>   >  CEDEC AWARDS 2020 優秀賞ならびに特別賞を発表(コンピュータエンターテインメント協会/CEDEC運営委員会)
CEDEC AWARDS 2020 優秀賞ならびに特別賞を発表(コンピュータエンターテインメント協会/CEDEC運営委員会)

CEDEC AWARDS 2020 優秀賞ならびに特別賞を発表(コンピュータエンターテインメント協会/CEDEC運営委員会)

CEDEC運営委員会では、CEDECの関連イベントでコンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称える「CDEDEC AWARDS 2020」の優秀賞(最優秀賞ノミネート)20組を選考。コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する「特別賞」は、ユーザーや開発者に刺激を与え続けている小島秀夫氏(KOJIMA PRODUCTIONS)に決定した。著述賞は、2021年に向け選出基準を見直すこととし、これに伴い2020年の選出を見送った。

■「CEDEC AWARDS 2020」の優秀賞20組を選考

「CEDEC AWARDS 2020」の優秀賞(最優秀賞ノミネート)は、CEDEC2019の受講者アンケートで高評価を得た講演者と、CEDEC2020のセッションを選定するセッションワーキンググループの各分野のプロデューサーとで組織する「CEDEC AWARDS 2020 ノミネーション委員会」が、「エンジニアリング」、「ビジュアルアーツ」、「ゲームデザイン」、「サウンド」の4部門で計20組を選考した。優秀賞の中から、CEDEC2020受講者、講演者の投票を経てCEDEC運営委員会により、栄えある最優秀賞を各部門それぞれ1組を決定する。なお、本年はオンライン開催のため、例年はCEDEC会場内で行なっていた発表・授賞式は行わず、9月3日(木)に公式サイトにて発表される。これらの優秀賞(最優秀賞ノミネート)の詳細およびCEDEC AWARDSの実施概要は、CEDEC 2020公式Webサイトにて。

■「CEDEC AWARDS 2020」特別賞

授賞者:小島秀夫氏(KOJIMA PRODUCTIONS)
授賞理由:小島氏が監督を務め、ステルスゲームというジャンルを確立した『METAL GEAR』シリーズは、その革新的なゲームデザインのみならず、常に時代の最先端の技術を取り入れ、映画的な表現手法や物語性によりファンを魅了してきた。最新作『DEATH STRANDING』では氏の作風を生かしながら全く新しいコンセプトが話題となり、世界中のゲーム賞を受賞するなど高い評価を受け、常に業界をリードするタイトルを手がけることで、ユーザーや開発者に刺激を与え続けている。

略歴:1963年生まれ。1987年に初監督作品「メタルギア」でデビュー。2001年に米『Newsweek』誌の「未来を切り拓く10人」に選定。2015年12月に独立しコジマプロダクション設立。ビデオゲーム業界のアカデミー賞と言われる「D.I.C.E. Summit 2016」でHall of Fame、全世界のゲームメディアが選ぶゲームアワード「The Game Award 2016」でIndustry Icon Award受賞。 2020年2月には英国映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts。通称BAFTA)でフェローシップ賞を受賞。

■受講パス、早期割引は7月31日(金)まで

7月1日(水)からCEDEC公式サイトにて受講登録を受け付け中。受講登録の締め切りは、9月4日(金)。7月31日(金)までに登録すると早期割引が適用される。
※詳しくは公式Webサイトにて。

CEDEC2020 テーマ:「Brand New!」
会期:2020年9月2日(水)~4日(金)
オンライン開催:公式サイトにて受講登録受付中

新着のニュース一覧