>   >  映像教育の名門校がゲーム業界にも進出 ~カナダのデジタルコンテンツ産業最新レポート<1>~
映像教育の名門校がゲーム業界にも進出 ~カナダのデジタルコンテンツ産業最新レポート<1>~

映像教育の名門校がゲーム業界にも進出 ~カナダのデジタルコンテンツ産業最新レポート<1>~

カナダ投資局主催のメディアツアーが3月19日から23日まで開催され、筆者を含むデジタルコンテンツならびにICT(以下、ゲーム・CG・IT)関連のジャーナリスト10名が参加し、トロント・ケベックシティ・モントリオール・バンクーバーの主要企業を訪問した。本稿ではバンクーバー・フィルム・スクール/Vancouver Film School(以下、VFS)とシェリダン・カレッジ/Sheridan Collegeという、2つの教育機関のレポートをお届けする。そこで見えてきたのは、映像系の名門校におけるゲーム分野への進出という新しい潮流だった。

TEXT & PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>北米で高い評価を受けるVFSのゲーム人材教育〜VFS(Vancouver Film School)〜

繁華街の建物の中にVFSの校舎がある。学校と言われなければ素通りしてしまうほどで、校庭や体育館といった施設も存在しない。日本の専門学校のイメージに近い

カナダにとってアジアの玄関口であり、ノース・ハリウッドの異名ももつバンクーバー。ICT関連だけで市内に8,900社、約8万人のクリエイターが活躍中だ。地域企業の代名詞とも言えるのがスポーツゲームで有名なEAカナダカプコン(Capcom Vancouver)セガ(Relic Entertainment)マイクロソフト(The Coalition)なども傘下のスタジオを抱える。映像業界ではVFXスタジオのDouble Negativeが有名だ。1987年に開校したVFSは過去30年にわたって、これら地元企業をはじめ、全世界に優秀な人材を輩出してきた。

映画制作を学ぶ12名の学生と共に開校したVFS。その後、地域のICT産業と共に急成長し、現在は市内に8つの校舎を抱え、CG・映画制作・ゲーム・オーディオ・脚本・演劇など13の専門コースをもち、フルタイムの学生数が1,000人を越えるマンモス校に成長した(これ以外に短期コースで学ぶ学生が2,000人いる)。最大の特長は1年制のカリキュラムを採用し、2ヶ月ごとにコースがスタートすること。校舎は24時間開放されており、夏休みなどの長期休暇も存在しない。学生は授業漬けの毎日を送ることになる。

廊下には卒業生が携わった映画がクレジットと共に展示されている。いずれもハリウッドの大作映画ばかりだ

卒業生が映像制作のメインスタッフを務めた本三作は別各扱いで飾られていた

取材陣が訪問したのは「3D Animation + Visual Effects」、「Classical Animation」、「Animation Concept Arts」の3コースが学べる、市内中心部に位置する新設校舎だ。「3D Animation + Visual Effects」はその名の通り3DCGを中心としたコースで、学生数は300人。「Classical Animation」は伝統的な手描きアニメーターの養成コースで、学生数は75人。「Animation Concept Arts」はキャラクターデザインやコンセプトアートなど、映像制作の上流工程に特化して学ぶコースで、学生数は24人となる。

VFSの歴史(簡略版)

1987年 映画製作コース(学生数12名)で開校
1994年 Classical Animationコース開設
1995年 3D Animation + Visual Effectsコース開設
2004年 Game Designコース開設
2006年 Youtubeチャネル開設
2014年 Programming for Games, Web, and Mobileコース開設
2015年 Animation Concept Artsコース開設

3コースの部門長をつとめるバネッサ・ジェイコブス氏は「学生は半年間で基本的なツールの使い方を学び、自分の専門を見極めていきます。後半の半年間はデモリールやポートフォリオの制作が中心で、就職活動も並行して行います。学生は作品制作を行う上で、プロのアーティストから直接さまざまな指導を受けられます」と説明した。もっとも、1年間でこれだけのカリキュラムをこなすのはかなり大変で、学生からはしばしば「長期休暇がある分だけ、社会人の方がまし」だという声も聞かれるほどだという。

学生は大きく3種類に分けられる。高校卒業後、すぐに企業で働くための実践的なスキルを身につけたいグループ。大学を卒業したり、すでに異業種で働いたりした経験があり、そこからキャリアをチェンジしたいグループ。そしてバンクーバーや北米で働きたい留学生のグループだ。カナダ人以外の学生比率は47%で、学費はコースによって異なるが、年間3万〜5万カナダドル(300〜500万円)。日本に比べるとかなり割高で、カナダでも他校に比べて高めだ。そのため奨学金を活用する学生も少なくない。

日本の専門学校では多くの場合、入学志望の学生が専門スキルを持たないことを念頭にカリキュラムが組まれる。VFSでも同様に、入学時に特別な選考試験が存在せず、準備コースという位置づけのFoundation Visual Art + Designコースもある。しかし、多くの学生は(学費がかかることもあり)、それ以外のコースを履修する。そのためには、入学時から相応のスキルセットが必要だ(またはFoundationコースの卒業証明が必要)。卒業制作を重視するカリキュラムからも、その意味が理解できるだろう。

CGとアニメーションの3コースを統括するバネッサ・ジェイコブス氏

次ページ:
1−2.3D Animation + Visual Effectsコース〜VFS〜

特集