>   >  クラウドファンディングを通じたハードウェア制作支援プログラム「SPARKS by BOOSTER STUDIO」開始(CAMPFIRE)
クラウドファンディングを通じたハードウェア制作支援プログラム「SPARKS by BOOSTER STUDIO」開始(CAMPFIRE)

クラウドファンディングを通じたハードウェア制作支援プログラム「SPARKS by BOOSTER STUDIO」開始(CAMPFIRE)

株式会社CAMPFIRE株式会社パルコと共同運営する実証実験特化ショールーム「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE(ブースタースタジオ バイ キャンプファイヤー)」は、専門学校や社会人向けスクール、企業のインキュベーションプログラムなどと連携し、ハードウェア制作を志向する個人や企業に向け、クラウドファンディングを通じて開発者を支援するプログラム「SPARKS by BOOSTER STUDIO(スパークス バイ ブースタースタジオ)」を開始した。
詳細はこちら

■「SPARKS by BOOSTER STUDIO」について

ハードウェア開発は時間的・経済的な負荷が多く、製品化にたどりつくまでには、市場性や資源調達など様々なハードルがある。また、開発資金を調達し、実際の製品化に成功したプロジェクトであったとしても、資金不足を理由に「受注生産や予約販売」など、確実に販売が決定している少数しか制作できずに、世に知られないまま埋もれてしまう製品も少なくない。そのような作品に着目し、身の回りの大小様々な課題を解決するようなバラエティに富んだハードウェア製品を世に輩出する手助けをすべく、この度専門学校/スクールや企業と連携し、クラウドファンディングを通じてハードウェア制作を支援する「SPARKS by BOOSTER STUDIO」を開始する。

同プログラムでは、専門学校/スクールや企業の既存プログラムの一部としてクラウドファンディングへの展開を盛り込み、実際にプロジェクトとして「CAMPFIRE」上でクラウドファンディングを行う。また、クラウドファンディングに成功したプロジェクトは渋谷PARCO内の「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」にて展示予定だ。「実験的な良いアイデアがあるけど時間と費用がないから挑戦しづらい」、「これまで受注販売で生産してきたが、もっとたくさんの人に広めたい」などのニーズに応え、クラウドファンディングを通じてより多くのユニークで新しいアイディアの製品化、および市場流通を推進していく。

■「プロトアウトスタジオ」連携プロジェクト紹介

第一弾としてプロトタイピング(試作開発)専門スクールの「プロトアウトスタジオ」と連携し、2019年12月8日より12件のプロジェクトを順次開始する。
一覧はこちら

新着のニュース一覧