>   >  からっとしたエロスを追求『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』から見るタムソフト流コンソールゲーム開発とは
からっとしたエロスを追求<br>『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』から見る<br>タムソフト流コンソールゲーム開発とは

からっとしたエロスを追求
『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』から見る
タムソフト流コンソールゲーム開発とは

[PR]

『閃乱カグラ』シリーズをはじめ、突き抜けた企画力と確かな技術力でヒット作を送り出してきたタムソフト。浮き沈みの激しい業界で創業25周年を迎える、コンソールゲーム中心の老舗ゲームスタジオだ。そんな同社が業務拡大のため3DCGアーティストを募集中。ゲーム開発のこだわりや求められる人物像などを聞いた。


■求人情報
タムソフトでは現在下記職種を募集中です。
・ゲームCGデザイナー(3DCG全般)
・ゲームCGデザイナー(3Dモーション系)
・ゲームCGデザイナー(3Dエフェクト、UIデザイン系)
・ゲームプログラマー
・ゲームディレクター/ゲームプランナー
・プロジェクトマネージャー

※2018年3月卒業見込者の方は新卒採用枠がございます。
 下記ホームページをご覧ください。
 http://www.tamsoft.co.jp/recruit/

詳しくはJOBSをご覧ください。

様々なジャンルの制作経験から生まれる"遊びがぶっとんでいる"ゲーム

『闘神伝』、『チョロQ』シリーズなどの人気シリーズ開発で知られるタムソフト。近年では美少女アクションと恋愛シミュレーションゲームを中軸に、総合的な開発力で高い信頼を得てきた。最新作『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』ではシリーズ初のPS4専用タイトルとして"からっとしたエロス"を追求し、唯一無二のゲーム開発を続けている。低価格帯ソフト『SIMPLEシリーズ』の受託開発で開発力を磨いてきた同社。その数は100タイトル以上で、デザインセクション統括の手塚俊介氏をして「作れないジャンルはない」というほど。その経験や技術は『閃乱カグラ』シリーズにも活かされている。





  • 手塚俊介氏
    デザインセクション 統括 アートディレクター/シニアキャラクターモデラー

モーションデザイナーの大木勇一郎氏とエフェクトデザイナーの坂田 誠氏も、同社の尖ったタイトル群に惹かれて入社してきた。「気になったゲームの開発元を調べたら、たいていタムソフト」という大木氏と、「『チョロQ』のように、ユーザーがとっつきやすいゲームをつくりたかった」という坂田氏。入社7年目と5年目の若手だが、すでに『閃乱カグラ』の中核メンバーとして活躍している。背景アーティストでTAもこなす栗原和典氏も、「遊びがぶっとんでいる」と転職を決めた1人だ。「開発は内製エンジン中心ですが、過去の経験や知識が活かしやすかったですね。それまで培ったシェーダの知識をすんなり活かせました」(栗原氏)。分業化が進む中、1人1ステージを任せるのが同社のスタイルだ。モデル、シェーダ、ライティングなど多様なスキルが求められるが、その分だけやりがいにつながるという。





  • 大木勇一郎氏
    デザインセクション リードモーションデザイナー




  • 坂田 誠氏
    デザインセクション




  • 栗原和典氏
    デザインセクション チーフ/リード背景モデラー

業界がモバイルゲームに移行する中、数少ないコンソール中心のゲームスタジオという点でも同社はユニークな存在だ。アウトソースを適切に活用しつつ、日本企業が得意とする中~小規模の開発文化を保っている。手塚氏も「実力があれば抜擢する風通しの良い社風で、入社2年目のディレクターもいるほど。もちろん、周囲のベテランがしっかりサポートします」と語った。創業25周年を迎える老舗企業だが、平均年齢が29歳で若手の活躍が目立つ。業界の信頼度も高く、業務がさばききれないほどだ。中でもモーション、エフェクト、背景アーティストが急募だという。「リミテッドアニメ系のグラフィックスが得意で、コンソールゲームが好きな人に、ぜひ応募してほしいですね」(手塚氏)。

Topic 1 モーション ~Mayaでイメージ動画を作成~

「水鉄砲による撃ち合い」がコンセプトの本作。ゲームシステムもシリーズではじめて三人称視点シューティングに変更された。これに伴い、Maya上でのイメージ動画が作成されている。「移動、ジャンプ、照準、近接攻撃などのイメージが共有されたことで、開発に大きく役立ちました」(大木氏)。

▲初期全体イメージ動画

モーションキャプチャは使用せず、手付けによるこだわりのアニメーションが付けられている点も特徴だ。特にスキンシップや着替えが楽しめる「更衣室」モードや、瀕死のキャラクターにとどめをさす「くねくねフィニッシュ」は、動きの魅力が求められる部分。40人以上登場するキャラクターに対して、ベースとなる動きに対してキャラクターごとの差分を付け加えていくなど、個性的な動きを効率的に作るための工夫が行われている。

▲「更衣室」モードでのキャラクターごとの表情、モーションの違い

キャラクターの動きだけでなく、カットシーンでの演出やカメラワークもモーション班の担当だ。「キャラクターの表情を活かす」、「攻撃を受けて吹き飛んだり、倒れたりしたときの動きで女性らしさを出す」、「ゲームのテンポを阻害しない」などの配慮がなされている。シリーズでおなじみのバストの揺れも、専用のジョイントで演出されている。

▲「くねくねフィニッシュ」モーション

▲死亡演出

▲「濡れパワーアップ」モーション



次ページ
Topic 2 エフェクト ~メッシュパーティクルを活用~

Profileプロフィール

タムソフト/TAMSOFT CORPORATION

タムソフト/TAMSOFT CORPORATION

左から坂田 誠氏(企画開発部 デザイン課)、大木勇一郎氏(同リードモーションデザイナー)、栗原和典氏(同チーフ・リード背景モデラー)
www.tamsoft.co.jp

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』

『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』

『閃乱カグラ』シリーズ最新作で、初のPS4専用ソフト。プールや海岸を舞台に水着姿の美少女が入り乱れ、水鉄砲を撃ちまくる三人称視点シューティングだ。最大10人までのオンライン対戦に対応しており、「更衣室」モードでは着替えやスキンシップも楽しめる。
公式HP
©2017 Marvelous Inc.

スペシャルインタビュー