>   >  AR/VRコントローラー開発環境「ヴルームSDK」無料配信サイトを開設(ワンダーリーグ)
AR/VRコントローラー開発環境「ヴルームSDK」無料配信サイトを開設(ワンダーリーグ)

AR/VRコントローラー開発環境「ヴルームSDK」無料配信サイトを開設(ワンダーリーグ)

スマートフォン向けAR・VRハードウェア、ソフトウェアをワンストップで提供する、株式会社ワンダーリーグは、エレコム株式会社が販売するAR単眼ゴーグルとARアプリ専用コントローラーで、iOS 11対応のARKit技術を活用したコントローラー体験などが簡単に実装できる開発環境、「ヴルームSDK」の配信サイトを開設し無料ダウロード提供を開始した。「ヴルームSDK」は、無料で(※ビジネス利用に関しては別途条件有り)ダウンロードサイトより自由にダウンロードして利用可能だ。
詳細はこちら

■「ヴルームSDK」とは

「投げる、切る、打つ」といった動的な機能実装や、パネル表示などのUIをアプリに機能追加するためのUnity用開発ツール。iOS/Android両OSに対応している。iOS向けにオープンに使えるモーションコントローラーSDKは他に存在せず、iPhone向けゲームなどが簡単に開発できるようになっている。ヴルームSDKは無料で公開されている。

■「AR単眼ゴーグル」と組み合わせて、ルームスケール新体験

iOS 11搭載ARKitをベースに、AR単眼ゴーグルと専用コントローラーを組み合わせ、スマホARでルームスケール機能をフル活用したゲームを2本(『ARブレードガンナー』、『ARスタースマッシュ』)提供している。

『ARブレードガンナー』
ゲーム概要: iPhone対応のシューティングゲームアプリとなり、現実空間上に現れるモンスターと3mの範囲内を自由に動きながら戦う。
デモムービー:https://www.youtube.com/watch?v=uVkzZMpZow8
配信:エレコム
企画開発:ワンダーリーグ

『ARスタースマッシュ』
ゲーム概要:ステージ内の指定された位置にある星マークのパネルを打ち抜く体験を行うゲームとなり、現実空間上に現れるARステージを実際に動き回ってARスポーツを体験できる。
デモムービー:https://youtu.be/at4YAVMiciU
配信:エレコム
企画開発:ワンダーリーグ

このようなゲーム体験がAR単眼ゴーグルで実施可能だ。またワンダーリーグでは、企業のイベントやキャンペーン向けゲームやなど開発サポートも行なっている。

新着のニュース一覧