>   >  必要な時間と予算の確保には何が必要か? カッティング・エッジ 東京スタジオで、CM制作の舞台裏を探る
必要な時間と予算の確保には何が必要か? カッティング・エッジ 東京スタジオで、CM制作の舞台裏を探る

必要な時間と予算の確保には何が必要か? カッティング・エッジ 東京スタジオで、CM制作の舞台裏を探る

25年の歴史をもつカッティング・エッジ(Cutting Edge)は、オーストラリアのブリスベン、シドニー、ゴールドコーストに拠点を置き、2016年4月には4番目のスタジオを東京に設立した。現在は4スタジオが連携し、撮影からポストプロダクション(以下、ポスプロ)までの全工程に対応するワン・ストップ・サービスを提供している。本記事では、本社でもあるブリスベンスタジオのジェフ・ゴーント(Jeff Gaunt)氏(VFXスーパーバイザー/VFXディレクター)の来日に合わせて実施した、同氏と東京スタジオのジェシー・フランクリン(Jesse Franklin)氏(VFXスーパーバイザー)へのインタビューを前後編に分けてお伝えする。前編に続き、以降の後編では、東京スタジオ設立の経緯と、ジェシー氏が担当したCM『Honda / Jet』『Sony Interactive Entertainment / PS4』制作の舞台裏を紹介する。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲Cutting Edge VFX Reel 2017


東京スタジオをハブにして、アジアのマーケットをさらに開拓したい

CGWORLD(以下、C):オーストラリアで3スタジオを展開してきたカッティング・エッジがなぜ東京にスタジオを設けたのか、その意図や経緯を教えていただけますか?

ジェシー・フランクリン(Jesse Franklin)氏(以下、フランクリン):東京スタジオ代表取締役の松尾順治は、かつて日本の広告代理店に勤務しており、当社とは15年くらい前から関わりがあったそうです。

ジェフ・ゴーント(Jeff Gaunt)氏(以下、ゴーント):当時の松尾はクライアントのひとりで、当社に対し、主にCM映像の制作を依頼していました。クルマのCMを扱うことが多かったので、松尾と私は当時から頻繁にやりとりしていました。その縁がきっかけとなり、12年ほど前に松尾は当社に移籍し、2016年に東京スタジオを設立することになったわけです。当時も今も、当社はグローバルマーケットに向けたCM制作を得意としているので、日本のクライアントから海外市場向けのCM映像を依頼されることもありますね。オーストラリアと日本は時差もそれほどないので、無理なくやりとりできるという点にメリットを感じてくださるクライアントもいます。2020年には東京オリンピックが開催されますし、日本からの依頼は今後も期待できると考えています。さらに中国、台湾、東南アジアなどのクライアントからの依頼も増えているので、東京スタジオをハブにして、アジアのマーケットをさらに開拓していきたいと思っています。

▲インタビューに応じるフランクリン氏(VFXスーパーバイザー)【左】とゴーント氏(VFXスーパーバイザー/VFXディレクター)【右】


C:先ほど、東京スタジオのスタッフは12人くらいで、現時点ではCG・VFXを中心に対応しているとおっしゃいましたね。具体的にどんな仕事を手がけているか、教えていただけますか?

フランクリン:オーストラリアのスタジオが受ける仕事は、「コンセプトだけが決まっており、どこで、どうやって撮影すればいいのかすらわからないので相談にのってほしい」という段階からスタートする場合が多いです。オーストラリアには、ゴーントをはじめ撮影とポスプロの両方に精通しているディレクターやスーパーバイザーが複数いるので、彼らの力に期待してくださるクライアントが数多くいます。東京スタジオの場合は、社外のディレクターや制作会社などとコラボレーションしながら、CMなどのVFXを制作する仕事が多いです。ゲームムービーの仕事もありますね。日本以外のクライアントから「日本マーケットに新商品を売り込みたいので、クリエイティブ・プランやマーケティングも含め、英語で相談にのってほしい」という依頼をいただくこともあります。

C:東京スタジオならではの強みを発揮できるプロジェクトを手がけているわけですね。最近手がけたプロジェクトの中から、代表的なものを紹介していただけますか?

フランクリン:例えばHonda Jetという本田技研工業の小型ビジネスジェット機のCMでは、当社がVFXを担当しました。私自身はVFXスーパーバイザーとして参加しています。本作は日本に加え、グローバルマーケットも視野に入れたCMだったので、当社の強みを生かせるプロジェクトだったと思います。最初のダウンタウンのシーンはロサンゼルスにあるパラマウント・ピクチャーズのスタジオで撮影しました。

▲CM『Honda / Jet』の完成映像


C:最初のシーンの街並は、パラマウントのセットですか?

フランクリン:手前はセットで、奥のビルはCGで追加しています。本作の監督がわれわれの作品を気に入ってくださり「一緒にやってほしい」とお声がけいただいたのです。本作では当社のVFXプロデューサーや私も企画段階から参加し、撮影にも同行したので、しっかりとポスプロを見据えた撮影ができました。

C:海外での撮影にVFXの主要スタッフが同行するのは珍しいのではないでしょうか?

フランクリン:そうだと思います。本作の監督は、撮影しながらその場で簡易的なオフライン編集をやり、完成形をイメージしながら指示を出すという制作手法をとる方です。そのため撮影現場にわれわれも居合わせた方が、より良い映像に仕上がるわけです。

C:本作の制作期間はどのくらいですか?

フランクリン:VFXだけなら、7人くらいのスタッフで、5週間ほどかけています。年末年始を挟んだので通常より少し長いプロジェクトになりました。このCM映像以外にも、キャンペーン用のポスターなども10点くらい制作しており、それも含めると半年近く関わっているプロジェクトです。

次ページ:
撮影にも立ち合うから「できないことが、できる」

Profileプロフィール

カッティング・エッジ(Cutting Edge)

カッティング・エッジ(Cutting Edge)

ブリスベン、シドニー、ゴールドコースト、東京の4スタジオが連携し、撮影からポストプロダクションまでの全工程に対応。CM、TV、映画、ライド・アトラクションなど、多彩な分野の映像制作で実績を残し、世界各国のクライアントから高く評価されている。
www.cuttingedge.com.au/jp/

スペシャルインタビュー