>   >  HDR映像制作用の31.1型4Kモニター「ColorEdge CG319X」発売(EIZO)
HDR映像制作用の31.1型4Kモニター「ColorEdge CG319X」発売(EIZO)

HDR映像制作用の31.1型4Kモニター「ColorEdge CG319X」発売(EIZO)

EIZO株式会社は、映像制作向けHDRに対応した31.1型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG319X」を2018年5月23日に発売する。価格はオープン(※EIZOダイレクト販売価格 CG319X 594,000円)。
詳細はこちら

■製品概要

ColorEdge CG319X(以下、CG319X)は、ColorEdge CG318-4Kの後継機種で、デジタルシネマ規格であるDCI 4K(4096×2160)解像度の31.1型4Kハイエンドモデル。映像制作をはじめ、写真、デザイン、印刷などクリエイティブワークに携わる法人向けに、優れた表示性能と使いやすさを向上させた。映像制作市場向けの新機能として、HDR映像コンテンツ制作に必要なHDR入出力特性(ガンマ)である、PQ方式、Hybrid Log Gamma方式に対応。その他の新機能として、測定精度を向上させた内蔵キャリブレーションセンサーを採用し、経過時間による表示のずれを高い精度で補正する。さらに、AI(人工知能)を活用し、正確な表示を維持。また、CG319XはHDMI端子、DisplayPort端子どちらもケーブル1本でDCI 4K/60p入力に対応している。使いやすさに配慮した特長として、静かな環境でユーザーが作業に集中できるよう換気用のファンがない設計を実現した。また、従来機種よりも安定性を向上させた新スタンドを採用している。

■展示会情報

米国で開催される世界最大の映像放送機器展「NAB Show 2018」と、国内最大の映像制作・放送向けイベント「After NAB Show 2018」にブースを出展し、CG319Xを初展示する。
NAB Show 2018:2018年4月9日~12日 EIZOブース「SL15713」
After NAB Show 2018 Tokyo:2018年5月23日~24日

新着のニュース一覧