>   >  ACADEMIC meets INDUSTRY:No.013:愛知工業大学 情報科学部 澤野研究室
No.013:愛知工業大学 情報科学部 澤野研究室

No.013:愛知工業大学 情報科学部 澤野研究室

本連載では、アカデミックの世界に属してCG・映像関連の研究に携わる人々の姿をインダストリーの世界に属する人々に紹介していく。第13回では、CGの知見を活用し、検査装置や支援技術の開発を行う愛知工業大学の澤野弘明准教授に自身の研究室について語っていただいた。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 253(2019年9月号)掲載の「ACADEMIC meets INDUSTRY 愛知工業大学 情報科学部 情報科学科 澤野研究室」を再編集したものです。

TEXT_澤野弘明 / Hiroaki Sawano(愛知工業大学)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
取材協力_芸術科学会

大学でカーナビの要素技術を研究し、カーナビメーカーに就職

愛知工業大学の澤野弘明と申します。本研究室では画像処理を利用した研究を多く取り扱っていますが、CG映像の専門誌である本誌で紹介できる機会を得られて光栄に思います。できるだけ読者の皆様に興味をもっていただけるように、私と、本研究室の取り組みをご紹介します。

  • 澤野弘明
    愛知工業大学 情報科学部 情報科学科 准教授
    博士(工学)
    専門分野:画像処理、スポーツ分析、支援技術
    sawanolab.aitech.ac.jp


私がCGに興味をもったのは、学部時代に画像処理とCGを扱う研究室に配属されたことがきっかけでした。当時の私の研究テーマが拡張現実感(AR)技術を利用したカーナビの開発だったことも、CGへの興味をかきたてる大きな要因になりました。当時のカーナビは上面図の2次元地図が主流で、3次元地図の経路案内が一部のメーカーから出始めた頃でした。学部の卒業研究から博士課程での学位取得まで、その研究テーマの要素技術である、画像処理による道路領域推定や、視認性の高いAR表示手法を研究しました。修士課程からはSIGGRAPHでの発表も経験し、画像処理とCGに関する知見を深めていきました。

博士の学位取得後は国内のカーナビメーカーに就職し、2年間マネジメントの部署に配属され、主に海外向けのカーナビ製品に携わっていました。会社員だった2011年時点の海外向けのカーナビでは、3DCG表示機能が搭載されていましたが、CGの建物はプリミティブな直方体でした。その原因は車載器で扱えるCPUやメモリが低スペックだったからですが、大学時代に学んできた知見や技術を活用できず、悔しかったことを覚えています。その後、さらに自分の知見を深め、活用もできる方法を模索した結果、2011年4月から愛知工業大学に勤務することになり、現在にいたります。

愛知工業大学で研究室を設け、CGを利用した支援技術の開発を行う

私が所属する愛知工業大学 情報科学部では、学生は学部の3年次から研究室に配属されるしくみになっており、ひとつの研究室に10〜15名の3年生が割り当てられます。4年生も合わせると、学部生だけで20〜30名ほどの大所帯になります。本研究室は大学院に進学する学生もいるので、修士課程も含めると、多いときには40名くらいの学生を私ひとりで指導しています。

2019年度の本研究室の所属学生は、修士課程の2年生が4名、1年生が1名、学部の4年生が12名、3年生が12名で、合計29名となります。これらの学生ひとりひとりと議論して、各々の研究テーマを決めていきます。CGに関連したものに絞ると、本研究室発足後の2〜3年間は、OpenGLを使ったCG表現のアルゴリズムの開発や、CG映像作品の制作を行なってきました。このとき学生がつくった作品は、愛知県のローカルコンテストに入賞したりもしました。

その後の研究テーマは、前述のようなアルゴリズムの開発から、CGを利用した支援技術の開発へとシフトし、今にいたります。例えば、手話の学習や、漫画の映像化を、CGを用いて支援する技術を開発しています。これらの研究の詳細は、本記事の後半でご紹介します。

学会活動に関しては、年間1本程度の原著論文の発表と、3本程度の国際会議、15本程度の国内会議での研究発表をしています。積極的に発表している学会は、芸術科学会情報処理学会電子情報通信学会です。毎年3月に開催される映像表現・芸術科学フォーラムでは、2年連続で企業賞と優秀発表賞を受賞しています。

また学会とは別に、本研究室で開発したiPhone/iPad用アプリをいくつか公開しています。例えばFP viewerは、画像同士の特徴点のマッチングを簡単に確認できるアプリです。色スカウターは、カメラで撮影した被写体の色を検出し、その値をRGB、HSV、CMYK、Web用の16進数で表示するアプリです。遅延ビデオカメラは、ビデオカメラで撮影した映像を任意の遅延時間で再生するアプリで、スポーツの姿勢分析などに活用できます。

▲【左】FP viewerの画面。左右2枚の画像同士の特徴点をマッチングしています。上図では、89個の特徴点が検出されました/【右】色スカウターの画面。上図では、カメラで撮影したステープラーの青色の値が表示されています


▲遅延ビデオカメラの画面。上図では、4秒の遅延再生を設定しています


本研究室の卒業生の就職先は、大手企業ならミクシィ、NTTドコモ、ビズリーチ、富士通、ヤフーなどが挙げられます。愛知県の学生の多くは地元志向が強いため、県内に本社・支社をもつリコージャパン、シイエム・シイも代表的な就職先となっています。ほとんどの卒業生は、在学中の研究内容や、培った技術を活かせる職種に就いており、卒業後は企業人として、本研究室に技術相談をしにくることもあります。そういった人たちともポジティブな関係をもてるような環境づくりにも取り組んでいます。

次ページ:
産学が連携し、危険な下水管路内を簡易的に検査するシステムを提案

その他の連載