>   >  TSUKUMO、第11世代インテル Core プロセッサーを搭載したNVIDIA Quadroモデルを発売(Project White)
TSUKUMO、第11世代インテル Core プロセッサーを搭載したNVIDIA Quadroモデルを発売(Project White)

TSUKUMO、第11世代インテル Core プロセッサーを搭載したNVIDIA Quadroモデルを発売(Project White)

TSUKUMO(ツクモ)ブランドでパソコンおよびパソコン周辺機器を販売する株式会社Project Whiteは、独自に展開するBTOパソコンにおいて、第11世代インテル Core プロセッサーを搭載したNVIDIA Quadroモデルの最新モデルを4月9日(金)より販売開始した。
詳細はこちら

■新モデルの特長

第11世代インテルCoreプロセッサーを搭載

インテル社の最新プロセッサーである第11世代インテル Core プロセッサー(開発コードRocket Lake-S)を搭載。新たに「Cypress Cove」アーキテクチャを採用しPCI Express 4.0に対応、またAI処理をより効率よく行う命令セット「インテル ディープラーニング・ブースト(VNNI)テクノロジー」も新たにサポートしている。

NVIDIA Quadro シリーズを搭載

プロフェッショナルグラフィックスボードシリーズであるNVIDIA Quadro シリーズを標準搭載。安定した動作を提供し高精細で高速な描画を必要とする、ハイエンド3DCGデザイン、建築及び部品製造などのCAD分野、デジタルコンテンツクリエイションなどで利用される、プロフェッショナルデザイン分野ごとの要求に応えるグラフィックスソリューション。また受注生産方式(BTO)により、標準搭載のエントリーモデルNVIDIA Quadro P620からハイエンドモデルのNVIDIA Quadro RTX 8000(ミニタワーモデルはNVIDIA Quadro RTX 5000)までカスタマイズでの選択が可能。幅広いニーズに応える。

さらにパワーアップしたオリジナルタワーケースを採用(ミニタワーモデルを除く)

クリエイターの創造意欲を掻き立てるフラットな外観により、いかなるワークスペースにも合う洗練されたデザインのクリエイティブワークステーションタワーが進化した。上部天板にスリットが追加され240mm水冷クーラーにも対応し、安定した動作のための高冷却設計がよりパワーアップ、冷却ファンは前面に1つ背面に1つ、それぞれ140mm静音ファンを標準搭載し、前面に1つ上部に2つファンを追加することができ、ケース全体で最大5箇所にファンを設置できる高排熱設計となっている。また作業中に間違えて手が触れることでシャットダウンしてしまうような誤動作を防ぐスライド電源スイッチや447mmと短めの奥行でありながら最長350mmのビデオカードが入る広々とした内部構造など、従来モデル同様デザイン面だけでなく実用性や拡張性も重視している。

Windows 10 Proをプリインストール

OSにはマイクロソフト社の「Windows 10 Pro(64ビット)」を標準搭載。BitLockerなどの暗号化やRemote Desktop・Windows Update for Businessに対応し、企業やハイエンドユーザーはもちろん、個人事業主の方やテレワーカーにもおすすめ。

1人ひとりのニーズに対応

TSUKUMOのBTOパソコンは、TSUKUMOが長年にわたるパソコン用パーツ販売で培った知識とノウハウを基に開発・設計している。日本国内の指定工場で熟練スタッフが一台ずつ丁寧に組立を行うことで、高品質の製品を迅速に届ける生産体制を実現、これにより高い信頼性と安心感、幅広いニーズへの対応を高次元で実現している。

標準構成仕様ほか、詳細はこちら

新着のニュース一覧