>   >  学生限定投稿コーナー「WHO'S NEXT?」:2021年第1弾ノミネート作品一挙公開!学生CGトライアル「WHO'S NEXT?」
2021年第1弾ノミネート作品一挙公開!<br/>学生CGトライアル「WHO'S NEXT?」

2021年第1弾ノミネート作品一挙公開!
学生CGトライアル「WHO'S NEXT?」

2021年度第1回目の開催となった、学生CGトライアル「WHO'S NEXT?」。今回は過去最高の171点の作品が応募された。国内外のアーティスト28名の審査を終え、いよいよ、 3/12(金)20:00に、無料オンラインフェスCGWORLD JAM ONLINE2020の番組「WHO'S NEXT? 2021年第一弾 結果発表&オンライン講評」にて、優秀賞(10名)が発表される。

番組には特別審査員の秋元純一氏(トランジスタ・スタジオ)、鈴木卓矢氏(SAFEHOUSE)、宮川英久氏(コンセプトアーティスト)の3名が参加し、講評を行う。
優秀賞を勝ち取るのは一体どの作品か?
本番を前にどのような作品がノミネートされているのか、ぜひ、チェックしてもらいたい。
※ノミネート作品の掲載順についてはエントリーナンバー順となり、審査結果とは関係がありません。



3/12(金)番組詳細はこちらから

コンテスト概要

No.1『OldCamera』

比嘉 憧さん(専門学校ITカレッジ沖縄)
私はフォトリアルな作品を作るのが得意でハードサーフェスなモデルを作るのが大好きです。

●作品解説
この作品のこだわったポイントは実際にカメラを手に取りながら観察し、使い古したような質感に仕上げた所です。背景のデスクも自分が実際に作業していた環境をもとに作成しました。

●使用ツール
Maya 、SubstancePainter、Photoshop

No.2『XX番街』

大上 慶人さん
CGを始めてちょうど1年になります。ジェネラリストになるために、モデリングのスキルアップを目的に作成した作品です。 沢山の人に影響を与えるような作品を作れるようにこれからも楽しく励んでいきたいです。

●作品解説
ある日の夕方の街の様子をコンセプトに作成しました。 ゲームフィールド的要素を加えながら、生活感のある町並みを作りました。

●使用ツール
maya、photoshop、substancepainter、aftereffects

No.3『壊死する幻影 トリスティティア』

星名 マコトさん
映画とゲーム両方に関われるようなアーティストになり、H.RGigerがゼノモーフを作り上げたように、クリーチャーの歴史に残り、後世に影響を与えるような私といえばこのクリーチャーという代表作のクリーチャーとその子の住む世界や物語を生み出したいです。artstation: https://makoto_6.artstation.com/

●作品解説
有機物と無機物を綯い交ぜににしてこの世のものではない動き出した芸術作品をモチーフに作成した作品です。 西洋美術において教会の権威と紐づけられるパイプオルガンとゴシック、そして辛い現実からの逃避とも位置付けられることもあるロココなどの要素を加え作品の持つ象徴の補強を図りました。

●使用ツール
Maya、Substance Painter、Photoshop、Zbrush

No.4『GREEN CITY』

小山内 澪さん(日本工学院八王子専門学校)
背景モデラーを目指している19歳の専門学校一年生です。 プロを目指して技術向上に日々努力して行きたいです。

●作品解説
植物と人工物の組み合わせが好きで制作しました。 テクスチャとライティングに力を入れました。

●使用ツール
Maya、blender Substance Painter

No.5『Cyber Wolf』

平石 晃二さん(日本工学院八王子専門学校)
見ただけでキャラクターのバックボーンを想像させられるような魅力的なキャラクターを作れるようになりたいです。

●作品解説
科学技術と人体の融合(トランスヒューマニズム)が広く世間で浸透した未来の世界。冴えないメカオタクの少年が自作の身体能力強化ヘルメットを装着し、夜の街で悪と戦う、というコンセプトで制作いたしました。

●使用ツール
Maya、Zbrush、Marvelous Designer、Substance Painter、Photoshop、Illstrator、After Effects

No.6『竜暮れ』

横超 丈留さん(HAL名古屋)
CGを学び始めてから半年が過ぎたので、1つチャレンジとして応募してみました。将来はコンポジターとして映画製作の経験を積み、ゆくゆくはディレクターになって映画製作の指揮を執ることを目指しています!

●作品解説
コンセプトは「竜が旅立った後の巣」です。 竜はもう戻ってこないですが、卵の殻たちは竜が帰ってくるのを待っているかのように見えます。そんな物悲しさを、彼方に飛んでいく竜の影と沈んでいく太陽で表現しました。

●使用ツール
CINEMA4D、Redshift、MARI

No.7『My best buddy』

坂田 冬士さん(大阪デザイナー専門学校)
背景モデラーを目指して日々勉強しています。 Twitter:@Sakata_Toji

●作品解説
長期間整備され、大切に使われている銃をイメージし、制作しています。 メインである銃の形状、質感にこだわりました。

●使用ツール
maya、substancepainter、toolbag3、photoshop、illustrator、aftereffects、v-ray

No.8『待ち合わせ』

坂井 悠斗さん
物語のある作品を作っていきたいです。

●作品解説
3Dと2Dのいいところをバランス良く見せられるように試行錯誤しながら制作しました。

●使用ツール
blender、SAI2、Marvelous Designer

No.9『ぬいぐるみのある子供部屋』

佐藤 康文さん(名古屋造形大学)
大学3年生です。今年から3DCGめました。背景モデラーを目指しています。今回の製作活動を通じて、プロップをメインに作品制作をやっていきたいと思いました。まだ未熟者ですが、これからもCG製作を頑張っていきます。

●作品解説
この作品はぬいぐるみを作りたいという動機で着手していきました。ぬいぐるみに合わせて子供部屋を作りました。ぬいぐるみの毛の質感や、プロップの一つ一つの質感に力を入れて、コンポジットで雰囲気を作りこむ所にも挑戦してみました。

●使用ツール
MAYA、Photoshop、Aftereffect、Illustrator

No.