>   >  写真・映像編集向け27インチWQHDカラーマネジメントディスプレイ「SW270C」を新発売(ベンキュージャパン)
写真・映像編集向け27インチWQHDカラーマネジメントディスプレイ「SW270C」を新発売(ベンキュージャパン)

写真・映像編集向け27インチWQHDカラーマネジメントディスプレイ「SW270C」を新発売(ベンキュージャパン)

ベンキュージャパン株式会社(以下、BenQ)は、AQCOLORディスプレイの新製品として、ハードウェアキャリブレーション対応、27インチ WQHD 写真・映像編集向け液晶モニター「SW270C」を、8月8日より発売する。
詳細はこちら

■製品概要

プロクリエイターの高い要求に応えるべく設計された「SW270C」は正確な色表現にフォーカスしたBenQ AQCOLORシリーズの最新モデルとなり、Adobe RGB 99%、DCI-P3およびDisplay P3 97%、Rec.709およびsRGBカバー率100%の広い色空間を実現した。複数の色空間のカラー標準に対応しているため、写真編集や印刷物、映像編集など、さまざまな用途に必要な色を正確に表現する。またさらに進化した16 bit LUT(ルックアップテーブル)により10 bit色深度の表現力を活かし、滑らかで豊かな階調表現が可能となった。

映像編集に最適なHDR 10、1080/24Pリアル再生にも対応し、ラフカットの編集から、エフェクトの追加、色の編集、合成まで、すべての工程において、抜群の精度で色合いがレンダリングされ、写真編集だけでなく映像の編集作業にも最適のモデルとなる。また「SW270C」は最新のムラ補正技術を使用して工場の製造段階で一台一台色の微調整を行い、輝度と色の両方において均一なユニフォーミティを実現した。

機能面では、エルゴノミクスメニュー設計や遮光フード(横のみ)も標準装備し、新しくなったOSDコントローラーのホットキーパックG2、60Wの給電が可能なThunderbolt 3対応のUSB Type-Cポートを搭載、さらに3種類のプリセットされたモノクロレベルで写真をプレビューすることができるモノクロモードなど、フォトレタッチやビデオ編集の作業効率を上げるためのさまざまな便利機能を装備し、快適でベストな作業空間を提供する。

「SW270C」
機種名:SW270C
サイズ:27インチ
カラー:ダークグレイ
発売日:2019年8月8日
想定売価:オープン価格

■「SW270C」の主な特長

27インチ大画面 2560×1440(WQHD)解像度
「SW270C」は、高画質の2560×1440(WQHD)解像度によって得られる鮮明なディテールで、レビューや微細な編集も可能になる。広々とした大画面ディスプレイで見やすく、映像や画像の編集作業もはかどる
AQCOLOR
BenQは、プロフェッショナル向けのカラー標準に対応するため、正確な色再現、キャリブレーション、認証カラーのコンビネーションを有するプロ向けAQCOLORシリーズを展開している。またカラーエキスパートを招聘し、ICC(International Color Consortium)やISO(International Standard Organization)にも積極的に参加することで、色に関連する基準の確立を進めていく
Rec.709/sRGB 100%、DCI-P3/Display P3 97%、Adobe RGB 99% カバーの広色域
「SW270C」はAdobe RGB 99%、sRGB/Rec.709100%カバーに加え、DCI-P3/Display P3色域を97%までカバーしている。複数の色空間のカラー標準に対応しているため、写真編集や印刷物、映像編集に必要な色を正確に表現することが可能だ。Display P3色域の忠実再現を実現した上、Thunderbolt 3対応のUSB Type-C接続可能でMac製品との相性が抜群
16-bit LUTによるDelta E≦2の厳密な色再現
16 bitまで進化したルックアップ・テーブル(LUT)を採用することで、RGBのカラーブレンド精度が向上し、完璧な色再現が可能になった。Adobe RGBやsRGB色空間内のDelta E≦2が、オリジナルのイメージが持つ真のカラーを表現する
スムーズなカラーグラデーションを可能にする10ビット色深度
「SW270C」は、16-bit LUT を備えた10 bit パネルを採用している。ガンマ補正により、滑らかでスムーズなカラーグラデーションを提供し、10億を超える色が自然な色の移行と微細なシェーディングにより美しく再現される
ムラ補正技術による均一なユニフォーミティを実現
工場の製造段階で液晶モニターの表示エリアを数百の区域に分け、高精度な装置を使用する繊細な処理を施して色と明るさの両方を細部まで微調整することで、均一なユニフォーミティを実現し、真正で一貫した完全な色表現を提供する
HDR対応で迫力のダイナミック映像を実現
「SW270C」はHDR10テクノロジーを備えており、ビデオグラファーは編集処理の間にビデオコンテンツのHDR効果をプレビューすることができるため、完成品に求められる品質を確保することが可能になる
ハードウェアキャリブレーションによる、一貫した画像品質
ハードウェアキャリブレーションにより、グラフィックカードの出力データを変更することなく、モニター内部の画像処理チップを調整することが可能になる。グラフィックカード設定の影響を受けることなく、表示されている画像が元のコンテンツの一貫性を保つ
キャリブレーションソフトウェアPalette Master Elementの校正時間短縮に実現
カラーマネジメントや色再現における技術を世界的にリードするX-Rite社と共同開発したキャリブレーションソフトウェアPalette Master Elementを無料提供している。操作しやすいインターフェイスと多彩なパラメータ設定により、さまざまな作業内容に応じてICCプロファイルを簡単にカスタマイズすることが可能だ。「SW270C」は従来のSWシリーズ製品と比べ、Palette Master Elementによるキャリブレーション時間が大幅に短縮された。
GamutDuo(ガンマデュオ)
異なる色空間の映像を左右に並べて同時に表示できるGamutDuo機能を利用すると比較作業がはかどる。1台のPCからも、2台の異なるPCからも、同時に表示比較できるので、編集作業の効率アップに役立つ機能だ。
※GamutDuoは、PIP/PBPモードに切り替えることで有効になる
映画編集に最適な1080/24P プレイバックに対応
パソコン側で表示解像度を1080に変更すれば、24Hzのリフレッシュレートに変えることができる。通常モニターの60Hzリフレッシュレートによって生じるソース映像の歪みがなく、24pのフィルムコンテンツを正しいフレームで表示する
工場出荷時の個別キャリブレーションによるプロ仕様の厳密な色精度
製造時に工場で1台1台キャリブレーションされており、これにより色差とガンマの精密性が確保される。キャリブレーション結果は業界のカラー標準に照らして検証されているため、オリジナルコンテンツを最大限忠実に再現できる
※キャリブレーションは、同一モデルの個々のパネル間で生じるわずかな色性能差を補正するもの。したがって、個々のレポートに記載のキャリブレーションデータは、同一モデルの他のディスプレイのレポート内容とは少しずつ異なる
USB Type-Cポート搭載
Thunderbolt 3対応USB Type-Cポートは、高速のビデオ/オーディオ/データ転送を可能にし、ノートパソコンに接続して作業する場合は、ケーブル1本でパソコンへの60W給電も可能のため、すっきりしたデスク回りで作業環境が整う
遮光フードを標準装備
「SW270C」は取り外し可能な遮光フード(横のみ)を装備。周辺光の影響で発生する画面のグレアを効果的に軽減し、プロフェッショナルな作業には欠かせない、優れた色精度を確保する
高度なモノクロモード
カラー写真が白黒映像効果で強調表示される。実際に調整を加える前に、3種類のプリセットされたモノクロモードから写真をプレビューすることができる
ホットキーパックG2(OSDコントローラー)
Adobe RGBモード、sRGBモード、モノクロモードを簡単に切り替えられるホットキーパックが標準装備されているボタンはカスタマイズできるので、他のモードや、明るさやコントラストなどのOSD設定を割り当てることもでき、フォトグラファーの作業効率がさらに向上する。SW270Cのホットキーパックは従来品よりさらに進化し、よりスタイリッシュで、直感的な操作がしやすくなった

新着のニュース一覧