>   >  MODO最新バージョン「MODO 11シリーズ」リリース(The Foundry)
MODO最新バージョン「MODO 11シリーズ」リリース(The Foundry)

MODO最新バージョン「MODO 11シリーズ」リリース(The Foundry)

MODO 11シリーズの最新バージョン、MODO 11.0v1がリリースされた。MODO 11ではMODO 10シリーズと同様、現時点では複数回のフィーチャーセットのリリースが予定されており、シリーズを通してパフォーマンスの向上、最適化、ワークフローの改善などが予定されている。
詳細はこちら

■概要

今回のバージョンから新たな製品ライセンスとして、旧バージョンを持っているユーザーのための「MODO メンテナンス」、1年間期間ライセンスの「MODO サブスクリプション」がリリースされることとなった。この最新バージョンMODO 11.0v1を日本国内のユーザーにもいち早く届けるべく、MODO JAPAN GROUPでは4月24日(月)より既存ユーザーのために「MODO メンテナンス」を先行予約として受注開始した。
※4月24日(月)からMODO取扱販売代理店より先行予約として受注を開始し、4月27日(木)より出荷開始となる。同社オンラインショップでの販売開始も4月27日(木)

この先行販売キャンペーンでは、通常価格の5,000円オフで「MODO メンテナンス」が提供される。「MODO 11」はアクティベーションキーの都合上、5月15日(月)から発売開始となるため、「MODO メンテナンス」を先行販売で購入したユーザーには、30日間テンポラリライセンスが提供される。「MODO 恒久ライセンス」および「MODO サブスクリプション」の販売は5月15日(月)からを予定。

新着のニュース一覧

  • 3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    ツール

    3DCG制作者向けレンダリングワークステーション「SuperPC RYZENX」発売(JUNS)

    JUNSは、高速なレンダリング処理を行うRyzen7プロセッサを搭載し、3DCG制作に最適化したワークステーション「SuperPC RYZENX」を発売した。「SuperPC RYZENX」は、高度なアニメーション制作や物理シミュレーション、解像度の高まる3Dビジュアルやタイトルモーションなど高精細な3DCG映像表現を求める制作者へ向けた、パワフルかつ最もコストパフォーマンスに優れた高速レンダリングマシン。AMDのZENマイクロアーキテクチャを採用した8コア16スレッドプロセッサ Ryzen7を搭載し、レンダリングやモデリングにかかる時間を短縮。"すべての制作者を待ち時間から解放する"をキーワードに企画・設計されたモデルだ。