>   >  中小CGスタジオでも手軽に導入できる見通しがたった!? マイクロソフト「Azure Batch Rendering」の可能性
中小CGスタジオでも手軽に導入できる見通しがたった!? マイクロソフト「Azure Batch Rendering」の可能性

中小CGスタジオでも手軽に導入できる見通しがたった!? マイクロソフト「Azure Batch Rendering」の可能性

[PR]

マイクロソフトが展開中の「Azure Batch Rendering」。クラウドサーバのMicrosoft Azureを使い、社内リソースを使用することなく、クリックひとつでCGのレンダリングを可能にする仕組みだ。映画・アニメ・ゲームと幅広い分野で映像制作を行い、内製パイプラインツール「GOONEYS MINE」の社外展開も行うStudioGOONEYSが、その可能性についてマイクロソフトに話を聞いた。

INTERVIEW_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


StudioGOONEYS
映画VFX、ゲームムービー、CM映像、TVアニメ映像・番組タイトルやロゴデザインなど幅広くコンテンツを制作していく中で、自らの「演出」を誰もがその作品に込められる環境を有するCGプロダクション。「かっこいい」こと「美しい」こと「かわいい」ことなど、すべて「楽しい」につながる画を目指す、演出にも対応できるスタッフが多く所属する、確かな存在感を放っている
gooneys.co.jp

<1>クライアントから出た「レンダリング中止命令」

CGWORLD(以下、CGW):斎藤さんはクラウドレンダリングの使用経験があるそうですね。

StudioGOONEYS 斎藤瑞季氏(以下、斎藤):といっても、10年くらい前ですけどね。その時に忘れられない体験をしたんです。制作中にクライアントから「これ以上レンダリングをしないでくれ」と言われたんですよ。

  • 斎藤瑞季
    StudioGOONEYS
    代表取締役

マイクロソフト 田中 洋氏(以下、田中):それはどういうことでしょうか?

  • 田中 洋
    マイクロソフト
    HPC Techリード

斎藤:「レンダリングの費用がかかりすぎるから、止めてくれ」ということだったんですね。話し合いの結果、両社で落としどころを見つけて、無事納品しました。ただ、これって悪いことじゃないなと思ったんですよ。コスト感が「可視化」できて、お互いに共有できたからです。

田中:レンダリングにかかる費用は見えにくいですからね。

斎藤:まさしくそうなんです。当社でも社内にレンダリングサーバを立てて運用していますが、運営コストがクライアントから見えにくいんですよ。それがクラウドレンダリングで可視化されれば、クライアントと折衝できるようになります。レンダリングコストを上げてクオリティを求めるのか、多少ノイズが乗っても割安に済ませるのか......。クライアントと二人三脚で成果物を作り上げていくのが当社のスタイルなので、こうした議論ができるのが嬉しいんです。

StudioGOONEYS 新島太佳人氏(以下、新島):クラウドレンダリングはオンプレミスに比べて割高だと言われがちですが、サーバルームの空調設備や電気代、エンジニアの保守運用費などトータルで考えると、実はそれほど価格差はないと思うんです。余談ですが、クラウドレンダリングの導入を認めさせるには、オンプレミス環境でのコストを細かく分解して、経営陣に示すことが早道かもしれません。

  • 新島太佳人
    StudioGOONEYS
    取締役テクニカルディレクター

斎藤:実際、当社ではマシンが壊れたら、自分でPCを組み立てていますからね。でも、そろそろ限界を感じ始めています。

田中:お二人とも経営者目線で考えられていますよね。Azure Batch Renderingは使った分だけ費用が発生する従量課金システムで、クオリティや費用も細かく設定できるので、最適だと思います。

Azure Batch Renderingとは?


Microsoft Azure上でバッチジョブ型の3DCGレンダリングなどが行えるサービス。2018年12月末時点で、Maya3ds MaxArnold、そしてV-Rayが対応している(図はオンプレミス レンダー ファームをAzureに拡張した例)
azure.microsoft.com/ja-jp/services/batch/rendering

斎藤:ただ、データのアップロードやダウンロードに時間がかかるなど、大変なところもありました。当時は、マンションの一室で、一般的な光回線を引いて作業をするような感じでしたからね。レンダリングコストが増したのも、そうした背景があったと思います。今ではかなり改善されていると思いますが......。例えば回線が個人用か、業務用かで変わったりするんでしょうか?

田中:そこは帯域次第ですので、どのような契約であろうと関係ないですね。回線状況も10年前に比べると、かなり改善されてきています。また、2020年から世界的に5G回線の商用利用が始まります。これを使用すると、モバイル環境でも劇的な回線向上が見込めますので、リモート環境でクラウドレンダリングを行うことも一般的になると思われます。「働き方改革」の視点からも有益ですね。

新島:現状ではレンダリングを実行する前の準備段階や、アイドル中の状態でも課金の対象になってしまっている部分があると思いますので、コールドスタンバイ状態が実現されると嬉しいのですが......。

田中:そうですね。レンダリングや作業など実際の演算処理を行なっている時間だけを課金対象とするため、仮想マシンにポーズ機能の実装が検討されています。将来は解決すると思います。

次ページ:
<2>ハイブリッドクラウドの活用という解答

Profileプロフィール

StudioGOONEYS × マイクロソフト

StudioGOONEYS × マイクロソフト

右から斎藤瑞季氏(StudioGOONEYS 代表取締役)、新島太佳人氏(StudioGOONEYS 取締役テクニカルディレクター)、田中 洋氏(マイクロソフト HPC Techリード)

スペシャルインタビュー