>   >  3ds Max 2021対応版「PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max」4.2.0リリース(ピー・ソフトハウス)
3ds Max 2021対応版「PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max」4.2.0リリース(ピー・ソフトハウス)

3ds Max 2021対応版「PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max」4.2.0リリース(ピー・ソフトハウス)

セル画のような表現を3DCGで実現するノンフォト リアリスティック レンダリング プラグイン「PSOFT Pencil+ 4 for 3ds Max」4.2.0がリリース。今回のアップデートでは機能追加といくつかの不具合の修正が行われている。Pencil+ 4登録ユーザーは無償アップデートとなる。
詳細はこちら

■新機能

カーブのレンダリング
スプラインやNURBSカーブを「アウトライン」として描画する機能を追加した。カーブを使用して3Dモデルに線を追加することが容易になる。
ラインのZ深度
「Pencil+ 4ライン レンダーエレメント」に「Z深度」を出力する機能を追加した。コンポジットソフトを使用して後処理で被写界深度を追加する場合などに活用できる。
ファイル出力する効果を選択可能に
これまで「Pencil+ 4ファイル出力」はシーン内の全ての効果をまとめて出力していたが、4.2.0では「Pencil+ 4ファイル出力」に効果単位で出力対象を指定する「出力する効果」機能を追加した。この機能追加により、EPS形式では効果ごとにファイルを分けて出力することができるようになる。PLD形式ではシーンに複数の効果がある場合に自動的にサフィックスを追加していたが、出力する効果を1つにすることで指定したファイル名で出力することができるようになる。

■前バージョンからの変更点

機能追加
3ds Max 2021に対応
カーブを「アウトライン」として描画する機能を追加
「Pencil+ 4 ライン レンダーエレメント」にZ深度を出力する機能を追加
「Pencil+ 4 ファイル出力」に効果単位で出力対象を指定する「出力する効果」機能を追加
修正点
シーン上のオブジェクトがファークリップ平面と交差する場合、「Pencil+ 4 マテリアル / ライン」の描画が正しく行われない場合がある不具合を修正
「Pencil+ 4 マテリアル / 高度な設定」の「ライト強度の制御」において、特定の操作手順の後、既定値のライトに意図せず影響が及んでしまう不具合を修正
「Pencil+ 4 マテリアル / ライン関連機能」の「隠線を可視線として描画」を使用したとき、アウトライン判定処理が正常に動作しなくなる不具合を再修正
コマンドパネルがフローティングしているとき、「ライン合成ヘルパー」の「ライン合成オプション」ダイアログを開いたまま特定の操作をするとクラッシュする場合がある不具合を修正
「Pencil+ 4 ライン レンダラー」のAPI上の軽微な修正

ほか、詳細はこちら

新着のニュース一覧