>   >  森江康太ディレクター自身による、京都学園大学TVCM『アサギマダラの夢』(2015年度版)アニメーションブレイクダウン
森江康太ディレクター自身による、京都学園大学TVCM『アサギマダラの夢』(2015年度版)アニメーションブレイクダウン

森江康太ディレクター自身による、京都学園大学TVCM『アサギマダラの夢』(2015年度版)アニメーションブレイクダウン

今回は、以前取り上げたTVCMのシリーズ第2弾を例に、 実際の仕事で用いているアニメーション技術について紹介します。
※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 208(2015年12月号)からの転載記事になります。

【WEB限定】アサギマダラの夢 ~京都学園大学 2015年度テレビCMシリーズ~

アニメとCGの技術融合

昨年の今頃このCM作品の第1弾が発表され、誌面でも紹介させていただきました。今号が出るタイミングで、同作品の第2弾が発表されているはずですので、今年も実践編として技術解説を行いたいと思います。前回同様、CGの女の子のキャラクターを2Dアニメのテイストで仕上げた作品となっているため、今年の作品ではその表現をより強化するための技術を数多く導入しました。

一般的にアニメーションをCGで作る場合、カメラを自由に変えられたり、キャラクターを使い回せるなどという理由から、簡単にできるものだと思われがちです。そのような便利な側面も確かにあるのですが、実際に蓋を開けてみるとCGでも非常に泥くさく手間をかけていることが多々あります。今回の作品でも、本来ならCGで簡単に済ませられるところにあえて人の手を加え、少しでも2Dアニメに近づけるために様々な工夫をしました。

なぜわざわざそんなことをしたのかというと、2Dアニメは手で描く都合上、必然的に1枚の画に対してかなりの時間と労力をかけています。CGではツールとしての便利さに甘えてしまいがちですが、同じように人の手を加えて丹念に画をつくることで、きっと見ている人に訴えかける何かが生まれると信じているのです。まさに「神は細部に宿る」ということです。今回は、どのような部分にじっくりと手を加えてアニメーションを作ったのかを解説していきたいと思います。

リグの準備

フェイシャルリグ

▲キャラクターのフェイシャルリグです。前回と同様にアドバンスド・スケルトンというリグを使用していますが、今回からフェイシャルのリグを刷新し、顔の各パーツごとに微細に動かせるコントローラも追加しています。とくに口の形状や、頬、顎のラインに関してはアニメーターがかなり細かいところまで調整できるようにしました。実際にこのリグを用いてどのようなアニメーションを行なったかは後ほど詳しく解説します。

2Dアニメ的な表現のためのリグ

▲キャラクターの瞳孔の形状やハイライトが、カメラから見て最も綺麗になるよう手動で調整できるリグも新たに付け加えました。調整前のキャラクターは瞳孔が瞳の中央に配置されているため、平面的に見えてしまいます。また、ハイライトも瞳に埋まってしまい立体的ではありません。一方、調整後の画像では瞳孔とハイライトの位置を調整してあるので、瞳が立体的に見えているのがわかります。

キャラクターを動かす

女の子特有の走り方

先頭を走るピンクの服の女の子の走りについて解説します。

▲①後ろを見ながらカメラ方向に走っていく最初のポーズです。スカートに動きが出るようにしています/②このフレームで重心を一度大きく下げます。女の子の走り方を強調するときに一番わかりやすい体のパーツは、「肘」と「膝」です。次のポーズから具体的に見てみます。

▲③両膝がくっつきそうなくらい密着しているのがわかります。もしここで左の膝を外側に大きく開いていたら、一気に男っぽい走り方になってしまいます。④ここでも両膝が閉じていて、いわゆる「X脚」のような形状になっています。また肘も、脇を閉じているようなポーズにすることで、女性らしさを強調しています

▲⑤顔の振り向きが後ろから前に変遷する途中のポーズになるので、瞬きを入れています。このように、顔が大きく振れるときに瞬きを入れると非常に効果的です/⑥左手の指の形が、しっかりとしたグーのポーズではなく卵を握るような脱力した指の形にします。また、手首を下ではなく上方向に曲げることでも女性らしさがより際立ちます。

まばたきの動き

▲①瞬きは、各プロダクションによってノウハウが様々です。何枚の中割りを入れ、閉じ目を何枚見せるかは人それぞれですが、今回筆者が行なった瞬きは画像のような動きです/②このポーズは、①と③のちょうど中間というわけではなく、①を0、③を100とすると40くらいの印象です。こうすることで「パチッ!」とした印象の瞬きになります。

▲③閉じ目です。今回のアニメーションは15fpsで作成しているため、閉じ目を見せる枚数は、よほど演出的に特殊でない限り1枚だけにしています。④目が開き始めます。先ほどの①を0、③を100としたら、このポーズは30くらいの印象にしています。こうすることで、ヌルっとしたCG独特の気持ち悪さがなくなります。

▲⑤元の目を開けた状態に戻ります。瞬きのアニメーションを指せる場合、口の開閉と眉の上下、また可能であれば若干のスクワッシュを頭全体に入れてあげると効果的です/⑥ラストの顔です。目自体の上下を少しストレッチさせたことで本来の目よりかなり大きくなっていますが、女の子の感情を最大に引き出せるように目の演技にはこだわりました。

特集