>   >  CG de カラマネ!:第15回:「カラマネに必要なモニタ機能/ColorEdge CG277レビュー」
第15回:「カラマネに必要なモニタ機能/ColorEdge CG277レビュー」

第15回:「カラマネに必要なモニタ機能/ColorEdge CG277レビュー」

こんにちは、パーチの長尾です。制作の仕事をしていると、むかし上司に「モニタはデザイナーにとって意志決定を行う一番重要な道具だ」と言われて、自分がどれほどモニタに依存しているのか再認識したときのことを思い出します。そしてあれから15年たった今でも、私たちPCを使うクリエイターにとって、モニタが最も重要なツールであることに変わりはないのだと実感しています。もちろんカラーマネジメントシステムにとってもモニタは重要なツールです。なぜなら様々なデバイスの最終的な見え方を確認する物であり、全ての色を正しくも、間違っても見せてしまう、一番大きな影響力を持っている機材だからです。
では、カラーマネジメントシステムがモニタに要求する要件(機能)とはなんでしょうか? この点をしっかりと理解することが、モニタ購入時の選定と、調整、運用を成功させる秘訣です! そこで、今回はこの要件について見ていきましょう。
その題材として、カラマネを導入している企業でもっとも使われているのは、EIZO ColorEdgeシリーズだと思いますが、ちょうど新作CG277が発売されたばかりですので、このモニタを使って要件を見ていきたいと思います。あわせて新機能のレビューもしてみますので、機材検討の参考にしていただけると嬉しいです。

連載「CG de カラーマネジメント!」キービジュアル

「EIZO ColorEdge CG277」
2013年11月に発売された最新のフラッグシップモデル。基本機能の向上と【CG/映像業界向け】機能が強化された

要件1「カラープロファイルを調整目標にできる」

モニタの調整方法は大きく分けて2種類あります。

1:ハードウェアキャリブレーション
(調整結果をモニタ本体で補正する、より高度なカラマネ対応機が行う方法)
2:ソフトウェアキャリブレーション
(調整結果をPC側で補正する、ハードウェア・キャリブレーションに比べて精度が劣る方式)

2のソフトウェアキャリブレーション方式は、測色器を使って、通常のモニタを測色して調整を行います。調整ソフトウェアは測色器に付属してくる物を利用します。このソフトウェアのほとんどがカラープロファイルを調整目標に選ぶことができないため、カラープロファイルと色を一致させることができず、これでは、カラープロファイルを基準にしたワークフローが運用できません。一方、1のハードウェアキャリブレーション方式は、モニタに付属の調整ソフトウェアを利用します。こちらはカラープロファイルを調整目標に選ぶことができ、EIZO ColorEdgeシリーズは全てこの方式です。
それともう1点、映像業界の方に必要な機能があります。

「ColorNavigator 調整画面」
OSにインストールされているRGBタイプのカラープロファイルがなんでも選択できる

カラマネでは、カラープロファイルを使った基準作りや調整がもっともポピュラーですが、フィルムやデジタルカメラ(CM/映画などの撮影で利用される物)では3D-LUTという基準が用いられます。ちなみに3D-LUT(3Dルックアップテーブル)を使っても、またカラープロファイルを使っても色合わせはでき、精度に大きな違いはありません。
ColorEdgeシリーズは、この3D-LUT方式に対応しています。【エミュレーション】という、特定のターゲットを再現する機能があり、いろいろな3D-LUTやカラープロファイルを基準に調整することができます。撮影されたフィルムや、デジタルカメラのデータを最適な状態で見ることが可能です。

「ColorNavigator 調整画面」
3D-LUTを使った調整機能。「高度な機能」→「エミュレーション」→「Log view LUT...」を開く。設定画面で3D-LUTファイルを選択。その後画面に従って設定すると3D-LUTの色再現ができる

要件2「調整精度の高さ」

調整を行いさえすれば、正しくカラープロファイルを再現できると思いがちですが、精度良く再現できているかどうかは、モニタ自体の性能と、ソフトウェアの性能に左右されます。性能評価は厳密な検査機を使って行われます。制作会社で行う場合は評価の高い機種を厳格に管理し、それを基準機として比較する方法が簡易的ながら現実的な手段かと思います。
総合的な評価とは異なりますが、ワークフロー構築時にも重要なポイントがあります。カタログなどにもよく載っている「モニタの色再現領域」は、モニタが持つ色再現の限界値と考えてください。ここでポイントは、モニタは調整することで本来持つ表現領域を狭くして、狭い領域の基準にあわせることができるという点です(大は小を兼ねるということ)。そこで、もし自分たちが利用する色基準(カラープロファイル)が複数ある場合は、最大の色再現領域のカラープロファイルに対応しているモニタを選びます。例えば、ColorEdge CG277はAdobe RGBを99%、DCIを93%カバーしています。これでほぼカバーしているので、これより狭いsRGBやRec.709なども再現でき、3DCG/映像制作で使うほぼ全ての基準に対応することがわかります。
また、sRGBの領域しかカバーしていないモニタの場合は、sRGB, Rec.709を再現できますが、Adobe RGB, DCIなどは再現することができないということになります。また、制作時に思わぬミスを起こすのが【面ムラ】です。モニタはモニタの左上から右下まで、全てのエリアで同一の色を出すことが難しいデバイスです。このように場所によって色が異なる現象が面ムラと呼ばれています。例えば、映像の色調整を行なったが、そのウィンドウの位置の色がおかしかった場合は事故になったり、後ほど修正することになり、左右に2つのウィンドウを出して比較しながら調整することも難しくなります。その点、ColorEdgeシリーズは全機種が【デジタルユニフォミティ補正回路】という機能で、輝度・色度ともに補正して面ムラを無くしているから安心です。


「CG277 色再現領域を表すxy色度図」
黄色いラインのCG277、CX271が広い領域を持つことがわかる

その他の連載