>   >  『Maya実践ハードサーフェスモデリング ~プロップと背景から学ぶワークフロー』(ボーンデジタル)
『Maya実践ハードサーフェスモデリング ~プロップと背景から学ぶワークフロー』(ボーンデジタル)

『Maya実践ハードサーフェスモデリング ~プロップと背景から学ぶワークフロー』(ボーンデジタル)

ボーンデジタルは、『Maya実践ハードサーフェスモデリング ~プロップと背景から学ぶワークフロー』を2015年2月14日に発売する。
詳しくは こちら



■ 『Maya実践ハードサーフェスモデリング ~プロップと背景から学ぶワークフロー』について

「業界の最前線で得た知識とは?」、「プロとして活動するために必要なこととは?」これまでの活動を振り返り、この2つを自問自答しながら制作した、プロップと背景2つのモデル。同書のために制作されたこの2つの制作例を交えながら、プロダクションフローにおけるアセット作成、データ整理、データ管理、プロダクションワークフローに適したモデリング作成術、テクスチャ作成術、リニアワークフローにおけるルックデブ(質感設定)などを紹介する。
映画、CM、ゲームシネマティクス、フル3D アニメーションなどプリレンダリングを行うことを前提とし、ハリウッド映画で実際に扱うようなアセットを例に、実際のワークフローを追いかける。
また、「コンセプトアートからどのようにモデリングを行うか?」、「写真素材からモデリングを行う場合はどうするか?」、「モデリングを行う前の準備、テクスチャを描く前の準備は?」といった、実際に作業にかかる前のノウハウ、ワークフローに乗せるためのノウハウなども取り上げている。
同書では、ソフトウェアやツールの使用方法の説明は最小限に絞り込み、考え方やワークフローで大切なことを解説することに重点を置いている。ソフトウェアの操作やオプションの噛み砕いた説明は行なっていないが、同書を出発点として学ぶことで、学生や新人アーティストもステップアップし、よりプロフェッショナルな知識と技術を習得できるようになるはずだ。
●目次
Part 1.プロップ編
1章 モデリング基礎知識
2章 モデリングの基礎知識 番外
3章 これだけは押さえておきたいモデリングツール
4章 プロップ:モデリング
5章 プロップ:UV
6章 テクスチャペイント:基礎知識
7章 プロップ:テクスチャペイント
8章 レンダリング
Part 2.背景編
9章 モデリングを始める前に
10章 スケールとディテール
11章 UVレイアウト
12章 背景:テクスチャペイント
13章 背景モデルのルックデブとレンダリング
14章 汎用パーツを利用したディテールの追加
●基本情報
著者:北田栄二
定価:本体4,600円 + 税
発行・発売:ボーンデジタル
ISBN:978-4-86246-263-3
Cコード:C3055
総ページ数:412ページ(予定)
サイズ:B5版、フルカラー

『Maya実践ハードサーフェスモデリング』 『Maya実践ハードサーフェスモデリング』
『Maya実践ハードサーフェスモデリング』 『Maya実践ハードサーフェスモデリング』



■ 関連 URL

・『Maya実践ハードサーフェスモデリング ~プロップと背景から学ぶワークフロー』
 http://www.borndigital.co.jp/book/5278.html
・株式会社ワークスコーポレーション
 http://www.wgn.co.jp

新着のニュース一覧