>   >  映像制作用リモートカメラシステムの新製品4機種を発売、映像制作機器の連携により幅広いシーンの効率的な撮影を実現(キヤノン)
映像制作用リモートカメラシステムの新製品4機種を発売、映像制作機器の連携により幅広いシーンの効率的な撮影を実現(キヤノン)

映像制作用リモートカメラシステムの新製品4機種を発売、映像制作機器の連携により幅広いシーンの効率的な撮影を実現(キヤノン)

キヤノンは、IPによるリモートプロダクションを実現する、映像制作用リモートカメラシステムを新たに立ち上げ、新製品4機種を2021年5月下旬より順次発売する。第一弾となる4機種を皮切りに、今後、製品ラインアップを拡充し、リモートプロダクションによる映像表現の幅を広げ、様々な映像制作ニーズに応えていくという。
詳細はこちら

■概要

近年、映像制作市場では、映像コンテンツの増加にともない、IPによるリモートプロダクションのニーズが高まっている。このような背景のもと、キヤノンは長年培ってきたイメージングとネットワークの技術を融合し、高画質の追求と撮影ワークフローの効率化を両立する映像制作用リモートカメラシステムを新たに立ち上げる。同リモートカメラシステムは、キヤノンの映像制作機器を制御する新開発のIP「XCプロトコル」に対応した製品群で構成され、ネットワーク上で対応製品を連携させることで、幅広いシーンで効率的な撮影を実現する。今後、CINEMA EOS SYSTEMのカメラを対象に、同リモートカメラシステムに対応するファームウエアを提供するなど、製品ラインアップを拡充し、映像表現の領域を拡大していく。

■映像制作現場の効率化・省人化に貢献するIP対応

「CR-N500/CR-N300」は、業務用ビデオカメラと同等の高画質とIP対応を両立し、業務用途で求められる柔軟な画質設定が可能な屋内向け4K PTZ(パン、チルト、ズーム対応)リモートカメラ。SDI、HDMIに加え、映像制作現場で普及している「NDI|HX」に対応し、柔軟なシステムを構築することができる。また無償提供するPC用ソフトウエア「リモートカメラコントロールアプリ」を使用することで、PCからIPネットワーク上の複数のカメラを制御でき、従来、カメラごとに必要だった撮影・操作の人員を減らし、少人数での撮影オペレーションを実現する。

■屋内外の4K PTZリモートカメラを遠隔制御

リモートカメラコントローラー「RC-IP100」は、IPとシリアル通信の双方に対応し、「XCプロトコル」対応の「CR-N500/CR-N300」に加えて、シリアル通信対応の屋外向け4K PTZリモートカメラ「CR-X500」も遠隔制御でき、最大100台のカメラによるシステムを構築できる。撮影場所から離れた場所でも、屋内外に設置されたカメラを制御できるため、幅広い撮影シーンに対応できる。

CR-N500(ブラック/ホワイト):オープン価格、2021年5月下旬発売
CR-N300(ブラック/ホワイト):オープン価格、2021年6月中旬発売
CR-X500:オープン価格、2021年7月下旬発売
RC-IP100:オープン価格、2021年5月下旬発売

新着のニュース一覧