>   >  空間3D撮影サービス「INTO(イント)」、2020年1月よりサービス開始(野原住環境)
空間3D撮影サービス「INTO(イント)」、2020年1月よりサービス開始(野原住環境)

空間3D撮影サービス「INTO(イント)」、2020年1月よりサービス開始(野原住環境)

野原住環境株式会社が運営する空間3D撮影サービス「INTO(イント)」が、2020年1月よりサービスを開始する。(
詳細はこちら

■概要

「INTO(イント)」は、建築・不動産に関わる様々なモノ・コトを知り尽くした「野原住環境」が運営する空間3D撮影サービス。同社は、建築・不動産業界の両視点に立ち(1)不動産支視点では、建築的な魅力の訴求を補い、物件の集客・入居・販売促進をサポートするツールとして、(2)建築視点では、現場調査時の正確な情報共有や竣工物件のバーチャルギャラリー等、図面ではなく映像で記録をストックする新しいツールとして、対象物件の入口から出口(企画~工事~集客・販売~アフター・管理)までワンストップでサポートする。

サービス内容
①あらゆる建物の内観を360°3Dスキャンし、Webサイト・スマートフォン・VRゴーグルでいつでもどこでも実空間を疑似体験できるギャラリーを提供する
(1)ウォークスルー動画:物件内部にいるかのような動画体験
(2)ドールハウス(鳥観図):好きな角度から物件の隅々を確認
(3)平面図
②空間内を移動するウォークスルー、写真・動画やURLの埋め込み等、入居募集や集客などのプロモーションに役立つ充実のギャラリーコンテンツを作成する
ポイント
①臨場感あふれる3Dコンテンツ
高性能カメラで撮影された3D映像によって、実際の空間をよりリアルに感じることができる
使用機器:米国Matterport(マターポート)社製 R02 3Dカメラ
②空間上で様々な情報提供が可能
1500社以上のメーカーを取り扱う野原グループのノウハウをもとに、様々な建材、設備機器の情報などを空間にタグづけできる
③バーチャル展示場を手軽に開設
撮影時間
80平米までの場合:約1.5時間
※建設現場のルール(建築中物件でのヘルメット・作業着・安全帯着用や現場入場ルール)、業界習慣を熟知した人員による撮影なので安心
費用
5万円~(税抜)※80平米までの撮影、5箇所までの情報タグ付け費用を含む

詳細はこちら

新着のニュース一覧