>   >  ジュエリー・小物雑貨向け新撮影システム「3D Rail」、「フォトベンチ120・ フォトベンチ120_spin」を販売開始(Ortery)
ジュエリー・小物雑貨向け新撮影システム「3D Rail」、「フォトベンチ120・ フォトベンチ120_spin」を販売開始(Ortery)

ジュエリー・小物雑貨向け新撮影システム「3D Rail」、「フォトベンチ120・ フォトベンチ120_spin」を販売開始(Ortery)

商品撮影分野において唯一の撮影自動化を実現するシステムであるフォトオートメーションを販売する、アポロクリエイトは2017年7月1日より国内向けに新商品ラインアップの販売を開始した。
詳細はこちら

■販売の背景

ライトボックスとカメラを専用ソフトウェアにて制御し、パソコンのマウス操作のみで撮影業務を実現するフォトオートメーション・シリーズの撮影システム。2010年の販売開始以来、ショッピングサイト用商品画像の撮影から画像編集まで自動化するシステムとして多くの場面で活用されてきた。その後、より効率的な撮影業務を実現するためにハード、ソフトともにバージョンアップされ、必要な角度からの静止画撮影を自動化する機能や背景自動処理機能、データ保存設定のプリセット機能などが追加されてきた。今夏、多くの日本国内導入ユーザーのフィードバックをもとに、ジュエリーや、小物雑貨をフォローする手頃なサイズのバリエーション機がラインアップされた。

■商品の特長

「3D Rail」
「3D Rail」はジュエリーなど小物の撮影に特化した撮影システムである「フォトベンチ60(以下、PB60)」用に開発された、カメラ自在移動システム。「PB60」本体へ取り付けることにより0度から90度までの俯瞰撮影(1.5度刻み)を可能にする撮影補助レールになる。レール本体にカメラ取付アタッチメントが付属し、アングルの調整と固定を容易にする。繰り返し同じアングルの撮影を行う中で被写体を撮る角度が人によって変わってしまうという課題を解決し、さらに、三脚不要となることで、オフィスへの導入を容易にする。
「フォトベンチ120」
「フォトベンチ120」は時計、メガネ、アクセサリーから小型バッグまでをフォローするサイズのデスクトップ型撮影スタジオであり、演色性の高いLED照明を使用することにより被写体そのものが持つ色を正確に再現する。安定した照明環境下での撮影、それに付随する背景処理、リサイズ、必要な形式のデータの同時出力などまでも自動化する次世代の商品撮影システム。開口部を大きくとり、小物雑貨などの画像撮影を容易にした製品だ。
「フォトベンチ120 spin」
「フォトベンチ120 spin」は「フォトベンチ120」の機能に加え、正面・横・背面などの必要な角度からの撮影の自動化を実現し、さらにはショッピングサイトでのユーザー満足度を高める360度ビュー生成までをも可能とする、ターンテーブルが付属している。多くの企業が導入する360度ビューの生成機能を搭載した機材を低価格で実現した。

■仕様概要

「3D Rail」(PB60用)
寸法(L × W × H):50.8cm × 76.2cm × 68.6cm
製品詳細URL:http://www.photosimile.jp/products/360/pb60.php
価格:480,000円
「フォトベンチ120」
寸法(L × W × H):61cm × 61cm × 71cm
内部寸法:40.6cm × 50.8cm × 52.0cm
耐荷重:20.4kg
製品詳細URL:http://www.photosimile.jp/products/still/pb120.php
価格:748,000円
「フォトベンチ120 spin」
寸法(L × W × H):61cm × 61cm × 71cm 内部寸法:40.6cm × 50.8cm × 52.0cm(120本体内部寸法)、39.9cm × 39.9cm × 8.3cm(ターンテーブル寸法)、39.9cm × 39.9cm × 43.5cm(ターンテーブル内蔵寸法)
ターンテーブル耐荷重: 11.3Kg
製品詳細URL:http://www.photosimile.jp/products/360/pb120-spin.php
価格:1,078,000円

新着のニュース一覧