>   >  3DCG特化型クラウドソーシング「CGクラウド」を開発中のTANOsim、EastVentures・デジタルハリウッドから第三者割当増資を実施
3DCG特化型クラウドソーシング「CGクラウド」を開発中のTANOsim、EastVentures・デジタルハリウッドから第三者割当増資を実施

3DCG特化型クラウドソーシング「CGクラウド」を開発中のTANOsim、EastVentures・デジタルハリウッドから第三者割当増資を実施

TANOsimは、EastVenturesおよびデジタルハリウッドを割当先とする第三者割当増資を実施した。同第三者割当増資で調達した資金により、さらなる経営基盤の強化を図るとともに、2017年8月よりサービスを開始した「CGクラウド」クローズドβ版に向けて、人材や独自システム等の開発体制を強化する予定だ。
詳細はこちら

■「CGクラウド」とは

「CGクラウド」は、これまでなかったハイエンドな3DCGに特化し、3Dクリエイターが時間や場所に囚われずに仕事ができるクラウドソーシングサービス。映像/ゲーム/VR/AR/MR/3Dプリンタなど今後成長産業として見込まれている3DCG技術をインターネットを通じて制作可能としている。CGクラウドは3DCGに特化した独自技術を採用。品質の担保や価格競争を発生させずクリエイターファーストの新しいサービス構築を根底に考え、Web上で企業とクリエイターが自由に交流できるツールとして安定した受発注が可能となるサービスだ。

CGクラウドβ版事前登録を受付中
2017年8月よりCGクラウドβ版事前登録を受付中だ。3DCG制作を発注したい企業や受注したいクリエイターはクローズド版で登録できる。「CGクラウド」は、国内からサービスをスタートするが、発注は海外からも対応している。海外版(英語版/中国語版/韓国語版)は現在準備中。

「CGクラウド×Lab」
「CGクラウド×Lab」は企業向けサービス。こちらはスーパークリエイター集団による高品質・大型案件制作ラボとなる。クリエイティブディレクターを中心として、見積、提案、デザイン、企画、受注、制作までを高品質・短納期・低価格で提供する。3DCGを利用したい企業の、あらゆる"困った"を解決する。

新着のニュース一覧