>   >  映像制作用HDR表示に対応、軽量・スリム化した27型モニタ「ColorEdge(カラーエッジ) CG279X」発売(EIZO)
映像制作用HDR表示に対応、軽量・スリム化した27型モニタ「ColorEdge(カラーエッジ) CG279X」発売(EIZO)

映像制作用HDR表示に対応、軽量・スリム化した27型モニタ「ColorEdge(カラーエッジ) CG279X」発売(EIZO)

EIZO株式会社は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge(カラーエッジ) CG279X」を2018年11月2日に発売する。価格はオープン(参考価格 EIZOダイレクト販売価格 CG279X 231,984円)。
詳細はこちら

■概要

ColorEdge CG279X(以下、CG279X)はCG277の後継機種で、映像制作やプロフェッショナルフォト、プリプレスなど、ワークフローを通じて厳密な色管理が求められる法人のクリエイティブワークを対象とした27型プロフェッショナルモデル。映像制作市場向けの新機能として、映像制作用のHDR表示に対応。映画や放送の国際規格に準じる専用カラーモードも標準搭載することで、幅広いコンテンツの編集・プレビュー確認が容易に行える。その他の進化ポイントとして、測定精度を向上させた新型内蔵キャリブレーションセンサーを搭載し、経過時間による表示のずれを高い精度で補正する。さらに、AI(人工知能)を活用した表示安定化機能により、正確な表示を維持する。加えて、CG279XはColorEdgeシリーズとして初めてUSB Type-C端子を搭載。USB Type-C対応のPCと接続する場合、ケーブル1本で映像、USB信号を伝送できるようになった。さらに、筐体デザインを刷新することで大幅なスリム化と軽量化を実現。具体的には、従来機種に比べて下部ベゼル幅は約46%スリム化し、重さは約19%軽量化している。また、可動域の広い新スタンドを採用し、ユーザーの使いやすさを一層向上させた。ソフトウェア面では、今回同時にリリースした専用カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応し、用途に合わせて適切な目標値に手間なく正確にキャリブレーションできる。

2018年11月14日から開催される国内最大の放送機器展「Inter BEE 2018」の当社ブースにて、CG279Xを国内で初めて展示する。

■CG279Xの主な特長

従来機種CG277からの進化ポイント
・映像制作をサポートするHDR表示に対応
・DCI-P3、BT.2020を含む映像制作専用カラーモードを搭載
・1300:1の高コントラスト比で、深い黒色を再現
・より測定精度の高いキャリブレーションセンサーを内蔵
・セルフキャリブレーション時も、事務作業が可能
・カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 7」に対応
・AIを活用することで常に安定した表示を実現
・電源を入れてからわずか3分※4で、すばやく表示を安定
・USB Type-C端子を搭載した豊富な入力端子
・使う人にやさしい軽量・スリム化したフラットなデザイン
・ワンタッチで取付けできるマグネット式遮光フードを付属

従来機種から踏襲する基本性能
・3D-LUTを活用した正確な色表示
・個別調整で実現する、滑らかな階調表現
・画面の隅々まで均一に表示
・さらに豊かな色再現ができる10-bit入力に対応
・作業コンテンツの入力信号やカラー情報を自動で通知
・ほぼ真横から見ても、色変化が少ないアンチグレアIPSパネル
・表示のちらつきが気になりにくい調光方式を採用
・ズーム機能や色域外警告機能など映像制作専用機能を搭載
・安心の5年間保証に加えて、購入から6か月の無輝点保証を用意

新着のニュース一覧

  • 産業向けVRセミナー「ますます広がるVRの実務と応用」開催(デル)

    イベント

    産業向けVRセミナー「ますます広がるVRの実務と応用」開催(デル)

    デル株式会社は、10月30日(火)に御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンターにて、産業向けVRセミナー「ますます広がるVRの実務と応用」をエヌビディア合同会社と共同開催する。実用化が進み、あらゆる業界でVRが活用され、産業分野におけるVRは身近になりつつある。産業向けVR/ARは市場規模が拡大されると予測されており、訓練をはじめ医療、建築、デザイン、製造、映画などの各分野で利用されている。こうした背景を踏まえ、VR-Readyワークステーション「Dell Precision」を提供するデルでは、この市場の活性化をさらに推進するべく、産業用VRセミナーを開催する。同セミナーでは、日本のVR/AR市場でどのようなことが起こり、今後どうなっていくのか、各業界におけるVR/ARへの取り組み事例や実状について紹介する。