>   >  3D CAD/BIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を発売(ホロラボ)
3D CAD/BIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を発売(ホロラボ)

3D CAD/BIMをAR/MR向けに自動変換する「mixpace」のHoloLens 2対応版を発売(ホロラボ)

SB C&S株式会社株式会社ホロラボは、3D CAD(Computer Aided Design)やBIM(Building Information Modeling)で作成した設計データを自動でAR(Augmented Reality)/MR(Mixed Reality)に変換する製造業・建設業向け可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」のHoloLens 2対応版を2020年3月2日に発売する。
詳細はこちら

■概要

「mixpace」は、AR/MR技術を活用した3Dデータの可視化を行いたいという法人ユーザー向けにサービスを提供している。2019年2月25日にHoloLens対応版(※HoloLens 2対応版の提供開始に伴い、HoloLens対応版のサポートは終了)をリリース、2019年12月3日にiPad対応版をリリースしており、また随時機能のアップデートも行なっている。「mixpace」の特長である「3D CADやBIMデータのAR/MR化に必要な変換・管理・表示機能をワンストップで提供する」を「HoloLens 2対応版でも引き継いでいる。HoloLens 2をもっている人は、「mixpace」を導入することで、すぐに業務で活用することができる。また、HoloLens2対応版のリリースに伴い、3D CAD・BIMデータのAR/MR向け変換処理システムの改善を実施。83社のテストユーザーが独自の3D CAD・BIMデータで実施したところ、合計371件の平均変換時間は3分26秒という結果が出ている。

■「mixpace」 HoloLens 2 対応版の新機能

・視野角が従来デバイスと比較し大幅に向上し、より大きな表示寸法の可視化が容易に
・直感的な操作UIにより表示した3Dモデルの操作性が向上し、現実空間での位置合わせが容易に
・3D CAD・BIMデータのAR/MR向け変換処理の高速化

新着のニュース一覧