>   >  1年次は「デッサン力」強化に注力。トライデントコンピュータ専門学校のカリキュラムに迫る
1年次は「デッサン力」強化に注力。トライデントコンピュータ専門学校のカリキュラムに迫る

1年次は「デッサン力」強化に注力。トライデントコンピュータ専門学校のカリキュラムに迫る

愛知県名古屋市にあるトライデントコンピュータ専門学校のCGスペシャリスト学科では、CG制作に必要な表現力や技術力を3年がかりで基礎からじっくりと教えていく。そんな同校の卒業生は、東京、大阪をはじめ日本各地のゲーム会社やCGプロダクションに就職しており、数多くの採用担当者が一目置く学校となっている。本記事ではそんな同校が注力する「デッサン力」強化にスポットを当て、その意図や教育方法について常勤講師の小島優二先生に語ってもらった。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

上手い人の描き方を真似るだけでは、早々に限界がくる

CGWORLD(以下、C):トライデントコンピュータ専門学校のCGスペシャリスト学科(以下、トライデント)は、デッサン、着彩画、色彩構成(平面構成)、粘土造形など、伝統的な美術教育に注力しており、本格的な指導ができる環境も校内につくっている点が目を引きますね。なぜ美術の基礎教育に注力するのか、それと3DCG教育をどう関連づけているのか、順を追って伺いたいと思います。小島先生は、いつ頃からトライデントの教育に関わっているのでしょうか?

小島優二氏(以下、小島):2004年4月からなので、もう15年近く前になりますね。トライデントの専攻は大きく映像系とゲーム系に分かれており、私はゲーム系のキャラクターや背景の3Dモデル制作の指導から始めました。今はほかの先生たちと連携しながら、美術教育から3D制作まで幅広く指導しています。

▲トライデントの校内にある美術教育用教室。デッサンや着彩画の制作では、モチーフを照らす光のふるまいを観察、理解し、絵の中に表現することが重要となる。余談だが、CG制作においても光のふるまいを理解することは不可欠だ。初学者のうちはモチーフを照らす光源をシンプルにした方が学習効率が高くなるため、上の写真の向かって左上方向からのみ光が入るような位置に、窓や蛍光灯の多くが配置されている


▲【左】在校生の三浦隆生氏が1年次の9月に描いた鉛筆デッサン(自画像)/【右】アクリルガッシュによる着彩画


C:トライデントの講師になる前はコナミデジタルエンタテインメント(以下、コナミ)でゲーム開発に携わっていたそうですが、美術教育とはどう関わってきたのでしょうか?

小島:高校までは我流で好きなように絵を描いていましたが、しっかり絵を勉強したいと思うようになり、美術の予備校でデッサンや着彩画などの美術教育を受けました。ちょうど我流で描くことに限界を感じていた時期で「上手くなりたいけど、どうしていいかわからない」と悩んでいたのですが、予備校でデッサンを習ったことで、物の見方、絵の描き方、考え方の幅が一気に広がりました。その後、愛知県立芸術大学に合格し、デザインを専攻しました。

C:我流時代と、デッサンを学んだ後とで、何がどう変わったのか、具体例を挙げていただけますか?

小島:我流時代は「上手くなるために上手い人のイラストを見て、その描き方を真似する」ことに終始していました。「なぜこの色を選んだのか?」という理由はわからないまま、「この色を使うと、メッキっぽくなるらしい」というような覚え方をしていたので、いつまで経っても応用力がつかず、だんだんと手詰まりになっていきました。デッサンを始めてからは「なぜそう見えるのか」を分析しながら対象を観察する習慣が身についたので、「この絵のこの部分でメッキを表現したいなら、こう描けばいい」といった細やかな判断ができるようになりました。加えて、予備校に通う同世代の人たちの描く絵がめちゃくちゃ上手かったので、ショックを受けたし、視野も広がりました。

C:今も昔も、美術の予備校には2浪、3浪しながら毎日黙々と絵を描き続ける人たちがいますからね。

小島:そうです。加えて、彼らの使う画材の多様さにも衝撃を受けました。画材の使い方に関しても、いろいろな実験を繰り返していて、それまでの自分の視野の狭さを恥ずかしく感じたことを今でも覚えています。だからトライデントで3D制作やキャラクターデザインを教えるにあたり、美術教育は不可欠だと思ったのです。

C:かつての小島先生のように「上手くなりたいけど、どうしていいかわからない」と悩んでいる学生は多いのでしょうか?

小島:トライデントの入学者の多くは我流でイラストなどを描いてきた人たちなので、かつての僕と状況は似ています。現象をよく観察し、その現象が起きる理屈を理解しないと早々に限界がきます。だから1年の間は特にデッサンなどの美術教育に時間を割き、頭をやわらかくしながら絵について考え直してもらうようにしています。

デッサンの優先順位の決め方は、仕事の優先順位の決め方に通じる

C:大学卒業後は、コナミに入社されたのでしょうか?

小島:その前に、美術予備校で3年間ほど講師をしていました。人に教えることの基礎はそこで身についたように思います。一方で、僕には「キャラクターやロボットを自由に描けるようになりたい」という思いが大学入学前からありました。大学時代はそういう絵を描くことから遠ざかっていましたが、卒業を機に再び描きたい気持ちが強くなったのです。ところが最初は全然描けなくてショックでしたね(苦笑)。予備校でも大学でも「目の前のモチーフを見て描く」ことはしていましたが、「目の前にないものを想像して描く」ことはしてこなかったので、自分が思っていた以上に描けなかったのです。だから美術予備校で講師をする傍ら、自宅ではひたすらキャラクターやロボットのデザイン画を描き続けていました。

C:デッサンは大事だけど、デッサンが上手くなったからといって、キャラクターデザインが上手くなるわけではない......という点も重要なポイントですね。

小島:はい。その点もトライデントの学生には伝えるようにしています。美術予備校の講師を始めてから3年が経った頃、コナミのアーティスト募集に応募しました。今まで描き溜めたデザイン画を送ったところ、面接に呼ばれ入社が決まったため、東京に引っ越して7年ほどコナミでゲーム開発に携わりました。当初はゲーム用のイラストや3Dモデルを制作していましたが、後半は主にチームのディレクションを担当していました。

C:そういったキャリアをお持ちであれば、学生たちの気持ちと、会社が新人に期待することの両方に対して、ご理解がありそうですね。

小島:そうありたいと思っています。僕自身、大学受験のデッサンに対するモチベーションがすごく下がった時期もあったので、モチベーションを保てる考え方や描き方を提示するよう心がけています。例えばデッサンをするときには、モチーフ全体の形や陰影を最初にしっかり把握することが重要です。でも「よく見て描きなさい」と言われると、自分が一番興味のある細かい部分にだけ注目してしまい、全体に対する意識がおざなりになる学生が多くいます。

C:「細かいディテールはよく描けているけど、全体の形が崩れている」というのは初心者のデッサンにありがちな失敗ですね。

小島:そうなんです。デッサンでは、まず全体を見て土台をしっかり組み立てることが重要です。そしてこの考え方は、キャラクターデザインやゲーム開発にも共通しています。「どんなお客様に対して、どんな面白さや感動を届けるのか?」という土台を組み立てる前にディテールに手をつけても、そのデザインや開発は迷走してしまいます。デッサンでモチーフを見るときの優先順位の決め方と、仕事の優先順位の決め方は、結構リンクしているように思うのです。

▲【左】在校生の市川拓馬氏が1年次の1月に描いた鉛筆デッサン/【右】1年次の8月に描いた鉛筆デッサン


C:1年次にデッサンを通して「まず全体を見る」習慣を身につけることは、2年次や3年次の作品制作で「まずコンセプトから考える」習慣を身につけることに通じているというわけですね。

小島:そうです。「デッサンを通して仕事の優先順位のつけ方も学んでしまえば、一石二鳥でしょう?」と言えば、学生は「なるほど」と思ってくれます。

C:今やっているデッサンが将来の仕事に役立つことだとわかれば、モチベーションが上がりそうですね。

小島:デッサンのモチベーションが続かない要因のひとつに「将来やりたいこととの関連性が見いだせない」というのがあると思います。でも実際には関連していることを僕は身をもって体験してきました。折りに触れてそれを説明すると、学生はモチベーションを取り戻してくれます。例えば静物デッサンであれば「台に箱すら乗せられないようでは、地面の上にキャラクターを立たせることはできません。どう描けば台に箱が乗っているように見えるのか、現象をよく観察し、目の前の紙に描いてみてください」と言えば、真剣にキャラクターを描きたいと思っている学生ほど目の前の現象を観察しようと努力します。

▲【左上】在校生の田中孝弥氏が1年次の11月に描いた鉛筆デッサン/【左下】1年次の5月に描いた鉛筆デッサン/【右】1年次の11月に描いた鉛筆デッサン

次ページ:
デッサンの上手い学生ほど3Dモデルも上手い

Profileプロフィール

小島優二/Yuji Kojima

小島優二/Yuji Kojima

トライデントコンピュータ専門学校 CGスペシャリスト学科 常勤講師。愛知県立芸術大学 デザイン専攻を卒業後、美術予備校の講師を経て、コナミデジタルエンタテインメントにて7年間ゲーム開発に携わる。2004年から現職。
computer.trident.ac.jp

スペシャルインタビュー