>   >  日本初の公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)
日本初の公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)

日本初の公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン)

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、日本初のUnity公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設した。主に企業向けの日本語によるUnity公式トレーニングワークショップなどの拡充を図っていく。
詳細はこちら

■企業が抱えるUnityに対する教育ニーズをサポート

これまでも同社は、企業向けのUnity公式トレーニングワークショップを同社オフィスや顧客様の指定場所で開催してきたが、Unityの利用用途が広がるにつれ教育ニーズも拡大してきた。こうしたニーズに対応すべく、Unityによる公式の教育施設を新規開設し、各種トレーニングの機会を増やしていく。

施設概要
施設名:Unityトレーニングセンター 品川
所在地:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 7F & 8F
施設運営:株式会社シーディングソフテック

受講可能なトレーニングワークショップの一例
「3Dインタラクティブ開発入門」
受講想定者:建築設計、エンジニアリング、建設業従事者
Lowe's や IKEA、Home DepotなどのホームセンターのWebサイトでよく見られる小規模なキッチンコンフィギュレーターを作成。Unityを使ってシンプルながら洗練されたコンフィギュレーターを構築し、高品質な3Dインタラクションを効率よく、最適な形で作成する方法を学ぶ。
「自動車デザインビジュアライゼーションの概要」
受講想定者:自動車業界のアーティスト、デザイナー
UnityエディターとPiXYZワークフローについて集中的に学ぶ入門ワークショップ。ガレージ内のコンセプトカーを表示するインタラクティブなシーンを作成した後、シーン内でユーザーが変更とインタラクションを行えるようにするためのユーザーインターフェイスを作成する。プロジェクトの作成を通して、ユーザビリティ一般からPiXYZ PLUGINなどのツールを使用したビジュアルの開発、HDレンダーパイプライン(HDRP)、ライティング、マテリアルの使用まで、Unityエディターの操作における重要な要素を学習する。

新着のニュース一覧