>   >  バーチャルタレント事業・xRコンテンツ事業のActiv8、シリーズCで約10億円の第三者割当増資を実施
バーチャルタレント事業・xRコンテンツ事業のActiv8、シリーズCで約10億円の第三者割当増資を実施

バーチャルタレント事業・xRコンテンツ事業のActiv8、シリーズCで約10億円の第三者割当増資を実施

Activ8株式会社は、株式会社小学館株式会社Too株式会社ホリプロなどを引受先とした、約10億円の第三者割当増資を実施した。また、株式会社Tooと業務提携を行い、バーチャルタレント事業におけるシステムソリューションの推進を目指すという。
詳細はこちら

■資金調達の背景

アクティベートは「生きる世界の選択肢を増やす」をビジョンに掲げ、バーチャルタレント事業を運営してきた。アクティベートでは今回調達した資金を元に、バーチャルタレント事業だけではなく、5G時代到来に向け、VRライブシステム「Spectacle(仮称)」をはじめとするxR(VR、ARなどの総称)コンテンツ事業、海外事業展開を加速させることを目指す。Society5.0を支える5G情報通信インフラの整備により、さらなる普及が見込まれるxR領域において、バーチャルタレント事業で培ったノウハウを活用したコンテンツを開発していく。

既に人気を博しているバーチャルタレントのさらなる活躍の場を創出することはもちろん、フィジカル空間(現実空間)における多くの制約をバーチャル空間(仮想空間)で超え、できることを増やし、「生きる世界の選択肢を増やす」ことで、多くの人がよりワクワクできる世界の創出を目指していくという。今回、調達した資金の主な使途は以下の通り。

・xRコンテンツ事業の強化
・Spectacle(仮称)の開発
・海外事業展開の強化

■株式会社Tooとの業務提携

アクティベートは、株式会社Tooと業務提携を行い、バーチャルタレント事業におけるシステムソリューションの推進を目指す。株式会社Tooでは、CG・映像分野におけるソフトウエア、画像処理機器、制作支援サービスをはじめ、アナログ・デジタル問わずクリエイター向け製品の開発・製造・販売を行なっており、バーチャルタレント事業における機材ならびにシステムとサービスの提供や、バーチャルタレントとのコラボレーション商品の開発などを行う。

■Spectacle(仮称)について

「Spectacle(仮称)」は、マルチデバイス対応の次世代VRコンテンツ提供を目指して現在開発中のVRライブシステム。ハイエンドグラフィックをリアルタイムストリーミングで視聴可能なVRライブに加え、VRと同時にYouTube等オンライン動画プラットフォームにおける視聴でも、音楽ライブの体験価値を、映像品質担保や、インタラクション機能を有することで、リアルを超える5G時代ならではの高いユーザー体験を追求する。バーチャルタレントがこれまで以上に自身の魅力を発揮できるようなパフォーマンス空間の構築や、ファンとのコミュニケーションを深められる場の提供を目指している。

新着のニュース一覧