>   >  Villard スカルプティング・ラウンジ:Vol.16 Dragon and Beauty [ドラゴンと美]~Concept Model
Vol.16 Dragon and Beauty [ドラゴンと美]~Concept Model

Vol.16 Dragon and Beauty [ドラゴンと美]~Concept Model

ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。今回は、前回制作したドラゴンの造形にさらに要素を追加し、ストーリー性をもたせていきます。

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard Inc.
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)



既存の作品にモデルを追加してストーリー性をつくる

今回は、前回制作したドラゴンに美女を足して、少しストーリー性のある画づくりをしてみたいと思います。筆者は、赤色と髪が長い女性が魅力的に見えるので、そのような女性モデルを作成していきます。今回はZBrush以外にも、いくつかの異なるソフトを組み合わせていきます。イメージが固まっていれば、スピーディにコンセプトモデルを完成させることができるでしょう。

主要な制作アプリケーション
・ZBrush 2019
・KeyShot 8
・DAZ Studio 4.12 Pro
・Marvelous Designer 9

STEP 01:DAZ Studioでベースモデルを作成

DAZ Studioで体のベースモデルを作成します。今回はショップで購入した素体を使用しました。様々なサンプルが販売されていますので、好みのものがあれば試してみると良いかもしれません。


【1】DAZ 3D公式のアセットショップ(www.daz3d.com/shop/)。今回はここで女性の素体を購入しました


【2】思うように体型を整えたらポーズを付けていきます


  • 【3】モデルを選択して直接動かすこともできますが、選択メニューから各関節を選んで動かす方がねらったポーズにしやすいです

  • 【4】高飛車な性格をイメージして作成しました

STEP 02:Marvelous Designerで衣服を作成

Marvelous Designerでベースの服を作成していきます。スカルプトで服の作成をする際、たたき台としてMarvelous Designerを使うと効率良く作業ができますが、コンセプトモデル等であればZBrushで直接スカルプトする方が早かったりしますので臨機応変に使い分けるのが良いでしょう。


【1】風をしっかり感じるように躍動感のあるシルエットにします


  • 【2】[シミュレーション属性→粒子間隔]の値を下げるとより細かな皺が入るようになります

  • 【3】風の方向を制御できるため、これを使用すると躍動感のある風になびいたモデルになります。風の方向も自由に決められます

STEP 03:ZBrushで服の厚みをつけデータを整理する

Marvelous Designerで作成した服のモデルにZBrushで厚みをつけ、リメッシュし作業しやすいデータにします。


【1】ZRemesherでトポロジーを整えます


【2】整えたら服のモデルにマスクをかけ、Extractで厚みを作成します

STEP 04:服のスカルプトや髪の作成

服の細かな皺や髪の作成を行い、足りないパーツを揃えていきます。


  • 【1】下半身の皺を足していきます

  • 【2】手が服にめり込んでいるので直します


  • 【3】胸のあたりに皺を追加します

  • 【4】髪をざっくりと作成します


  • 【5】先ほどの髪をベースにInsertMeshブラシで細かな髪を配置していきます

  • 【6】ある程度作成したら複製してボリュームを増やします


  • 【7】首輪やブレスレットを作成します

  • 【8】眉毛や目元を作成、調整します

STEP 05:前回制作したドラゴンを配置

前回作成したドラゴンはサブディビジョンレベルをもったモデルなので一番低いレベルにして、容易にポーズ修正、位置合わせができました。


【1】地面としっかり接地しているかがとても重要です


【2】ハイレベルにして最終確認します

完成



女性がドラゴンを従えているような雰囲気を意識して調整します。今回はドラゴンより女性に目が行ってほしいので、赤めの目立つ色を加えて、ドラゴンとのバランスを調整しています。

Profile.

  • 岡田恵太/Keita Okada(Villard Inc.)
    デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト。1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し上京した後、1年ほど建設現場の作業員(荷揚げ屋)などをしながらZBrushを独学で習得し東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、PS4用ゲームのDLC『Bloodborne The Old Hunters』をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトモデルを手がける。2017年3月、新会社「Villard」を設立
    www.artstation.com/artist/yuzuki
    www.villard.co.jp




その他の連載