ZBrushマスターとして独特の存在感を放つVillard・岡田恵太が、ZBrushを用いた勢いのある造形テクニックを毎月紹介していく本連載。今回は「プテラノドン」を制作していく。

ディテールを追求しつつ、スピーディに進めていく

今回はプテラノドンを制作していきます。実際の資料などを参考にしながらも、自分なりのテイストで作品づくりを進めました。コンセプトモデルとして制作のスピードも意識しながら、2日ほどの作業となりました。コンセプトモデルではイメージの修正や共有に時間を使うことがあるので、モデルはスピーディに仕上げたいところでもあります。もちろん案件にもよるのでケースバイケースではありますが。

主要な制作アプリケーション
ZBrush 2022
KeyShot 8
Photoshop 2023
Maya 2023
Substance 3D Painter
Mudbox 2023

STEP 01:全体のラフモデルの作成

まず大きなシルエットを意識しながら全体のラフ造形を進めていきます。大雑把にイメージを形にしていって問題ありませんが、骨格などのアナトミーは必ず意識しつつ進めます。

【1】大きなシルエットを固めていきます
【2】頭のディテールを少し入れていきます
【3】正面からも整えていきます
【4】ZRemesherを使いながらラフにモデルを整えていきます
【5】手や足も同様に整えていきます
【6】横からもシルエットを確認しつつ進めます
【7】頭部の形状を少し調整しました
【8】翼の膜の部分を追加します
【9】この時点では各々のパーツを調整しやすいよう、膜は別パーツとしています
【10】全てのパーツをマージして再度ZRemesherを使用してトポロジーを整えます

STEP 02:ディテールを追加

大まかなボリュームやアタリができてきたので、より細かなニュアンスやディテールを足していきます。今回はアルファを多く使用しながらスピーディに進めます。また、ZBrushでのポリペイントをベースのテクスチャとしてSubstance 3D Painterで使用したいので、カラーを交えながら造形を進めていきます。

【1】まず頭部からディテールを入れていきます
【2】頭部により細かなディテールを足していきます
【3】全体に一度カラーを追加していきます
【4】アルファを使用してディテールの密度を上げていきます
【5】首にディテールを入れていきます
【6】アルファでディテールを足していきます
【7】同様に身体にもディテールを入れていきます
【8】手足の爪を作成します
【9】身体のディテールを足していきます
【10】角度を変えてディテールなど確認していきます
【11】これでZBrushでの造形は完了です

STEP 03:レンダリングの準備

まず、KeyShotで造形の雰囲気を確認します。問題ないようでしたらその後MayaでUV展開し、Mudboxに読み込みディテールの繋ぎ目を修正します。Mudboxからベクターディスプレイスメントマップ、ノーマルマップ、AOマップを出力してSubstance 3D Painterでテクスチャを仕上げていきます。

【1】KeyShotで雰囲気を確認します
【2】ZBrushでZRemesherを使い、トポロジーを整えたモデルをMayaで読み込みます
【3】ZBrushのUV MasterでざっくりUV展開したものを、MayaでUDIM形式に調整します
【4】Mudboxでディテールの繋ぎ目を修正し各種マップを出力します
【5】Substance 3D PainterでZBrushのベースカラーを読み込みテクスチャの下地として使用します
【6】コントラストや色幅を加えていきます
【7】模様などを足しつつ、擦れ感や色幅をより足していきます
【8】Substance 3D Painterでのテクスチャ作業は完了です

完成

最後に、それぞれの各種マップをMayaに読み込みArnoldでレンダリングして完成です。ライティングを変えながら複数のイメージを作成しました。

今回はいつものコンセプトモデルよりディテールなどを多めに意識しての制作となりました。アルファやディテールを入れる箇所などを精査しながら進めることで、より短時間でモデルを作成できるようになります。

岡田恵太/Keita Okada(Villard Inc.)

デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト。1991年7月生まれ、広島県出身。2012年大阪の専門学校を卒業後、大阪のゲーム会社に就職。2013年に退職し上京した後、1年ほど建設現場の作業員(荷揚げ屋)などをしながらZBrushを独学で習得し東京のゲーム会社へ就職。2015年からフリーランスとなり、PS4用ゲームのDLC『Bloodborne The Old Hunters』をはじめ主にクリーチャーなどのコンセプトモデルを手がける。2017年3月、新会社「Villard」を設立
www.artstation.com/artist/yuzuki
www.villard.co.jp

TEXT_岡田恵太 / Keita Okada(Villard)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada