>   >  慣性式モーションキャプチャ「Xsens MVN」メジャーアップグレード発表(ゼロシーセブン)
慣性式モーションキャプチャ「Xsens MVN」メジャーアップグレード発表(ゼロシーセブン)

慣性式モーションキャプチャ「Xsens MVN」メジャーアップグレード発表(ゼロシーセブン)

2009年の発売より、国内外で多くのユーザーに愛用されている「Xsens MVN」が、新しい超小型高精度センサーとセンサーフュージョンアルゴリズムを刷新し、新たなMVNシリーズとして生まれ変わった。新しいMVNシリーズは「Xsens MVN Link(WiFi通信:最大240fps:Zip式フルボディスーツ)」と「Xsens MVN Awinda(ZigBee通信:完全ワイヤレス:最大60fps:ストラップベルト式)」、2つのハードウェアから選択可能だ。
詳しくは こちら



■ 「Xsens MVN」の特長

1.高さ情報の取得が可能に(共通仕様)
高精度のバロメーター(気圧センサー)の搭載により、これまでリアルタイムでは不可能だった高さ情報の取得が可能になった。平地から階段の昇降、鉄棒へのぶら下がり、壁のよじ上りなど、一連の動作がリアルタイムに高精度に取得できる。これにより、カメラ式では現実的ではない10mや30mなどの高さ移動のあるモーションの収録も可能に。
2.超小型/高精度の慣性センサ(ジャイロ/加速度/地磁気)の搭載(共通仕様)
最新の高精度ジャイロスコープを搭載し、特許取得のセンサーアルゴリズムを一から設計し直した結果、従来より高精度なデータ出力が可能になった。より信頼性の高いジャイロ計の情報を多く用いることにより、地磁気計の情報を低減でき、結果、磁場耐性の向上が計られているので、磁場の乱れが大きな空間でも使用が可能になる。移動値のドリフトは実測比で従来より1/2以下に低減しているので、データの信頼性がさらに向上した。サンプリングレートは最大240fps(Link)と60fps(Awinda)に向上したので、よりダイナミックで素早いモーションもきれいに収録できる。またLink/Awinda共にセンサーは体積比で約1/4の大きさになっているので、外見もよりスタイリッシュに。
3.進化したフルボディスーツ/ストラップベルト(共通仕様)
「MVN Link」は全身用フルボディスーツにて提供される。スーツの外側からジッパーにてセンサーの脱着ができるので、これまで面倒だった事前準備(センサーの取り外しや装着)がより楽に行える。また、グローブも内側が革製の仕様になり、小道具を持ったときのグリップ感も向上している。足の甲に装着するセンサーホルダーも改良され、より激しいステップにも対応し、ほとんど滑りのない高い接地データを供給する。「MVN Awinda」は全身用ストラップベルトにて供給。滑りのないベルトに改良され、衣服の上からでも装着できるので、収録日に複数アクターでの着回しにも対応する。また腰に装着する送信機やバッテリーも不要なため、さらなるアクターフレンドリー性を実現した。
4.バッテリーライフの向上(共通仕様)
これまで面倒だったバッテリー交換ももはや不要に。Linkでは、1つの小型専用バッテリーを採用し、フル充電時で最大9.5時間のバッテリーライフを実現。Awindaでは各センサーに内蔵されたバッテリーで最大6時間(従来は3時間)駆動するので、収録日にバッテリーの入れ替え等をする必要もなくなり、演者、ディレクターは、より演技に集中できる。
5.ワイヤレス通信の安定(Link)
従来の通信プロトコルBluetoothからWiFiに変更となった。2.4GHz帯域と5GHz帯域両方をサポートしているので、現場の通信環境に応じて設定を変更して使用できる。これによりこれまで困難だった大規模会場や遮蔽物のある部屋などでも安定したワイヤレス通信にて使用することができる。
6. GPSの搭載(Link)
「MVN Link」には、送信機(ボディーパック)にGPSセンサーを搭載。リリース直後はこの機能は使えないが、将来的なソフトウェアへの機能搭載により、GPSを使った位置補正機能を搭載予定だ。車のドライバーのモーション&移動地の取得や、広いフィールドでのX、Yポジションの補正機能として使用できるようになる。
7. 選べるソフト/ハードの組み合わせ
新しいMVNでは、ハード(AwindaまたはLink)とソフトウェア(MVN Studio通常版またはMVN Studio Pro版)の組み合わせで購入できる。これにより、ソフト1ライセンス、ハード2台以上などの構成/ハードの追加購入の際に従来よりも求めやすい価格での提供が可能となった。また、ソフトウェアはLifeTime License(永久ライセンス)とSubscription License(使用期限1年)も用意。最低価格で保守込みでのトータル300万円を切るプライスでの提供も可能となる(詳細は、11月26日の新製品発表会にて案内)。



■ 製品紹介イベントについて

●11月23日(日)「CGWORLD 2014クリエイティブカンファレンス」
場所:文京学院大学 本郷キャンパス(〒113-8668 東京都文京区向丘1-19-1) 時間:13:00~18:30(受付開始12:00)
http://cgw.borndigital.jp/2014
●11月26日(水)「Xsens新製品発表会」
場所:ゼロシーセブン Linkage-047(〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 TheHexagon 8F)
時間:16:00~18:00(受付開始15:30)
http://linkage-047.jp/#access



■ 関連 URL

・「Xsens MVN」
 http://zeroc7.jp/products/mvn3
・ゼロシーセブン株式会社
 http://www.0c7.co.jp

新着のニュース一覧