>   >  独創的な世界観の風景画で人気のイラストレーター・みっちぇが伝える、"挫折"から自分らしさを武器にしたきっかけとその構築法
独創的な世界観の風景画で人気のイラストレーター・みっちぇが伝える、

独創的な世界観の風景画で人気のイラストレーター・みっちぇが伝える、"挫折"から自分らしさを武器にしたきっかけとその構築法

「CGWORLD Online Tutorials」にて「イラスト制作の着想から構想までの思考法と具体的なアプローチ方法」をリリースしたイラストレーター・みっちぇ。氏の描く風景画は、独特な色彩、謎めいた遺跡、そしてそこを旅する女性と、ひと目見たら誰もに忘れがたいインパクトを与えるほど独創的だ。しかもその作品数は尋常ならざるスピードで今も増えていっている。このイラストレーション制作の発想と速度について尋ねてみたところ、意外にもその風景画は「消去法」の結果だったという。氏が一体どのようにしてこの技を身に着けていったのか、じっくりと伺った。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


イラスト制作の着想から構想までの思考法と具体的なアプローチ方法
(CGWORLD Online Tutorials)の
詳細・動画はこちら

<1>「20時間で描いたキャラクターより、1時間で描いた背景の絵がほしい」と言われたショック

――みっちぇさんのポートフォリオを拝見すると、描きはじめの頃はキャラクターイラストや様々な絵柄を模索し、徐々に画風を確立させていったように見えます。そこまでにはどのようなプロセスがあったのでしょうか?

みっちぇ氏(以下、みっちぇ):ポートフォリオのページの下の方にあるように、最初はキャラクターイラストを描こうと思ったんです。そこで国内でイラストレーターの仕事を探していたのですが、なかなか難しくて。そこでエージェント会社を通じて海外に営業をかけ、2桁くらいの数の欧米のアニメーションスタジオやゲーム会社、映像制作会社にポートフォリオを送りました。すると、それまでなかったようなとても大きな反響をいただけたんです。さらに彼らは僕の絵の良いところとそうでないところを包み隠さず評価してくれました。

  • みっちぇ(亡霊工房)
    2007年から独学で絵を描き始める。2010年よりフリーランスで絵の仕事を始め、欧米でのコンペディションや有償案件を経て2KGamesやNickelodeonより会社推薦状を獲得。2013年より風景画に専念、2017年に東京都にて個展開催。2018年より合同会社亡霊工房に所属
    miche-illustrator.jimdo.com/
    twitter.com/mittye97

ただ、彼らが評価してくれたのは背景画・風景画と色彩の部分でした。僕としてはキャラクターを主に売り込んでいたのですが、そのイラストで20時間かけて描いたキャラクターよりも、1時間くらいで描いた背景の絵だけ欲しいと言われてしまうことが多くて。

――それはアーティストとして複雑ですね。

みっちぇ:ええ、僕にとってはとてつもない挫折でした。熱が40℃くらい出ましたし、自分としては相当なショックだったんだと思います。ただ、そこからお仕事をいただけたこともあって、思い切って2013年の年末頃から考え方を変え、風景画メインの作品づくりにシフトしていきました。洋書を買ったり、メイキング動画を見たりして噛み砕き、自分の中でどれが上手く活かせて、自分が描きたいものに繋がっていくかを取捨選択し、現在のような作風に落ち着いたのかなと思います。

――キャラクターを第1のセールスにしようとされていた当時、海外の方から評価された色づかいや光の加減といったものが武器になるという自覚はありましたか?

みっちぇ:まったくありませんでした。自分の中では当たり前にやっていたことだったので、他人に評価されてから気づきました。キャラクターを描いていたときも、憧れていたものはキャラクターとは別のところにあって、例えば映画『耳をすませば』(1995)で作中挿話『バロンのくれた物語』の背景美術を制作された井上直久さんだったりしたんです。他にも映画が大好きだったりしたので、そういったものが気づかないうちに出ていたのかもしれないですね。


――みっちぇさんが本格的に絵を描くようになったのは学生時代からだそうですが、それ以前の絵に対する距離感はいかがでしたか?

みっちぇ:小学生のときに入選をいただいたことはありましたが、授業以外で描くことはほとんどなかったと思います。描き始めたのは高校のときでした。卓球部に入っていたのですが、病気をしてしまって運動ができない時期があったんです。そのときにマンガを読んで落描きをしはじめて、大学でもずっとキャラクターを描いていたのですが、大学2年生の夏にパソコンを手に入れてからは1日8時間から10時間くらい、取り憑かれたように描くようになりました。

――何がきっかけだったんですか?

みっちぇ:当時、大阪の兄弟のところに遊びに行ったときに言われた「今やれることやっといた方が良いぞ」という言葉に感化されまして(笑)。ちょうどpixivが流行りはじめた頃でした。それまではアナログで気の知れた友人に見せるだけだったのですが、デジタルで大勢の人に絵を発表する場ができたことへの興味もあって一念発起してパソコンを買ったんです。最初はデジタルで線を引くだけでも面白くて、デジタルでの成長が日に日に感じられるくらい、時間さえあれば朝から晩までずっと描いていましたね。

――ソフトやハードはどんなものをお使いでしたか?

みっちぇ:工業大学だったので、友人に自作でミドルクラスレベルのマシンを組んでもらいました。当時はGIMPやSAIを使っていました。現在はPhotoshopを使用しています。


――毎日続けられたモチベーションの源はどこにあったと思いますか?

みっちぇ:好きだということだけですね。今も調子が良くない日はたまにありますが、それでも机に着けば意識しなくても手が動き出すんです。好きな本を読む、ゲームをする、というのと変わらない感じです。

――色や光だけでなく、作中に登場する建造物も独特なデザインです。これはどのようにして生み出されるのでしょうか?

みっちぇ:CGを使う前は紙粘土や模型で形をつくり、それを適当に潰してインスピレーションで制作していました。現在はCGでモデリングをして、同じようにつくっています。CGもつくり込む必要はなく、丸や三角、四角などフリーハンドで描いて決めます。クライアントが僕に求めているのは、格好良い自動車のようなCGデザインの能力ではなく、「これは何だろう」という不思議さだと思っています。それをつくるにはねらって描くよりも偶発性に頼ってパーツをつくっていく方が良いんです。



そういったジャンクパーツができてからが自分としては勝負だと思っていて、そこからカメラ位置や配色はしっかり決め込み「見せる絵」としてつくっていきます。CGを使う前はカメラやライティングにも物理的な限界がありましたが、CGであれば家の中にカメラを入れるようなこともできます。ただ実際にCGにしたとき、頭の中で描いたものとのちがいも出ますので、その両方を上手くコントロールして好きな形を出すようにしています。

――最近のイラストを見ると、赤い服を着た女性が描かれている絵がいくつもあります。これは統一した世界設定のものでしょうか?



みっちぇ:この女性がなぜ旅をしているのか、どこへ向かっているのかということは自分の中でストーリーができています。ただ、それは人には言わないようにしています。皆さんが想像してくれる方が面白いので。

――では、その世界設定はどのような発想から生まれたのでしょうか?

みっちぇ:自分の作風が固まる前は、本当に自分が描きたいものだけを描いていたんですね。例えば、ひとけのない荒野や荒涼とした大地、巨大な建物といった神秘的なもの。ただ、あるとき、この世界の中を目的をもって旅をさせたいと考えるようになったんです。そこでこの世界の境遇に耐えられる人物として、この赤い服を着た女性が生まれました。本当に自分が描きたいものが先にあって、その世界観の中にキャラクターを入れ込んでいき、そのなかでいろいろ巡ってもらうというかたちでこのシリーズができていったんです。


他にも自転車に乗っているまったく別の人物がいる絵もありますが、これはまた別のシリーズです。普段の生活の中でひとりぼっちだと感じたときや、寂しいと思ったりするときに赤い服の女性の世界にわずかな時間だけ迷い込むというシリーズです。でも決してその女性に会うことはないという設定があります。


――シリーズ描いていく中で生まれてきた発想なんですね。

みっちぇ:そうですね。赤い服の女性に頼りきりだと自分の中でルールやパターンができてしまうような気がして、敢えてイレギュラーなことがあっても良いという感覚で描きました。

――今はこうした絵がみっちぇさんの代名詞のようになっていますが、新しいモチーフに挑戦してみる考えはありますか?

みっちぇ:現状ですとカメラを引いた感じで広くて開けた空間の絵が多いのですが、もう少し寄った絵や、屋内の絵があっても良いかなとは思います。あとは見る人ともう少し駆け引きがしてみたいですね。先ほどの赤い服のように想像力を喚起させる絵や、「これは●●なのかな?」と見た人にと考えさせるようなものを。たまに実験的にやってみたくなるのですが、まだ自分として納得できるかたちにはなっていないんですよね。光と影を思いっきりキツくした画づくりもしてみたいです。ときどき挟んでみるのですが、コントラストが浅めの絵が多い気がしているので、そこも試行錯誤の途中です。

次ページ:
<2>自分の世界観を構築するためには、迷わず、数をこなし、それを継続すること

Profileプロフィール

みっちぇ(亡霊工房)

みっちぇ(亡霊工房)

2007年から独学で絵を描き始める。2010年よりフリーランスで絵の仕事を始め、欧米でのコンペディションや有償案件を経て2KGamesやNickelodeonより会社推薦状を獲得。2013年より風景画に専念、2017年に東京都にて個展開催。2018年より合同会社亡霊工房に所属
miche-illustrator.jimdo.com/
twitter.com/mittye97

スペシャルインタビュー