>   >  "その作業"に最適なPC構成は? エプソンダイレクトのクリエイターPCで全11項目に及ぶ、3DCG・映像工程別パフォーマンス検証を実施!

"その作業"に最適なPC構成は? エプソンダイレクトのクリエイターPCで全11項目に及ぶ、3DCG・映像工程別パフォーマンス検証を実施!

[PR]

実に四半世紀にもわたって、日本品質と国内生産(※)をモットーに、1日修理、最短2日出荷、4億通りのBTO、最長6年保守という頼もしいサービス、サポートを提供し続けているエプソンダイレクト。
今回は、最新モデルEndeavor Pro9000の製品設計とデザインにおけるこだわりを聞いた。さらに後半では、ハイスペックPCの分野で長きにわたり存在感を示してきた同社が、クリエイターPCモデルを使って本気の検証!主要DCCツールによるパフォーマンス結果を紹介する。

※TN21Eのみ国内生産拠点で最終検査をして出荷しています。
TEXT _神山大輝(NINE GATES STUDIO)

日本品質・国内生産だからこそ実現できる!
エプソンダイレクトならではのクリエイターPCモデルへのこだわり

レンダリングやシーン展開の待機時間、あるいはフレームレートの低下による作業遅延......こうした要素をシステムによって改善することは、スムーズな制作進行を行うにあたって最も重要と言えるだろう。エプソンダイレクトは、2018年からクリエイターPCモデルへの取り組みを行なってきた。エプソンダイレクトはエプソン製PCを開発・製造・販売しているPCメーカーであり、これまでもEndeavorシリーズを中核としながら法人向けPCの販売やサポートを行なっている。今回は、開発に携わる同社技術部の北村裕弥氏・営業推進部の中澤宏紀氏に、Pro9000MR8200をはじめとしたPCへの想いや技術的特徴を、そして後述する一連の検証を実施したボーンデジタルソフトウェア事業部サポートスタッフの村田智洋氏に使用感を聞いた。

■TOPIC01:
工具なしでメンテナンスが行える、最大18コアまで搭載可能なクリエイターモデル

今回検証を行なった2機種は、共に3DCG、映像制作、シミュレーションや研究開発をターゲットにしている点で共通しており、いずれもプロユースが想定されている。ちがいは拡張性と最大スペックで、フラッグシップのPro9000はCPUを18コアまで拡張可能なほか、筐体デザインも一新した。特徴的なのはストレージを筐体前面から換装できる「フロントアクセス」の採用で、ネットワーク経由では転送の難しい大容量ファイルの移動を物理的に行うことができる。工具なしでメンテナンスが行えるツールフリー構造も、パーツ交換が頻繁に行われるであろう現場目線で考えられた筐体設計 だ。「GPU換装や電源周りのカスタムは、これまで扱ったPCの中でも特にやり易いと感じました。配線の取り回しもスッキリしていますし、マザーボードのコネクタの破損も少ないだろうと思います」(村田氏)。

■TOPIC02:
"技術屋"のこだわりが詰まった、壊れにくいパーツ選定

個々のパーツ選定にも技術屋としてのこだわりが詰まっており、エプソンの品質基準に適合したもののみ選択している。特にマザーボードはモデルごと新規開発であったり、信頼性が高く寿命の長い冷却ファンを厳選したりと、一般的なBTOモデルとは一線を画す内容となっている。「ハイエンドなパーツに興味がある方も多いですが、実際それがどういった効果をもたらすのかは想像の範疇を越えません。そのため、われわれはボーンデジタルと共同で実際のアプリケーションベースの検証を行い、必要なお客様には実測値のデータをご提供できるようにしています」(北村氏)。

■TOPIC03:
1日修理、最短2日出荷、4億通りのBTO、最長6年保守

国内生産ならではの特徴を活かし、生産ラインの管理を徹底することで品質向上と納期短縮に努めているという。エプソンダイレクトでは『1日修理、最短2日出荷、4億通りのBTO、最長6年保守』を掲げている。「社内システムや工場との連携の最適化によって2日出荷を実現しています。2日出荷は15年ほど続けてきたノウハウがあります。また、PCの故障は業務停止と同義なので、サポート対応の早い我々がクリエイター向けのPCを用意することは意義があると感じています」(中澤氏)。

■TOPIC04:
クリエイターPCは無料で貸し出しも可能!

ユーザーが希望する構成でEndeavorシリーズの無料貸し出しを行うプログラムを実施しており業務で用いるDCCツールが想定通りに動くかなどのパフォーマンスを自社内でチェックすることができる。貸し出しは1台から可能。職人のこだわりが光るエプソンのクリエイターPCをこの機会にぜひ体験してみてはいかがだろうか。
https://shop.epson.jp/pc/feature/lending/

筐体設計&デザインにおけるEndeavor Pro9000、6つのこだわり

では次にPC筐体及び内部構造を見ていきながら、エプソンダイレクトのこだわり紹介していこう。スペックには現れない同社製品の使い心地の良さ、安定感がどのように実現されているのかわかるだろう。

  • [1]ハイパフォーマンス
    CPUは18コア/36スレッドのエクストリーム・エディションを、GPUはリアルタイムレイトレーシングのコアテクノロジーであるGeForce RTXシリーズをラインナップ。メモリについてもクアッドチャンネル&最大128GBまで搭載可能であり、ストレージではインテルとマイクロン・テクノロジーが共同開発したのが革新的な不揮発性メモリ技術「3D-Xpoint」を採用したOptane SSDを選択可能だ。

  • [2]フロントアクセス&ツールフリー
    ストレージの交換が簡単に行える「フロントアクセス」を採用。フロントベイには4基のHDD(3.5インチ)またはSSD(2.5インチ)を搭載でき、筐体を開けることなくストレージ交換が可能となっている。大容量データの受け渡しや、プロジェクトごとにストレージを分けて管理するといった場合に重宝する。また、電源やUSBポートなどのフロント面のインターフェイスの位置を入れ替えるカスタムも可能。マシンを置く場所に応じて、ユーザー自身が使いやすいように調整できる。また、ラッチを開閉するだけで拡張ボードや5インチドライブを着脱可能な「ツールフリー構造」を採用したことで、ドライバーやネジを使わずに留め具を外すだけで簡単に拡張が可能となっている。巨大化傾向にあるGPUの重量に耐えられるようPCI周りは金属のホルダーで支える構造を採用するなど、昨今のトレンドも加味した筐体設計となっている。

  • [3]マザーボード
    マザーボードは自社開発となっており、筐体に合わせてその都度ゼロベースで設計されている。使用されるすべてのパーツを吟味して、エプソンの品質基準に適合したものだけを選んで使用しているほか、各デバイスの数値的なデータを検証しながら最高のスペックに仕上げていく。コストではなく、あくまでパフォーマンスを重視。高い技術力に裏付けされた、いまどき珍しい「古き良き日本品質」が垣間見える。

  • [4]静音性&冷却性の追求
    冷却ファンの仕組みにはスリーブベアリングではなく寿命の長い2ボールベアリングが採用されている。レンダリング時など「長時間負荷が掛かった状態」でも、ヒートシンクの排熱性向上とファンの回転を適切に制御することで、性能を犠牲にすることなく静音性と冷却性を両立させる。

  • [5]白基調のデザイン
    Endeavorの象徴とも言える白基調の筐体は、エプソンブランドのイメージカラーでもあるホワイトとブルーを表したもの。ホワイトは通常他色と比べて変色しやすいが、プラスチックのインジェクション成形や組み込みなどに問題がないかを立ち会いのもと確認しながら、丁寧な品質管理が行われている。また、上部にキャリングハンドルが設けられているのも特徴のひとつ。筐体を持ち上げた際、手に負担が掛からないような加工がされており、可搬性にも優れている。

  • [6]梱包材にもこだわる!
    Endeavorシリーズは梱包材にも「出しやすさ」というこだわりがある。梱包箱は片面だけが低くなっており、キャリングハンドルで筐体を少し持ち上げれば、あとは横にスライドするだけで簡単に本体を取り出すことが可能。多くの台数をセットアップする必要のあるオフィスでは梱包を解くだけでも苦労するが、Endeavorなら腰にも優しい設計になっている。

次ページ:
全11項目に及ぶ、3DCG・映像工程別パフォーマンス検証。 "その作業"に最適なPC構成は?

Profileプロフィール

エプソンダイレクト/Epson Direct

エプソンダイレクト/Epson Direct

左から、Pro9000と北村裕弥氏(技術部)、MR8200と中澤宏紀氏(営業推進部)。

スペシャルインタビュー