>   >  シリコンスタジオとEIZO、Hybrid Log-Gammaに対応する新しいHDRソリューションの開発で協業(シリコンスタジオ)
シリコンスタジオとEIZO、Hybrid Log-Gammaに対応する新しいHDRソリューションの開発で協業(シリコンスタジオ)

シリコンスタジオとEIZO、Hybrid Log-Gammaに対応する新しいHDRソリューションの開発で協業(シリコンスタジオ)

ゲーム・映像業界向けに人材派遣・紹介サービスおよびデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田健彦、東証マザーズ:証券コード3907)と、EIZO(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛祥隆、東証第一部:証券コード6737)は、協業して従来のモニタでは再現できなかった映像表現が可能となるHybrid Log-Gamma(以下HLG)対応のHDRソリューションの開発を行う。

シリコンスタジオは今後、HLGへの対応をはじめ、Dolby Visionなど各種HDR出力への対応を積極的に進めて行くとのこと。

詳しくはこちら

■協業の概要について

シリコンスタジオがHDRコンテンツ開発技術、EIZOがHLG対応HDRモニタの開発をそれぞれ担当。2社の技術および製品を組み合わせることで、ソフト・ハードの両面からコンテンツ制作をサポートできる新しいHDRソリューションの提案が可能となる。対象となる業界としては、放送、自動車など製造を中心に、ゲーム、映像など幅広く想定している。

■協業によるHDRソリューションで実現できること

従来のモニタやCG/写真コンテンツでは表現できなかった、現実世界に近い光沢感を持つ金属のきらめき、Adobe RGBの色域でも足りないとされる自動車などの塗装色を、非常に高い再現度で表示することが可能になる。これにより、プロダクトビジュアライゼーションにおいてよく起きるとされる、デザイン時のCGと実物の色合いが異なる、というギャップを解消することができる。

■協業によるHDRソリューションの公開について

6月22日(水)~24日(金)に開催される「第24回 3D&バーチャルリアリティ展」ならびに6月29日(水)~7月1日(金)の「第2回 先端コンテンツ技術展」にて、シリコンスタジオ制作によるHLG対応のリアルタイムCGコンテンツを、EIZO製HDRモニタの試作機で表示する形のデモを初公開する予定。

■HDRについて

HDR(High Dynamic Range)は、映像における輝度のレンジを拡大する技術。現行規格であるSDR(Standard Dynamic Range)と比較すると、およそ100倍もの輝度信号を記録することができるため、従来は黒く潰れていた日陰の部分を視認できるよう描写した上で、同時に日向の部分も白飛びさせることなく明瞭に表示することも可能となる。HDRで記録された映像をHDRに対応するモニタで表示することで、肉眼で見たものに極めて近い映像表現がモニタ上で可能となる。

■Hybrid Log-Gammaについて

NHK(日本放送協会)とBBC(英国放送協会)が協同で推進しているHDR方式のひとつ。HDR表現が可能なことはもちろん、生放送で使用できることや従来のテレビ方式とも高い互換性が維持されていることなどが特徴。NHKでは、2016年から開始が予定されているBSでの4K・8Kの試験放送において、この技術が使用できるよう、放送方式の標準化や設備の整備が進められている。

■シリコンスタジオ株式会社について

シリコンスタジオは世界最高レベルの技術力をもって創る人と愉しむ人に感動を与えることを目指す企業。ゲームや映像制作スタジオ向けに3DCG技術等を提供する開発推進・支援事業、一般ユーザー向けにゲームコンテンツを開発・提供するコンテンツ事業、クリエイター職の派遣・紹介に特化した人材事業の3事業を展開している。企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱える全ての課題をワンストップで解決できることが強み。

■EIZO株式会社について

EIZO株式会社は、Visual Technology Companyとして、1968年の創業以来培ってきた映像関連のノウハウと自社一貫開発生産体制により、一般オフィス用途やグラフィックス市場だけでなく、メディカルやeスポーツ、航空管制、船舶、鉄道など、世界中の様々な市場に向けて、最先端かつ高品質な映像ソリューションを提供している。

新着のニュース一覧