>   >  ベテランジェネラリストのBlender基礎レッスン:第5回:Blenderのシーン構成(2)Collection
第5回:Blenderのシーン構成(2)Collection

第5回:Blenderのシーン構成(2)Collection

社内にBlenderチームを結成し、デモ映像の制作を通じて日々検証を行なっているグリオグルーヴ。本連載では、3ds Max歴25年からBlenderを使い始めた同社のCGディレクター横田義生氏が、自身の経験からBlenderを始めたい人に向けたTIPSを紹介していく。

TEXT_横田義生 / Yoshio Yokota(Griot Groove)
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE

Infomation

『DEEP HUNTER』
グリオグルーヴBlenderチームによる、Blenderで制作を完結させることを目標としたCGアニメーション作品のパイロットムービー。本連載では、この映像の制作を通してBlenderの基礎を解説していく

はじめに

今回はView LayerとSceneのベースとなる「Collection」の説明をしていきます。グループとしての機能が基本的な使用方法になりますが、View Layerと併用することによって他の3Dツールで使用される様々な機能がCollectionから設定可能となっています。そのため、理解して使いこなすには少々わかりにくい部分もあるとは思いますが、使用していくうちに使い勝手の良さに気が付くのではないでしょうか。View Layerとの連携に関しては次回になりますが、今回はその前準備としてCollectionの特性を理解していただければと思います。

制作環境
Blender 2.83.2(Portable版)
OS:Windows 10
CPU:Intel Core i7-9700K
メモリ:32GB
GPU:NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER

<1>Collectionでできること

CollectionはOutlinerの機能の1つで、他の3Dツールでいう「グループ」の機能に近いかと思いますが、その他にも様々な機能と密接に結びついています。Collectionに格納されたオブジェクトは、Collectionのステータス(Visibility、Selectable、Holdout等)を継承するため、Collectionを管理することで複数のオブジェクトのステータスを一括で制御することが可能になります。また、これまで説明してきた「オブジェクトの複製」、次回以降の「View Layer」、「Scene」の機能と組み合わせることでシーンの構築を容易にします。

●Collectionの作成とオブジェクトの格納

シーンを新規で起ち上げてOutlinerを確認すると、一番上に[Scene Collection]、その下の階層に[Collection]が格納され、さらにその下に[Camera]、[Cube]、[Light]が格納されています【1-A】


  • ◀【1-A】Collectionの構成
    新規のシーンでは、緑枠で囲われた[Camera]、[Cube]、[Light]はCollectionに格納されており、Collectionは[Scene Collection]に格納されています。Scene Collectionは必ずシーンに存在するもので、削除することも名前の変更もできません

Outliner上ではCollectionの下の階層にオブジェクトが並んでいるため、一見すると親子関係のような表示になっていますが、実際にはリンク構造ではなく「オブジェクトを格納する箱」という認識が最も近いかと思います。また、CollectionはCollection自体を格納できるため、メッシュ、ライト、カメラをそれぞれわかりやすいように整理することができます。Collectionを新規で作成するには、Outlinerの右上の[Collection]に[+]が付いたアイコンを実行するか、Outliner上で右クリックすることで表示されるメニューからも作成が可能です【1-B】 。新規のCollectionは、通常[Scene Collection]の階層下に作成されますが、他のCollectionを選択した状態で作成した場合は、その階層下に作成されます。


  • ◀【1-B】Collectionの作成
    赤枠のアイコンをクリックするか、右クリックで表示されるメニューの項目の[New Collection](緑枠)を実行することで新規のCollectionを作成することができます。Collectionは、オブジェクトやマテリアルと同様に1シーン内で重複する名前では共存できません。また、オブジェクトはOutliner上では基本的にアルファベット順に並びますが、Collectionに関しては名前に縛られることなくドラッグ&ドロップで自由に配置することが可能です

Collectionにオブジェクトを格納する方法は、以下の通りです。

●OutLiner上でオブジェクトをCollectionにドラッグ&ドラッグ
●オブジェクトを選択し、3D Viewportの[Objectメニュー→Collection→Move to Collection(Shift+M)]を実行して、表示されるメニューから格納するCollectionを選択【1-C】
●格納したいCollectionをOutlinerで選択した状態で、オブジェクトを新規作成
●[Properties→Objectプロパティ→Collections]の項目で設定する(本稿後半の「<3>今月のミニTips『Linkオブジェクトの確認方法』」で説明します)


  • ◀【1-C】Collectionへの格納
    [Move to Collection]を実行して表示されるメニューにシーン上のCollectionが一覧で表示され、その中から格納するCollectionを選択します。[+New Collection]から新規でCollectionを作成し、そこに格納することもできます


●Collectionとオブジェクトのステータス管理

Outliner上で管理することができるステータスは、Collectionが7種類、オブジェクトが4種類用意されていますが、デフォルトではほとんどが非表示にされています。Outlinerの右上の漏斗のようなアイコンを押すとOutlinerの表示設定が表示されるので、一番上の項目の[Restriction Toggles]を全てアクティブにしてください【1-D】 。Outliner上でCollectionとオブジェクトの右にずらりとアイコンが表示されたかと思います【1-E】

これらのアイコンをON/OFFすることでそれぞれのステータスを設定することが可能で、Collectionに対する設定は格納されているオブジェクト全てに反映されます(以下はCyclesを使用したときの設定と画像です)。


  • ◀【1-D】ステータスの表示①
    左から順に、「A:CollectionのON/OFF」、「B:選択の可/不可」、「C:一時的なビューポート上の表示/非表示」、「D:ビューポート上の表示/非表示」、「E:レンダリング時の可視/不可視」、「F:HoldoutのON/OFF」、「G:カメラに対する可視/不可視」の設定となります。デフォルトでは「A」と「C」しか表示されていないため、必要に応じて表示するステータスを追加してください


  • ◀【1-E】ステータスの表示②
    Outlinerでは、「A」以外はCollection、オブジェクトの右側にステータスのアイコンが表示されます。Outlinerのウインドウの幅が大きくなり作業領域が狭くなってしまうため、必要のないステータスは非表示にしておきましょう


A:CollectionのON/OFF
Collectionのみの設定で、シーン上でCollectionを有効にするか無効にするかを設定します。 OFFにすると、「B」以下の設定を無視して完全にシーン上から消えた状態になります(B以下の設定は維持したままON/OFFが可能)。

B:選択の可/不可
OFFにするとフリーズ状態となり3D Viewport上で表示はされたままの状態ですが、選択することはできなくなります。

C:一時的なビューポート上の表示/非表示
これはショートカットによる[H(選択を非表示)]/[alt+H(全表示)]と同じ機能となります。Collectionに関してはOutliner上でCollectionを選択した状態、オブジェクトに関しては3D ViewportとOutliner上でオブジェクトを選択した状態でショートカットを実行したときと同じ結果になります。

D:ビューポート上の表示/非表示
このステータスでは、「C」の表示/非表示の設定に追加でCollectionとオブジェクトの表示/非表示を切り替えることが可能で、ここで非表示設定にした場合はショートカット[Alt+H]キーで全表示にしても表示されません。「C」での設定を維持したまま切り替えが可能なため、細かい切り替えは「C」でショートカットを用いて行い、大きな切り替えは「D」でといった使い分けが可能です【1-F】

▲【1-F】ビューポート上の表示/非表示
「C」と「D」のステータスはビューポート表示に対しての表示/非表示の切り替えであるため、ビューポート上では非表示でもレンダリング時に描画されてしまう点に注意が必要です

E:レンダリング時の可視/不可視
このステータスをOFFにするとビューポート上では表示されたままですが、レンダリング時には非表示となりまったく反映されなくなります【1-G】

▲【1-G】レンダリング時の可視/不可視
ビューポート表示をRenderdに切り替えても3D Viewportには表示されたままで、レンダリング結果とは異なることに注意してください

F:HoldoutのON/OFF
Outliner上ではCollectionにのみ設定可能です。他の3Dツールでいうところの「マットオブジェクト」の設定で、このステータスをONにするとそのCollectionに含まれるオブジェクトの部分が抜けて、アルファがない状態になります。キャラクターを背景のマスクで抜いた状態でレンダリングするときなどに使用されます【1-H】

▲【1-H】HoldoutのON/OFF
オブジェクト自体はマット設定となりますが、影や反射、屈折、GIには影響を及ぼします。ビューポート表示ではRenderedとMaterial Previewで機能します

G:カメラに対する可視/不可視(Eeveeでは現状サポートされていません)
Outliner上ではCollectionにのみ設定可能です。レンダリング時のカメラに対する可視性の設定を行います。背景とキャラクターを分けてレンダリングしてコンポジットで合成するときなどに使用されます【1-I】

▲【1-I】カメラに対する可視/不可視
オブジェクト自体はレンダリングされませんが、影や反射、屈折、GIには影響を及ぼします。ビューポート表示ではRenderedでのみ機能します

上記のステータスで、Collectionには存在してオブジェクトにはないステータスがあることにお気づきかと思います。オブジェクトにないステータスはOutliner上では設定できませんが、ステータスにある設定も含め、全て[Properties→Objectプロパティ→Visibility]に用意されていますので、そこで設定することが可能です【1-J】


  • ◀【1-J】オブジェクトのステータス
    Objectプロパティでのオブジェクトのステータスの設定項目です。オブジェクトに関しては、「C」以外は全てこちらからでも設定可能です(「A」はCollectionの機能のため用意されていません)


●Collectionの複製と削除

Outliner上で[Collection]を選択し右クリックのメニューからCollectionの複製が可能です【1-K】 。 Collectionを複製すると、格納されている全てのオブジェクトが共に複製されます。複製方法は、[Duplicate Collection]と[Duplicate Linked]の2種類がありますが、前回説明したオブジェクトの複製と同様で、Collectionを[Duplicate Linked]すると格納されているオブジェクトが"Data"を共有した状態で複製されます。


  • ◀【1-K】Collectionの複製と削除
    赤枠がCollectionの複製、緑枠が削除となります。[Delete Hierarchy]はCollectionのみの機能となるため、オブジェクトを選択した場合のメニューには表示されません。[Select Objects]を実行するとCollectionに格納されている全てのオブジェクトが選択されます。Collectionに格納されているオブジェクトのみを削除したい場合は、[Select Objects]を実行して削除します



次ページ:
●「Link to Collection」と「Instance to Scene」

その他の連載