながら、時には異なるチームに参加してもらうことで乗り越えた。テキサス州立大学のヴォルカー・ブロム博士は膨大な量のシミュレーション・データをもっていたが、視覚化する手段がなかった。そのため英国のハートフォードシャイア大学のジム・ギーチ氏とロブ・クライン氏がデータの視覚化を援助することになった。また本作品のためだけに開発されたツールもある。科学者であるワーナー・ベンガー博士の協力のもと、英国のVFXスタジオであるOne Of Usのアーティストたちはブラック・ホールによるレンズ効果をシミュレートするプログラムが開発された。

映画『ボヤージュ・オブ・タイム』ダン・グラスVFXスーパーバイザー兼協力プロデューサー

特撮機材の検証を行う様子(オースティンのスタジオにて)。左から、トム・デベンハム/Tom Debenham VFXスーパーバイザー(Oneo of Us)、ダン・グラス氏、SFXアーティストのマット・プリアム/Matt Pulliam氏

映像制作を専門とするグラス氏にとって、科学的ビジュアライゼーションから、アーティスティックな表現への橋渡しは刺激的な挑戦であったようだ。科学者たちとのやりとりがいかに興味深かったかを語ってくれた。
「常にそのデータの意味するところに忠実であることに配慮しながら、科学データをアートに翻訳するのは、最も面白く、楽しいプロセスでした。科学的なビジュアライゼーションはしばしば図式的で技術的なものになりがちです。科学者たちと密接に連携しながら、彼らの提供する素材を私たちの求めるかたち、特に5.5Kの超高解像度映像としてふさわしい表現にするために、それこそ数百の選択肢を試したと思います」。

その上で科学的観点と美的観点のバランスをとることの難易度はシーケンスによって様々で、グラス氏の頭を悩ませたようだ。
「科学的正確さと芸術的視点の間でバランスをとることが不可能だったことは実は少ししかありませんが、確かにそういった難しい局面もありましたね。宇宙の誕生の最初の瞬間をどう表現するかということでは参考になるようなものは何も存在しませんでしたし、撮影するにはスケールが小さすぎる対象とかの場合には、解決するためにクリエイティブな視点がより重要になりました。問題にぶつかった場合には私たちはとにかく別の方法、ときには上手くいくかどうかわからないような手段も次々と試してみて、様々な表現を追求しました。例えば、水にインクを落とすとか、発炎筒をハイスピード撮影するとか、化学反応の類とか、自然界の意匠や自然現象を取り入れたかったのです」。

映画『ボヤージュ・オブ・タイム』ダン・グラスVFXスーパーバイザー兼協力プロデューサー

ケニアにおけるロケ撮影模様。左から、マーク・ディーブル/Mark Deeble撮影監督(ケニアシーンの撮影を担当)、ファースト撮影助手

科学的なテーマの視覚化という意味では、従来から多くのTV科学番組が制作されてきたが、本作のビジュアルはそういったこれまでの科学番組とは一線を画すものになっている。どのようなところに重点をおいて制作し、本作ならではの映像表現にたどり着いたのだろうか。

グラス氏は次のように語る。
「テリーからは、そのショットのベースとして使えるような素材、もしくはいくつかあるうちの1つとしてしか使わないような素材でも、できるだけ撮影可能なもの、しかもこれまでに見たことがないようなものを捜し求めるように常に言われていました。その努力の結果、科学的に忠実でありながらも、ビジュアルも力のあるものにできたのではないかと思います」。

Voyage of Time IMAX(R) Trailer

▶︎次ページ:︎
<2>誰も目にしたことがない事象をビジュアル化する

Profileプロフィール

ダン・グラス/Dan Glass(VFXスーパーバイザー 兼 協力プロデューサー)

ダン・グラス/Dan Glass(VFXスーパーバイザー 兼 協力プロデューサー)

VFX分野で20年以上のキャリアをもち、クリストファー・ノーラン監督作『バットマンビギンズ』(2005)、ポール・トーマス・アンダーソン監督作『ザ・マスター』(2012)、クエンティン・タランティーノ監督作『ヘイトフル・エイト』(2015)など名高い監督の作品で視覚効果を担当。テレンス・マリック監督とは『ツリー・オブ・ライフ』(2011)に続いて、本作が2度目のタッグとなる。

スペシャルインタビュー