>   >  デジタル作画を加速させるか!? フランス発の2Dアニメーションツール「TVPaint Animation」に迫る!
デジタル作画を加速させるか!? フランス発の2Dアニメーションツール「TVPaint Animation」に迫る!

デジタル作画を加速させるか!? フランス発の2Dアニメーションツール「TVPaint Animation」に迫る!

[PR]

アニメーション制作における多くの工程がデジタル化されている昨今。フルデジタル化への試みを耳にする機会も増えてきており、未だに紙と鉛筆が主流といわれている作画工程においても、デジタル化の風が強く吹き始めているのを感じる。デジタル化によって、効率的な作業が可能となり、作業者の負担の軽減やクオリティアップにもつながる。また、過酷な労働環境が問題視される日本のアニメーション業界では、現状打破の一手としても、デジタルツールに期待が高まっているようだ。

そこで今回は、アニメーション制作のデジタル化を牽引するツールメーカーのひとつ、TVPaint Développement(フランス)が目指すデジタルツールのあり方について、開発者インタビューと「TVPaint Animation 11」の機能から紐解いていこう。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

Q1:自己紹介をお願いします。

ファブリス・ドゥバルジュ氏(以下、ドゥバルジュ):TVPaint Développementでプロダクトマネージャーを務めています。

  • ファブリス・ドゥバルジュ/Fabrice Debarge
    プロダクトマネージャー(TVPaint Développement)

ミカエル・シュライナー氏(以下、シュライナー):TVPaint Animation 11のメイン開発をしています。

  • ミカエル・シュライナー/Michaël Schreiner
    TVPaint Animation 11メイン開発者(TVPaint Développement)

Q2:TVPaint Animationの特徴を教えてください。

ドゥバルジュ:TVPaint Animationは世界70ヶ国で使用されています。ユーザーの割合としては、フリーランスのアニメーター、スタジオ、学校、そして学生が、それぞれ約4分の1ずつを占めています。

シュライナー:TVPaint Animationの大きな強みは、絵コンテから撮影までの全ての工程を、1本のソフトウェアでできることです。様々な技術に対応できるので、劇場作品、TVシリーズ、短編映画、ゲーム、広告など、使用されている場面は多岐にわたります。そのジャンルも2Dアニメーションだけに留まらず、3D素材との組合せ、ストップモーション、ロトスコープアニメーション、カットアウトアニメーションなどいろいろあります。

ドゥバルジュ:ユーザーの要望に積極的に対応できるようにと心を込めています。

シュライナー:TVPaint Animationはアニメーション向けのプロフェッショナルツールで、全ての機能がアニメーターさんの要望に即したものです。世界中のベータテスターの協力を仰ぎ、最良のツールをつくりたいと日々奮闘しています。ユーザーからの要望は全てリストアップして優先順位をつけた上で、ひとつひとつに対応できるよう心がけています。日本にいらっしゃるユーザーの声にも応えた結果、[タイムシート出力スクリプト]、[After Effects出力オプション・入力スクリプト]、[スケッチパネルRGB値]など、多くの機能を開発することができました。最新のアップデートでは、[カラーチェッカー]などの仕上げツールの追加や、アナログとデジタルが混在したワークフローへの対応機能の充実にも力を入れています。ほかにも、TVPaint Animation 11のAndroid版もリリースしました。TVPaint Animationユーザーに限らず、全ての方がプロフェッショナル版をAndroid端末にインストールできます。加えて、iOS版のリリースも予定していますので、さらなるモバイル環境での制作が可能となります。また、近いうちにソフトウェアのプロテクションシステムの変更を予定しています。ドングルあり・なしの各ライセンスタイプに変更することができるようになります。

ドゥバルジュ:今後も日本語専用フォーラム(forum-jp.tvpaint.com/index.php)に要望を出していただければ、開発チームが検討させていただきます。こちらは情報交換スペースとして、チュートリアルビデオやテクニカルサポート、イベント情報などもまとめています。開発スタッフもフォーラムを確認していますので、開発スタッフからの返事がくることもあります。ぜひご利用ください。

Q3:日本のアニメ制作現場にコメントをお願いします。

ドゥバルジュ:TVPaint Animationのスタッフの中にも日本のアニメファンがおり、憧れているジャンルです。大人向けの作品も多く、それらが特に魅力的だと感じています。2Dアニメーションは歴史のある芸術ですが、作品のクオリティおよびワークフロー効率のさらなる向上のために、常に新たな技術を追加したいと考えています。そうしたデジタルアニメーションのイノベーションが、アーティストの様々な表現を叶えてくれると信じています。制作会社の皆さんは、アニメーターさんが作業者である前に、まずアーティストであるということを忘れないでくださいね。


次ページ:
TVPaint Animation 11から追加された新しい機能

Profileプロフィール

ファブリス・ドゥバルジュ/Fabrice Debarge(TVPaint Développement)、ミカエル・シュライナー/Michaël Schreiner(TVPaint Développement)

ファブリス・ドゥバルジュ/Fabrice Debarge(TVPaint Développement)、ミカエル・シュライナー/Michaël Schreiner(TVPaint Développement)

写真左:ファブリス・ドゥバルジュ氏 /Fabrice Debarge プロダクトマネージャー
写真右:ミカエル・シュライナー氏/Michaël Schreiner TVPaint Animation 11メイン開発者
以上、TVPaint Développement

スペシャルインタビュー