>   >  4K・ライブストリーミング配信に対応、浮かぶ巨大仮想スクリーンでマルチビュー視聴できる360度VRアプリ「パノミル」の新機能を公開(ピクセラ)
4K・ライブストリーミング配信に対応、浮かぶ巨大仮想スクリーンでマルチビュー視聴できる360度VRアプリ「パノミル」の新機能を公開(ピクセラ)

4K・ライブストリーミング配信に対応、浮かぶ巨大仮想スクリーンでマルチビュー視聴できる360度VRアプリ「パノミル」の新機能を公開(ピクセラ)

ピクセラは、360度パノラマ体験アプリ「パノミル」に、360度ライブ映像内に浮かぶ巨大な仮想スクリーンでサブカメラの映像をマルチビュー視聴する「MagicVision」(特許出願中)などの新機能をリリースした。さらに、収録済みのコンテンツを配信するVOD(ビデオオンデマンド)配信にくわえ、ライブストリーミング配信にも対応した。
詳細はこちら

■新感覚マルチビュー「MagicVision」

「MagicVision」は、メインとなる360度パノラマ映像の中に、巨大な仮想サブスクリーンを複数個表示し、サブカメラが撮影する様々なアングルからの映像を同時に再生し、マルチビュー視聴を実現する機能。スポーツの試合などで、まるでスタジアムにいるかのような臨場感を360度パノラマ映像で体験しながら、ゴール付近やベンチなどの様々なアングルの映像を、スタジアムに浮かぶサブスクリーンで同時に見ることができる。

■アップデート内容

「MagicVision」以外にも、これまでの実証実験で得られた全ての成果が「パノミル」に正式搭載された。

一般通信回線を介したVRライブストリーミングに対応
これまでの実証実験では、実験専用に作られたアプリと、閉じたネットワークをもちいた局所的なライブ配信にとどまっていたが、今回のリリースで一般的なインターネット回線と、公開版のアプリによるライブストリーミング視聴が可能になった。
4K/HEVC映像に対応
これまでの「パノミル」では、映像の解像度は最高でも2Kだったが、今回のリリースで撮影、配信とも4K映像を取り扱う事が可能になった。また映像圧縮方式については、これまでH.264のみのサポートだったが、新たにHEVCに対応し、高画質ながら通信帯域を抑えたストリーミング配信が可能となった。
3D立体視動画に対応
2016年の実証実験にて取り組んだ「ステレオスコピック3D撮影」を、「パノミル」に正式搭載。今回のリリースで、パノラマ映像の立体視が可能になった。

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。