>   >  <XFLAG PICTURES 特別連載>第二回:オリジナルプロジェクトが続々!求む、次世代のHERO(クリエイター)。CGディレクターや各種CGアーティストを募集
<XFLAG PICTURES 特別連載><br/>第二回:オリジナルプロジェクトが続々!求む、次世代のHERO(クリエイター)。CGディレクターや各種CGアーティストを募集

<XFLAG PICTURES 特別連載>
第二回:オリジナルプロジェクトが続々!求む、次世代のHERO(クリエイター)。CGディレクターや各種CGアーティストを募集

[PR]

「ケタハズレな冒険を。」XFLAG スタジオが掲げるこのスローガンのもと、XFLAG PICTURESでは『モンストアニメ』に続く新たなコンテンツを立ち上げるべく、 CGディレクターや各種CGアーティストたちを広く募集している。クリエイティブ・プロデューサーのハヤシヒロミ氏とマネージャーの兼森士郎氏に、新規に立ち上げる社内チームのビジョンとそこで活躍できる人物像、そして実際の働き方、職場環境について伺った。

"ユーザーサプライズファースト"を基準に決断
チームのメンバーは"家族"

世界的にコンテンツ制作が続編やニッチな方向に振られがちな昨今、XFLAG PICTURESでは、新たに誰もが楽しめる「王道バトルエンタメ作品」づくりに挑戦している。XFLAG スタジオの理念の根底には、ミクシィの企業理念「新しい文化を創る」があり、この理念のもと「モンスト」が誕生したわけだが、そのテーマは「スマホアプリで新しいコミュニケーションの文化を創る」ことであった。いまXFLAG PICTURESは、アニメーションというフィールドで新しいコミュニケーションの文化を創造しようとしている。そのため、新プロジェクトでは幅広い人に共感や感動を届けられる作品を目指しているという。「やはりキャラクターが一番大事です。感情表現豊かなキャラクターは、新たな物語を創造してくれます」と語るのは、クリエイティブ・プロデューサーのハヤシヒロミ氏。世界中に馴染みと実績があるセルルック中心の作品で打って出ようとしている。





  • ハヤシヒロミ/Hiromi Hayashi
    XFLAG PICTURES
    クリエイティブプロデューサー
    Spooky graphic 代表取締役
    www.spooky.tv

活躍できる人物について伺うと「絶対条件としてはチャレンジができる人」との答えが。マネージャーの兼森士郎氏も「自分でキャッチアップして能動的に業務に落とし込んでいける人」と語る。XFLAG PICTURESに限らず、XFLAG スタジオのクリエイティビティには明確な理念がある。「モノづくりで意見が膠着したとき、われわれは"ユーザーサプライズファースト"に立ち返り、ユーザーが『何に新たな驚きを感じるか?』を基準に考えて決定をします。」(ハヤシ氏)。

兼森氏は「僕はチームのメンバーは"家族"だと考えています。だからこそ、親身になって問題解決にあたることができる。スキルがありお互いを尊重し合える会話ができる方にはぜひ応募していただきたいですね。海外の方からも、様々な価値観から、多様なヒントをいただけるので、日本語での意思疎通が可能であれば歓迎します」と語る。企画から制作、発信まで自社内で垂直統合型でつくり上げることが、スピーディーで且つ深みのあるコンテンツ制作に繋がる重要な要素だと考えている。「ゼロから何かを生み出していこうとする人と一緒に創っていきたいですね」(ハヤシ氏)。

王道のバトルコンテンツをゼロから企画し自らの手で創り上げる



上記はXFLAG PICTURESが企画している新規作品のコンセプトを示したCGワーク。(【上左】ラフ、【上中】Maya画面【上右】素材別に出力してコンポジットしたもの。【下】仕上げの方向性を探ったもの)
このメイキングからも、セルルックCGアニメーションやエフェクトアーティスト、キャラクタースーパーバイザーなど、関わる人々や活躍できる人材の多様さを物語る。「今回募集した方たちだけで1作品を創れる体制を整えたいですね。セルルックは最も見やすいフォーマットのひとつで、日本人が一番得意としている分野。そこに王道のキャラクターを当てはめることで世界に通用するものを創出したいと考えています」(ハヤシ氏)。「何もないところからみんなで意見を合わせて能動的に創っていくため、言われた仕事を受動的に対応するよりも絶対に楽しいと思います」(兼森氏)。新しい作品を創り上げることは確かに容易ではない。だがそれを発信できる環境はクリエイティブにおいて大きなアドバンテージだ。内製ならではのスピード感と、ユーザーからのダイレクトなリアクションはクリエイターにとっても貴重な経験の一つになるだろう。ヒーロー、スポーツ、SFなど新たな王道アニメの企画がまもなくスタートする。

全てにおいて新しい会社が新しいエンターテインメントを創造する

働き方においても手厚い環境が用意されている。社内ではセミナーが活発に行われるだけでなく、社外講座への社費での出席も推奨され、研究用のプリペイドカード購入費の補助もある。また、日常においても社内で販売するお弁当(30種類以上!)への半額補助や、ドリンク、マッサージの完備、そして住宅手当(3km圏内)と様々な福利厚生が用意されている。

また、本社社屋については現在建設中の渋谷駅直結の駅ビルへの移転が来年末に予定されていたりと、職場環境としては申し分ない。社風について伺うと、「責任を伴った自由さがあります」(兼森氏)。「考え方を含め、全てにおいて若い会社。新しい時代と新しいエンターテインメントを創っていけると確信しています」(ハヤシ氏)。こうした恵まれた環境と良い意味での"身内感"で新たなコミュニケーション文化の創造に挑むXFLAG PICTURES。従来のアニメーション制作フローが抱えるジレンマを解消し、新しい作品づくりの形に挑戦する姿勢を感じた。「社内体制もより良いものにしていきます。僕らも従来のアニメの常識にとらわれず、違う概念のレイヤーを目指しているので、互いに協力し合って実現していければと考えています」(兼森氏)。

▲【左】社内で販売するお弁当。半額補助で購入できる。【右】コラボレーションルーム。社員はここでランチを食べることが多い。

▲【左】ドリンクバー。コーヒー、紅茶、スープなどを各種取り揃えたドリンクバーを設置しており、従業員なら誰でも無料で利用可能だ。【右】マッサージルーム。2名のマッサージ師が常駐している。

構成_日詰明嘉
PHOTO_蟹 由香
©XFLAG

求人情報

求人職種

現在、XFLAG PICTURESでは下記職種を積極採用中!!!

① 3DCGディレクター
② 3DCGジェネラリスト
③ ラインプロデューサー
④ 3DCGテクニカルディレクター
⑤ 3DCGアニメーター
⑥ 3DCGモデラー
⑦ アートディレクター
⑧ キャラクタースーパーバイザー
⑨ リガ―

待遇
■正社員の場合
【勤務時間】
所定労働時間 10:00~19:00
※フレックスタイム制度あり
(コアタイム 10:00~15:00/フレキシブルタイム 6:00~10:00, 15:00~19:00)
【給与】
月給+賞与(年2回)
※経験・能力・前給を考慮の上、規定により決定いたします。
※40時間の残業代込みの月給制です。
※残業時間が月40時間を超えた場合は別途残業代支給します。
【給与改定】
年2回(5月、11月)
【賞与】
年2回(6月、12月)
【福利厚生】
住宅手当、交通費支給、ランチ代サポート、ドリンクバー完備、懇親会補助、プリペイドカード購入補助、予防接種、健保組合の提携機関にて優遇制度あり
【各種制度】
ミクシィ・キャリア・チャレンジ(社内公募)制度、トライアウト制度、従業員持株会制度、確定拠出年金制度、育児休業制度、介護休業制度など
【各種保険】
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災、団体生命保険

■業務委託の場合
月額委託料は相談の上、確定いたします。

>>>>>詳しくはこちらから

Profileプロフィール

兼森士郎/Shiro Kanemori(マネージャー)
ハヤシヒロミ/Hiromi Hayashi(クリエイティブプロデューサー)

エンターテインメント事業のさらなる発展を図るため、2015年8月、株式会社ミクシィ内にXFLAG™ スタジオを設立しました。 XFLAG スタジオでは、“ケタハズレな冒険を。”をスローガンとして、「モンスターストライク」や「ファイトリーグ」を提供するほか、“アドレナリン全開”の、ドキドキワクワクするゲームや映像コンテンツを世界に向けて発信していきます。

XFLAG PICTURESでは下記職種を積極採用中!!!
① 3DCGディレクター
② 3DCGジェネラリスト
③ ラインプロデューサー
④ 3DCGテクニカルディレクター
⑤ 3DCGアニメーター
⑥ 3DCGモデラー
⑦ アートディレクター
⑧ キャラクタースーパーバイザー
⑨ リガ―

>>>>求人情報はこちら

スペシャルインタビュー