>   >  フリーランスのクリエイターを常時キープできるサービス「ランサーユニット」、2020年1月よりサービス開始(デジタルハリウッド)
フリーランスのクリエイターを常時キープできるサービス「ランサーユニット」、2020年1月よりサービス開始(デジタルハリウッド)

フリーランスのクリエイターを常時キープできるサービス「ランサーユニット」、2020年1月よりサービス開始(デジタルハリウッド)

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社が提供する、デジタルハリウッド在校生・卒業生のための様々なワークスタイルを実現するためのマッチングサポート「xWORKS(エックスワークス)」では、フリーランスのクリエイターを自社での直接雇用をすることなく、常駐スタッフのように業務の依頼ができるサービスを、2020年1月より開始する。
詳細はこちら

■概要

「副業解禁」など働き方が多様化し、採用難を感じている企業が多く存在するなか、とくにクリエイティブ人材領域は、フリーランスとして独立をして働いている人も多く、雇用が難しくなってきている現状がある。そのような中でフリーランスを活用したいと考えながらもフリーランスへの発注ノウハウがなく、一歩を踏み出せていない企業担当者も多く、また、クラウドソーシングなどの普及により、個人への仕事発注ができる機会は増えた一方で、良いフリーランスと出会う機会がないというケースも見受けられる。デジタルハリウッドでは、このような状況を解決するためにフリーランスの「ランサーユニット」を企業に提供するサービスを展開する。

「ランサーユニット」とは
契約をした企業専用に、デジタルハリウッドの卒業生を中心としたフリーランスのクリエイター(エンジニアを含む)を1名~5名のユニットで確保し、企業側はいつでもユニット内のクリエイターへ案件が発注できるサービス。

■サービスの概要

1.クリエイターの確保(月額制)
契約企業は、想定案件のレベルに合った複数のフリーランスクリエイター(エンジニアを含む)のユニット(1~5名)を常時キープし、いつでも案件の発注ができる状態を提供する。
2.9万人のネットワークからクリエイターを募集・選定
デジタルハリウッドの専門スタッフが案件内容を整理し、必要なスキル・経験に合致するクリエイターを、デジタルハリウッドの9万人以上いる卒業生のネットワークからフリーランサーおよび副業(複業)人材に絞って募リ、応募の中から候補者を絞って選定代行する。最終的には契約企業が選定しユニットメンバーを確定する。対応分野はグラフィックデザイン、Webデザイン、CG、プログラミング、Web・SNSマーケティング、動画など。コンテンツやWebサービスに関わる幅広いスキルの人材を提供する。
3.直接契約
案件が発注した際は、契約企業とフリーランスにて直接契約、直接清算となる。企業・フリーランス・デジタルハリウッド間のコミュニケーションは、Slackとフリーランス管理ツール(Pastureなど)を活用し、スムーズかつオープンに行う。
4.ユニットのリフレッシュ
3ヵ月に一度、想定案件の見直しおよびユニットのリフレッシュを行う。クリエイター側は参画のチャンスが増え、企業側はより適正なクリエイターをキープすることができる。

サービス利用企業の事例ほか、詳細はこちら

新着のニュース一覧