>   >  FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」販売開始、プリント治具制作の内製化ほか幅広い用途で活躍(ミマキエンジニアリング)
FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」販売開始、プリント治具制作の内製化ほか幅広い用途で活躍(ミマキエンジニアリング)

FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」販売開始、プリント治具制作の内製化ほか幅広い用途で活躍(ミマキエンジニアリング)

株式会社ミマキエンジニアリングは、Sindoh社との共同ブランド3Dプリンター「3DFF-222」の販売を2019年4月末より開始する。
詳細はこちら

■概要

「3DFF-222」はFFF(熱溶解積層)方式(※フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し、積層することで立体物を成形する方式)で最大造形サイズが210mm×200mm×195mm(W×D×H)のデスクトップ3Dプリンター。形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、同社フラットベッドUVプリンターと組み合わせて使うことで、プリントビジネスに役立つ様々な提案が可能となる。

造形したプリント治具を使うことで、一点物の治具を安価に作成できるため、プリント品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献。また造形物に対してUVプリンターで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成できるため、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにつながる。

造形用のフィラメントは、同社純正PLAフィラメントを使用できる。PLAはPoly-Lactic Acid(ポリ乳酸)の略で、トウモロコシやジャガイモに含まれるデンプンなどを原料にした植物由来のエコプラスチック。硬く、反りづらいという特性から前述の治具作成などに適している。

販売予定価格210,000円(税別)
販売開始2019年4月末

新着のニュース一覧