>   >  『こねこのチー ポンポンらー大冒険』で"1年間のフル3DCGのTVシリーズをつくりきる"ためにマーザ・アニメーションプラネットが取り組んだこと
『こねこのチー ポンポンらー大冒険』で

『こねこのチー ポンポンらー大冒険』で"1年間のフル3DCGのTVシリーズをつくりきる"ためにマーザ・アニメーションプラネットが取り組んだこと

長編映画の制作に長けたマーザ・アニメーションプラネット(以下、マーザ)が手がける、人気漫画を原作としたフル3DCGアニメーションによるTVシリーズ『こねこのチー ポンポンらー大冒険(以下、こねこのチー)』。世界展開も視野に入れたアート、世代を越えて届く演出、かわいいキャラクターアニメーションなど、魅力的な作品を制作する秘訣に迫る。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 225(2017年5月号)からの転載となります

TEXT_野澤 慧
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

  • 『こねこのチー ポンポンらー大冒険』
    原作:『チーズスイートホーム』(講談社『モーニング』刊)
    原作者:こなみかなた
    チーフ・プロデューサー:北本かおり/監督:草野公紀/副監督:沓名健一/キャラクターデザイン:鴻巣 智、皆川恵美里/アートディレクター:梅田年哉 アニメーション制作:マーザ・アニメーションプラネット
    テレビ東京系列6局ほかにて毎週日曜日あさ7:00~放送、テレビ信州 毎週水曜日25:59~放送(一部、放送時間の異なる場合があります)
    chissweethome.com
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    ©こなみかなた・講談社/こねこのチー製作委員会

<TOPIC 1>1年間のTVシリーズをつくりきる制作体制

長編映画からTVシリーズへ
世界展開も視野に入れた制作体制

絶賛放送中のTVアニメ『こねこのチー』は、マーザ制作のフル3DCGアニメーションだ。長編映画制作に特化したマーザにとって、意外にも初監督作品かつ初のTVシリーズとなる。


左から、内田治宏プロデューサー、草野公紀監督、沓名健一副監督、福井俊介演出補佐、中川雄介演出補佐

本作の話が出たのは2015年夏。原作漫画『チーズスイートホーム』は世界中で愛されている作品のため、海外を視野に入れた3DCG作品にしたいという版元・講談社の北本かおりチーフ・プロデューサーの意向を受け、内田治宏プロデューサーが手を挙げた。実制作開始は2016年3月で「1年間持続可能でローコストな漫画的表現を3DCG作品に採り入れるための試行錯誤を重ねました」と沓名健一副監督は語る。制作は1話(120~150ショット)あたり脚本1ヶ月→絵コンテ1ヶ月→ビデオコンテ1週間→アフレコ&レイアウト&アニメーション1ヶ月→ライティング&コンポジット3週間。絵コンテは手描き(紙と鉛筆)とPhotoshopを、ビデオコンテはAnimateを、3DCG作業はMayaを、コンポジットはNUKEを使用している。「これまで使用してきたツールを引き継ぎ、改造してTVシリーズに対応しました」とは中川雄介演出補佐。「プリプロの段階でカッティングもアフレコも行い、ベースをカッチリ決めることがポイントです」と福井俊介演出補佐も語る。さらに「プリプロのフローは作画のTVシリーズをベースに調整しました。絵コンテやビデオコンテは2D出身の沓名さんが、脚本と本編の制作は3DCG出身の私が重点的にみて、子どもたちにとってわかりやすく面白くすることに全リソースをつぎ込んでいます」と草野公紀監督は話す。


左から、山内拓人ライティング&コンポジットアーティスト、梅田年哉アートディレクター、小堀 剛テクニカルディレクター

マーザ社内のスタッフ構成は、キャラクター2名、BG&プロップ1名、リガー1名、アニメーター2名、ライティング&コンポジット1名を含む13名を中心に、ディベロップメント期間も含めると総勢70名程度が参加したという。社外チームも加わるため、社内外共通のパイプライン構築も必要となった。「社外チームでの作業環境構築の負担軽減のために、社内のものを簡略化して共通パイプラインとしました」と小堀 剛テクニカルディレクターは話す。


左から、千葉隆司チーフ・プロダクションマネージャー、森永健太プロダクションアシスタント

世界観



  • コンセプトアート



  • キービジュアル

梅田年哉アートディレクターが作成した、リビングのコンセプトアート【画像左】と、公園のキービジュアル【画像右】。「シンプルな造形でありながら高級感のあるデザインやライティングで、原作のもつ雰囲気を最大限表現することを意識しました」(梅田氏)。また配色は原作の欧風な色調を活かしてほしいという、北本氏の意向から、フランスのクレヨンや写真を参考にハイセンスなものが志向された。梅田氏と草野監督やCGチームで打ち合わせを重ね、3DCG化した際にも無理のない、明るく軽やかな気持ちの良い世界観に仕上げられている

室内のライティング


安定した画を量産できるシンプルなコンポジットツリー。暗部にも色が入っており、豊かな仕上がりの画となるように意識された


ライトの配置は実際の光源の位置に基づいている。本来昼間の室内の光源は太陽光だけだが、外光だけでは薄暗くなってしまう。ライトをステージへ仕込むことで柔らかな光を表現した。「温かみのある画づくりを目指して、ライティングは光の回り込みを意識し、コンポジットで暗部にも色を乗せています」と山内拓人ライティング&コンポジットアーティストは工夫を語る

Shotgunをはじめとするツール



  • アニメーションチェック用のムービー。ショット名やレンズのミリ数、フレーム情報なども表示されている



  • Shotgunに提出された各ショットの最新の素材から、日々機械的に編集される「オートエディット」ムービー。ひとつながりのエピソードの完成形としての最新状態を、いつでも確認できる大きなメリットがある


Shotgunのアニメーションチェックページ。監督から担当者へコメントを送ったり、過去のコメントの閲覧もでき、ペイントした画像やQuickTimeムービーを添付して指示することも可能。ショットごとにステイタス管理ができ、進捗状況やリテイクの優先順位の判断も容易だ。このページだけでこれだけの機能が使え、全スタッフとリアルタイムに共有できる。「Shotgun導入以前と比較すると管理の手間が大幅に削減できました。社内外のショットワークを一元的に管理するためにShotgunは欠かせません」と千葉隆司チーフ・プロダクションマネージャー

次ページ:
<TOPIC 2>シンプルながらも工夫して作成された3Dモデル

関連商品(CGWORLD SHOP)

特集