MENU

『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』PVメイキング[後篇]モーショングラフィックスでマンガと3Dの垣根を越える

武井宏之氏によるシリーズ累計3,800万部突破の大人気マンガを原作とするTVアニメ『SHAMAN KING(シャーマンキング)』が2021年4月より放送中だ。このTVアニメを題材としたスマートフォン向けゲーム『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』のPVが8月に公開された。ゲーム用モデルとUnityによるリアルタイムレンダリングを活用したPVの制作過程を前後篇に分けて紐解いていく。

関連記事:『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』PVメイキング[前篇]ゲーム用モデルとUnityによるリアルタイムレンダリングの活用

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol.278(2021年10月号)掲載の「モーショングラフィックスでマンガと3Dの垣根を越える『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』PV」を再編集したものです。

記事の目次
    【SHAMAN KING ふんばりクロニクル(#ふんクロ)】公式PV

    2Dのマンガ・モーショングラフィックス・3Dが混在するキャラクター紹介パート

    PVの制作決定後、2021年3月からVコンテ作成が始まった。「StudioZさんとの打ち合わせでおおまかな方向性を確認した後、“各キャラクターの戦う理由が伝わるPV”というコンセプトを提案し、Vコンテをつくりました。制作が本格始動してからは、タスクやスケジュールの管理を担当してきました」と矢代 慧氏(制作進行)はふり返った。矢代氏のVコンテは福原裕矢氏(レイアウター)に引き継がれ、レイアウトや映像内のセリフが磨かれていった。「マンガの『SHAMAN KING』を読み込んでイメージを膨らませ、内容を精査しました。マンガを知らない方でも楽しめて、ファンはより深みを感じるPVを目指しました」(福原氏)。

    PVは、2Dのマンガ・3D・モーショングラフィックスが混在するキャラクター紹介パート、大判の2D美術と3Dによるバトルパート、フル3Dのエンディングパートの3つで構成されており、キャラクター紹介パートの制作の舵取りはflapper3 Inc.の江藤氏に委ねられた。「Vコンテの段階ですでに構成はできていたので、平面的なマンガのコマからキャラクターが飛び出してくるような立体的な演出と、文字もオブジェクトとして活用することでキャラクターの戦う理由を表現する演出を提案しました」(江藤氏)。さらに、2Dのマンガから3Dへの転換をスムーズに観せるための手段として、カートゥーンエフェクトとテクスチャで3Dに手描きのような加工を加える演出や、キャラクターの動作とカメラワークに合わせてブラシのストロークが回り込むように画面を彩る演出も提案された。

    「2Dのマンガ・3D・セリフの吹き出し・擬音(オノマトペ)・ブラシや集中線といったエフェクトなど、多くの要素が入り乱れるので、各要素の動きにメリハリを付ける必要がありました。Vコンテでは3Dで動いていたけれど、あえてStudioZさんに2Dのマンガを描き起こしていただき、止め画にしたショットもあります。快く承諾してくださったStudioZさんとGOONEYSさんには感謝しています」(江藤氏)。複数の人が意見を言うのではなく、flapper3 Inc.が自由に羽ばたけるように決定権を委ねた方が、良い映像に仕上がるだろうと判断したと斎藤氏は補足した。

    麻倉 葉と阿弥陀丸による真空仏陀斬りのショット

    Vコンテ
    完成映像。本ショットの葉はVコンテでは3Dで表現されていたが、その画を原図として、StudioZのアーティストが2Dマンガを描き起こし、梅宮竜之介、リゼルグ・ダイゼルなどのキャラクターも加筆された
    Vコンテ
    完成映像。本ショットの葉はVコンテでも3Dで表現されている一方で、当初予定していたマンガのコマは描かれず、画面をフルに使った演出に変更された。なお、本ショットの筆文字は書道家の三皷友華氏によるもの

    道 蓮がマンガのコマから飛び出してくるショット

    Vコンテ
    完成映像
    Vコンテ
    完成映像。蓮の「逝け」というセリフが描かれる場面も、3Dを原図として、2Dマンガが描き起こされた。単純なトレースではなく、『SHAMAN KING』らしさを追求するこだわりが目を引く
    蓮がマンガのコマから飛び出してくる場面の素材と【右下】完成映像。【右上】では、GOONEYSによる3Dの蓮にカートゥーンエフェクトとテクスチャを適用し、手描きのような質感を加えている
    ブラシのストロークエフェクトを制作中のCinema 4Dの作業画面。GOONEYSから提供されたABCのキャラクターとカメラをインポートし、回り込むようなエフェクトをつくっている
    3Dソフトでつくった素材と、2Dの素材AE3Dレイヤー上に配置し、アニメーションを付けている

    ホロホロがサンサンシャイン60からスノボで飛び降りるショット

    【上】3Dを原図として、【下】2Dマンガが描き起こされた
    アニメーションを付けやすいように、脚や髪はパーツ分けされた状態で描かれている。AE上でのアニメーション作成ではパペットツールを多用し、髪の揺れ、服のはためきなどはAutoSwayスクリプトを使用している
    ホロホロの顔がクロースアップになる場面は、3D素材にカートゥーンエフェクトを適用するだけでは馴染みがいまいちだった
    先の課題を解決するため、澤井氏が2Dマンガのルックに合わせたラインちがいの3種類の画をUnityで新たに作成し、クオリティの底上げを図った
    ブラシのエフェクトをCinema 4Dで作成し、AE上で各素材を重ね、全体を微調整している

    ホロホロと麻倉 葉が対峙するショット

    【上】の3D素材をAEに読み込み、【下】Video Gogh Proでベースの質感を変更
    カートゥーンエフェクトで境界線を追加
    紙や汚しのテクスチャで手描きのような質感を追加
    ブラシのエフェクトをCinema 4Dで作成
    三皷氏による筆文字素材をレイアウトし、ホロホロのカラーイメージなどを基に色と質感を追加。「三皷さんの筆文字は、和に寄りすぎず、ポップさと力強さもある書体で、PVはまると確信しました」(江藤氏)
    各素材と【右下】完成映像。ブラシのエフェクトによって、手描きのような質感と3Dの質感が馴染み、『SHAMAN KING』の世界観と『ふんクロ』の世界観の両方を印象付けている

    大判の2D美術と3Dによるバトルパート

    キャラクター紹介パートの後に続くバトルパートでは、大判の2D美術とUnityでレンダリングしたキャラクターをAE上でコンポジットしている。美術は、GOONEYSMayaでつくった原図を基に協力会社に発注しており、最近のアニメで多用されるつくり方が採用された。エンディングパートだけはフル3Dになっており、Unity上で背景を含むシーン全体を制作している。「マンガから飛び出してきたキャラクターが、アニメの世界を経て、フル3Dのゲームの中に入っていくというながれです。PVの構成自体も『ふんクロ』とシンクロさせることを意図しました。そこも含めて楽しんでいただければと願っています」(斎藤氏)。

    猪口浜外国人墓地での麻倉 葉とエリザ・ファウストのバトルショット

    遠景の美術
    中景の美術
    Unityでレンダリングした葉とエリザ
    近景の美術。美術だけでも3レイヤーに分かれているため、視差やボケを細かく調整できる
    最後にAE上で各素材を重ね、全体を微調整し、カラコレをして完成となる
    【上】Beauty素材、【中】キャラクターとプロップのパーツごとのマスク素材、【下】落ち影素材のマテリアルをアサインした3種類のアセットを、キャラクターごとにUnity上で作成。Mayaから読み込んだ地面のABCにも落ち影素材のマテリアルをアサインしている
    Unity Anime ToolboxVC上でSelection Group Color Renderノードを使い、各キャラクターとプロップのマスクも作成している

    麻倉 葉と道 蓮のバトルショット

    上田氏が担当した葉と蓮のバトルショットでは蓮の顔が特にクロースアップになるため、ショット単位の調整が施された。【右】MayaからABCを書き出す際に、澤井氏が顔と髪のポリゴン数を増やしている
    ポリゴン数を増やす前の3Dモデルで作成した画
    ポリゴン数を増やした3Dモデルで作成した画。アウトラインやシャドウがより綺麗に描画されている。ほかのショットも、各担当者の判断でアウトラインやライティングなどを細かく調整している
    完成映像

    フル3Dのエンディングパート

    エンディングパートは、松木紫葵氏(アニメーター)がレイアウトからアニメーションまでを一括で担当することになった。「いくつか条件が決まっていたものの、ほかは自分で決めてよく、作業も任せてもらえると斎藤に言われたので、カッコイイものをつくることを最優先に取り組みました。結果、6ショットに膨らんでしまい、自分で自分を苦しめることになりました(笑)」(松木氏)。

    今回のPVでは、高負荷の処理をしてでも、綺麗な画をつくることが優先された。例えば、コンポジットは1,920×1,080pixelで行なっているが、Unityからの書き出しは3,840×2,160pixelで行うことで、画がさらにシャープになる効果があったという。それでも、まったくストレスのない作業ができたと、上田穂高氏と岩坪里実氏(共にコンポジター)は口を揃えた。「13体のモデルを配置した終盤のショットでも、ライティングの調整結果をすぐに確認できました。これまでは1枚あたり数分~数時間かかっていたレンダリングも、再生とほぼ同じスピードで書き出されたので、チーム全員が感動していました」(岩坪氏)。

    キャラクター14体が集結するエンディングパート

    Mayaでアニメーションを付けたキャラクターのABCを書き出す
    あらかじめ全キャラクターのアセット(マテリアルやアウトラインを設定したABC)を入れておいたUnityのテンプレートシーンを開き、先のABCを上書き保存する
    Unity上でタイムラインを再生すると、ライティング結果がリアルタイムに確認できるため、従来のプリレンダーと比較すると飛躍的に作業スピードが速くなった
    VCの作業画面。通常キャラクター、幽霊キャラクター、プロップでマスク素材を分けており、Depth素材も書き出せるようにしている
    VC上でライトリンクも設定可能。ここでは通常キャラクターと幽霊キャラクターをグループ分けし、異なるライトを設定している
    Unity Recorderの画面。Render Textureの欄に、VCExport Render Textureの設定を入力すると、その素材が書き出される
    ショットによってはキャラクターの色味を細かくいじりたい場合もあるので、あらかじめRGBで色分けしたマスクアセットも用意している
    AEの作業画面。ゲームのPVらしくUnityの色味を活かすため、シンプルな構成にしている

    関連記事:SHAMAN KING ふんばりクロニクル』PVメイキング[前篇]ゲーム用モデルとUnityによるリアルタイムレンダリングの活用

    © 武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京 ©StudioZ, Inc.

    月刊『CGWORLD +digitalvideo』vol.278(2021年10月号)

    特集:『機界戦隊ゼンカイジャー』&『仮面ライダーセイバー』
    定価:1,540円(税込)
    判型:A4ワイド
    総ページ数:112
    発売日:2021年9月10日

    詳細・ご購入はこちらから

    TEXT_尾形美幸(CGWORLD

    INFORMATION

    スマートフォン向けゲーム『SHAMAN KING ふんばりクロニクル』

    価格:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

    配信開始:2021年12月

    shamanking-game.com

    スペシャルコンテンツ

    VIEW MORE

    新着求人

    VIEW MORE
    VIEW MORE

    関連サイト

    • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
    • CGWORLD SHOP
    • SCULPTOPSLABO
    • Born Digital,Inc.
    • 3dtotal.jp
    • 週間ランキング
    • 月間ランキング